4位 STAND BY ME ドラえもん

NO NAME さん

「ドラ泣き」が「どら焼き」とかけてることに気付いたとき、ものすごく腹が立った。

NO NAME さん

未だに『トイ・ストーリー』を意識しているという時点で、相容れないものがある。

NO NAME さん

既にアニメ化されていて、あれだけみんなに知られているepをいくつも(しかもかなり雑に)再利用するあたり、関係者はドラえもんについて真剣に考えたくなかったんだなというのがミエミエです。

NO NAME さん

本筋から外れるコメントだけど、
未だに大山ドラが良いとか、水田ドラがダメとか言ってる奴、
いい加減声優交代して10年経つという現実と向き合おうよ。
今の子供達にもドラえもんが読み継がれているだけ、
もうちょっと前向きに捉えようよ。

この映画も手放しで褒められるような作品ではないが、
晩年の大山ドラ劇場版と比べたらまだマシ

フルスガシ さん

トヨタとパナソに支配される二十二世紀という悪夢…文句のひとつも言おうものならあの電撃で仕置きされるわけか…ひい。

のあ さん

未だに、PANASONICとTOYOTAにはめられたんだと思っている・・・。

鹿吾朗 さん

て言うかドラえもんはたまに心暖まる話のあるドタバタコメディでしょ
これって要は水戸黄門でいえば由美かおるの入浴シーンだけ抜粋してセクシームービーですと言い張るような発想と大差ない気がする

NO NAME さん

映画への批評は好きに言ってもらっても構わんが、、、
これに乗じて今の水田ドラえもんを叩く人たちの醜さにもムカつく。もう声優代わって10年経つというのに

晩年の大山ドラえもんのヒドさを見てもなおそんなことを言うのかね?
あのままやってたら、5年ももたなかったと思うよ。

林田相丘 さん

…いやまあ、観客の程度に合わせた設計だと思えば怒るほどのものではないのですが…。

諸葛 均 さん

日本の3DCGアニメの初ヒット作。満足している人も結構いるし、文句言える筋合いじゃないんだけど、うーん。

5位 TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI

破壊屋ギッチョ さん

大文字の英単語が5つ並んでいるタイトルか…。

今年の夏フェスのトリがセカオワだったので「ライブを録画したら親戚の女の子たちに尊敬されるかも」と思ったが、セカオワまで待つこと自体が時間のムダだと感じたのでトリ見ずに帰った。

 さん

OWARIってローマ字にするととってもダサイよね

NO NAME さん

自分達の個人事務所の名前を映画のタイトルにするセンスはある意味ヤバい

DECOすけ野郎 さん

SEKAI NO OWARIにNO WARが入っているんだったら、何でWARを推進する側の、安倍政権の稲田大臣と囲んでいるんだよ
http://tr.twipple.jp/t/33/469826777389363201.html

イノシシ さん

バンドのファンが観に行くんでしょうが、
このバンドのファンがどんな人たちなのか
あんまり想像つかないので一票。

lp さん

昨年のナオトなんちゃらの冒険記のコメントにも書いたけど、仮にもCDを100万枚売り上げてるAKBでドキュメントを作るのは、未だ理解できるんですよ。でも、興行面での実績に乏しいアーティストでドキュメント映画を製作する精神は、本当に理解に苦しみます。

ぐうたら亭いねむり さん

ちゃんと英語にして
World's End なら観に行ったのに。

だいじろう さん

ポスターを見て思わず「誰が見るんだよ」とつぶやいた作品

NO NAME さん

AKBでもジャニーズでも声優オタでもそうですけど
こういう芸能人のファンタジーを本気で信じてる人らが相当数いるというのが良く分からない

NO NAME さん

NO OWARI だと「終わらない」になってしまい、どっちやねん、と困惑する。

NO NAME さん

まずファン層の狂信度の時点でBUMPに勝てない。

ダーク・ディグラー さん

ありのままの姿ならグルーピー食っちゃうシーンとか無いんですか?

NO NAME さん

本人たちは「ガンジー」や「シンドラーのリスト」といった、偉人伝的な感覚で撮られているんだろうが、フランス人の『日本人に限りなく似ているが、精神年齢が14歳で成長しなくなる人種』に対する観察記録映画で、どちらかというと「ネイチャー」に近い。

NO NAME さん

ポスターで「フランス人」監督が撮ったということがわざわざ強調されててげんなりした。

NO NAME さん

変なバンドの変な映画

はぬま さん

自分が若かったら好きになってたかもと、1ミリも思わせないバンド。

あんの さん

『フィンガー5の大冒険』(1974年 監督:石ノ森章太郎)のリメイクだと思えば名作である。SEKAI NO OWARI自体がアイドルとしてフィンガー5のリメイクだし映画として間違ってない。

め さん

ピエロことDJ LOVE氏の急病とやらは大丈夫だったんでしょうか
ちなみに紅白は全く見てませんでした

NO NAME さん

映画よりも、「セカオワ」って略称が地味に言いづらいことの方が気になります。

のあ さん

映画よりも、『セカオワ』が紅白に出た時点で、思っていたものと違うことに気づいた。

鹿吾朗 さん

スクエニさんの大作RPGの新作ですか?

ナカコ さん

フランス人監督による謎演出の小芝居とファンへの謎インタビュー(長い)と本人たちのナルシシズムと参加してないと分からんライブの裏側ががっぷり四つで組み合い、大変なことになっている。ファンでない者にはひたすら眠く、そしてファンも終いには眠くなったとのこと
小芝居とファンインタビューは切ってただのドキュメンタリーでよかったではないか。ラーメン屋の化学調味料のごとく何にでもファンタジーを入れすぎないこと!

管理人コメント

セカオワに興味無い監督を選んだらしいですが、本当に監督がセカオワに興味無かったですね。

6位 ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ

ダーク・ディグラー さん

こういうの普通は1作目で止めときゃいいのに…

たかまさ さん

こんな映画でも儲かっちゃうから、テラスハウスとかが映画化されちゃうんだよね…

やじろべえ さん

シリーズ一度も見たことないし見たくないけど、冒頭数分でキスして映画を終わらせ、理性は本能に大差で負けるということを強調すれば逆に傑作として歴史に名を残せたんじゃないですかね。

NO NAME さん

なにこれ映画?映