ギャラクシー街道 DVD スタンダード・エディション

2015年の結果 ギャラクシー街道

ギャラ街、テラスハウス、ちびまる子ちゃん、暗殺教室とフジテレビ映画がどれも不人気。『ギャラ街』と『進撃の巨人』は2015年の二大炎上作品。炎上していないのにテレ朝『王妃の館』が上位に。『リアル鬼ごっこ』は三年ぶりに三度目の映画化、ハリウッド版忠臣蔵は二年ぶりに二度目の映画化。

ルパン三世 Blu-rayコレクターズ・エディション

2014年の結果 ルパン三世

誰映画大賞は『ルパン三世』。剛力彩芽は『黒執事』で二年連続二位、『SBMドラえもん』が「ドラ泣き」の押し付けで嫌われた。K-POPが消えたと思ったらセカオワ。バラエティ番組、アイドルアニメ、ラノベといった新ジャンルが上位に登場した。

ハダカの美奈子 R-18 [DVD]

2013年の結果 ハダカの美奈子

『ハダカの美奈子』が例年の4倍以上という超大量得票で大賞に。『ガッチャマン』『R100』『タイガーマスク』といったネットで話題になった爆死映画が上位陣を締めた。

『新しい靴を買わなくちゃ』DVD[通常版]

2012年の結果 新しい靴を買わなくちゃ

バブル期のトレンディドラマ路線を狙って失敗した『新しい靴を買わなくちゃ』が大賞。他の注目作には『劇場版テンペスト3D』がある。『劇場版テンペスト3D』とは単なるテレビドラマの総集編を劇場公開しただけ。その結果は大失敗で公式サイトは速攻で消されてDVDも発売されていない

2012年の投票結果を全部読む

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~ Blu-ray通常版

2011年の結果 こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~

『こち亀』が圧倒的な得票数だった。上位陣にAKB48絡みがあるのもこの年の特徴。「はやぶさ便乗映画」が始まったのもこの年。はやぶさ映画は全部コケた。

2011年の投票結果を全部読む

矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~メモリアル・エディション [DVD]

2010年の結果 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~

日本人男性たちがアメリカの小学生を演じる矢島美容室が大賞となった。この年は3Dブームに便乗してクズ3D映画が量産された、例えば『ペ・ヨンジュン3D』とか。香取慎吾の『座頭市 THE LAST』は大赤字を叩き出した。

2010年の投票結果を全部読む

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]

2009年の結果 DRAGONBALL EVOLUTION

全日本人にガックリ感を味あわせたドラエボが大賞。2位は幸福の科学の映画。他の注目作に『笑う警官』がある。『笑う警官』では、角川春樹監督が「観客動員150万人を切ったら監督やめる!」と宣言したところ観客動員は桁違いの10万人だった。

2009年の投票結果を全部読む

銀幕版 スシ王子! ?ニューヨークへ行く? 並 [DVD]

2008年 銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~

低視聴率の惨敗ドラマだった『スシ王子』はテレビ版と映画版を同時に撮影していたため、映画版をストップさせることができずに事故発生。他の注目作には、チケットの暴落が発生した『まぼろしの邪馬台国』、最悪レベルの駄作『少林少女』があった。またゴリ押し映画『櫻の園』は日本映画史上最悪の大コケとなった。

2008年の投票結果を全部読む

恋 空 スタンダード・エディション [DVD]

2007年の結果 恋空

大コケどころか大ヒットした『恋空』だったが、トンデモな内容だったため大賞に。他の注目作には、お菓子を映画化した『おばちゃんチップス』、17億円という巨額の赤字を生み出した『蒼き狼 地果て海尽きるまで』、スウェーデンの人形映画を輸入して有名芸能人たちが吹き替えした『ストリングス ~愛と絆の旅路~』があった。

2007年の投票結果を全部読む

告知

投票は終了しました。結果発表は1月末予定です。

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。