7位 タイガーマスク

NO NAME さん

実写版あしたのジョーで設定を変える事に対して「兄が生きてたら激怒するぞ!」と憤ってた真樹先生が阻止どころか出演してるのが何とも...やっぱりお金ですよね。

ゲリラライブ会長 さん

ウエンツの名前見た時点で嫌な予感がしたがやはりこうなったか

のあ さん

ランドセル配った事件って、
もう3年位前なんじゃないのかな?
劇場にかかった途端消えたのが何を意味するのだろうか?

サニーサイド3号 さん

虎を模した面を被りゃ「タイガーマスク」を称していいってほど甘いもんじゃないと思うのですが…。
ゴールド・ブラック・ホワイトの3色ラインナップという設定も安っぽさを加速させているように思います。柳下毅一郎さんによる本作評の
「ブラックタイガー! ってエビか!」
というツッコミには笑わせていただきました。

縛りやトーマス さん

試合に勝って賞金を手にしたタイガーマスクらが
「パーッと遊びに行こうぜ!」
とゲーセンに行くところがもう、ね。どこがパーッと、だ!

vault1996 さん

その時、全国のプロレスラーに笑撃が走った!

猿合奏会 さん

かつてアニメ版「タイガーマスク」の信者だった私は、この映画の予告を見た時点で、制作サイドに対する憎悪と殺意で爆発寸前になった。
世間からまったく無視されたことに心から安堵している。

Pちゃん さん

映画化したの知らんかった。

8位 ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー

羽沢 さん

テレビにちらっと映るだけで彼の人間力に追い詰められます。映画なんて、とても無理です。

モッサス さん

「歌声が響き渡れば人の輪が出来る。すぐにみんなが笑顔になる。ナオト・インティライミとはそんなアーティストである」という宣伝文句だったけど、ナオト・インティライミの笑顔しか映ってなかったぞ。すっげぇやる気のなさそうな黒人の子供がいっぱいだったぞ。
劇場には、「インティライミ」=「太陽の祭り」には俺含めおよそ縁のなさそうな客ばっかりだった。いっそ「ナオト・インティライミの笑顔がいっぱい」とだけ宣伝しておけば、きちんとファンが見に来てくれたんじゃないの。

NO NAME さん

なんだこれは

lp さん

仮にもCDを100万枚売ってるakbのドキュメンタリー映画を作るのは理解できる。が、これはないだろぉ・・・。

ame さん

冒険記って(笑)。名前も含めて意味不明。

管理人コメント

確か輝く太陽って意味でした。

ぐうたら亭いねむり さん

これ、GⅡ馬のインティライミの映画じゃないんですか。

みたか さん

インティライミとは太陽の祭りという意味のケチュア語で・・・知らんがな、そんなこと。

NO NAME さん

たまに流れるこの映画の予告編を見ていると、本人に全く罪はないんだけど
身近にナオト・インティライミがいたら自分は何らかの精神病になって自殺しているんじゃないかと思う

NO NAME さん

マジかよ
本当は俺の頭が狂っちまってんじゃねえのか?

世界の果ての名曲喫茶 さん

今初めてこの映画の存在を知りましたけど、無意味に明るいタイトルですね。

foobar さん

最近のタレントとかミュージシャンにはとんと疎いのですが、ナオト・インティライミってトリンドル玲奈とかダレノガレ明美のような帰国子女なのかと思ったら実はユースケ・サンタマリアみたいなことだったんですね。映画と関係ない話ですんません。

きつね さん

たまたまネットで目撃した「ナオト・インランティラミス」という言葉のせいで、彼がテレビに出るたびに笑ってしまいます。

まゆまゆ さん

はい?

まろ さん

この映画があること今知ったけど、多分知ってても見に行かないし話題にも出さないしこの文章打ち終わったら忘れて二度と思い出さない自信があります。

NOTTISHUN さん

これこそ映画館で流す意味がわからない映画。ナオト・インティライミの「俺、いいことしてるっしょ? 人生、楽しまなきゃ」的なメッセージがウザい。

楽日 さん

ドキュメンタリー映画は被写体に力がないとつまらない。

ナオトが外国で歌いました→だからどうした。
ナオトが曲を作りました→だからどうした。
ナオトが外国で体調を崩しました→だからどうした。

「フラッシュバック・メモリーズ」「映画『立候補』」「ビル・カニンガム&ニューヨーク」とは雲泥の差。

マヌルねこ さん

この映画だけじゃないけど、相変わらず劇場で予告編もポスターもチラシも見ないのに、DVDスルーとかじゃなくて「いつかどこかで劇場公開」されているような映画が多いなあ。

ちひろ さん

名前聞くだけでうんざりです。

komaboo さん

みうらじゅん以外に客いるの?

NO NAME さん

映画に「ブログでやれ」とツッコむ日が来るなんて

のあ さん

誰かわからない人を観ても、面白くはない。
そもそもドキュメンタリーにする価値のある人なんか?

NO NAME さん

BSあたりでやる普通の旅番組でいいんじゃね? あと、公式サイトでヘタヘタな文字が書かれているのは、わざと?

サニーサイド3号 さん

ナオト・インティライミ氏については「芸人さんぽい見た目で、大事マンブラザーズみたいな歌を歌う人」というくらいの印象しかなかったので、劇場で予告編を観た時は「そんなに人気者なのか」と非常にびっくりしました。
秋ごろにWOWOWで彼のライブが放映されるにあたり、番組と番組との間に大量の番宣が打たれていたのですが、ナレーションの出だしが「いま人気絶頂のお祭り男、ナオト・インティライミ」って言うんですよね。聞き間違いかと思って思わずWOWOWのサイトを確認してしまいましたが、正確にはお祭り男じゃなく“おまっとぅり男”だというのを知ってしまい、調べた自分が憎らしくなりました。

NO NAME さん

冒険記と旅歌ダイアリー ってほぼ同じ意味じゃないんですか?

vault1996 さん

映画館でPVを流さないでよ!

ダーク・ディグラー さん

ナオト・インティライミって誰?どうして彼をドキュメントするのを観たいと思う客誰がいるの?

9位 47RONIN

NO NAME さん

別次元の『忠臣蔵』として鑑賞するのが正解かもしれません。

American さん

こういうのこそ上位に食い込んでいかなきゃいけないんだよ!洋画、がんばれよ!

見えている地雷感が思いっきり漂う予告編、トンデモジャパネスク、撮影・編集期間が長引きにより予算が莫大に膨れ上がる、
数度の公開延期・・・しかし、これは最近では珍しく「地雷だと分かっていても、劇場で観たい」
「キアヌのロマンを、劇場で共有したい」というワクワク感があります。

ああ、邦画ももっとこういうロマンがあれば・・・。

ロロ・トマシ さん

SAMURAIや、NINJAのノリをわかってやっているんだったら良いと思う。
わかってなくてやっているんだったら事故だと思う。
赤西仁が出ている時点で大事故だと思う。

NO NAME さん

紀里谷和明監督がハリウッドで忠臣蔵を映画化っていうニュースをちょっと前に見てたせいでこれがその映画なのかと思ってた

lp さん

公開前ですが、予告を観た段階で「これは絶対に観に行かないな」と思ったので。

NO NAME さん

いやでも日本人なら見たくなるでしょ
興味わくよね
怖いもの見たさ的な

みたか さん

これは忠臣蔵ではないと思う。年末公開にも意味はないと信じたい。

ヒロ筋肉痛 さん

興業的にコケることを許されない、または出来る限り儲けたい映画は、
日本で人が入る時期に合わせる為、海外より遅れて日本公開となることが多い。

そして、この作品は「公開したらコケるの確定だから」公開が伸び伸びになり、
日本が世界最速公開となったのである。
たぶん、「日本でも絶賛された!」とかそういう宣伝をしたいのだろうが・・・。

NO NAME さん

実は期待しているし見に行くつもりではあるんですが
CMで流れている舞子?が龍に変身するCGがいくらなんでもショボすぎる……
パシフィック・リムやアイアンマン3のCGが作れる時代でコレかよ!?

モッサス さん

大事故の臭いがぷんぷんする。
公開前なのに誰映に投票する作品はこれが初めて。

だいじろう さん

え、ネタ映画として期待してるのは僕だけか?

えめりひ さん

キアヌーは一体何をしたいのか誰も分かってないと思いますが多分キアヌー自身も何も分かってないんだと思う

NO NAME さん

アイエエエ!ロウニン!?ロウニンナンデ!?

ぐうたら亭いねむり さん

プレミアム予告編でキアヌが見せたにっこにこ笑顔だけで、おなかいっぱいでございます。キクリンの「ケシャーッ」という顔で胸焼けして、赤西仁の流し目弓矢でおなかを下しそうです。

人間怖い さん

予告のフォーティンセブンローニンのカタカナ表記がなんかむかついた。

ホの字 さん

忍者に肉弾戦しか求めない外人さんに忠臣蔵の面白さを理解さすのはムリなんだな、と宣伝映像みて暗澹たる気持ちに。俳諧の付け句でニオわす両国橋のシーンとか、羽織の前で別れの酒を交わすシーンとか、高田馬場にしろラストの討ち入りにしろ、浪士各々の胸熱エピソードが積み重なってこそなんすよ(そもそも忠臣蔵はジャンルからいうとアクションじゃなくサスペンスや人情ものだと思う)。世良公則が堀部安兵衛役やったドラマ版でいいから最低限10回はみてからにしてください。

告知

投票は締め切りました。結果発表までだいぶお待ちください。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。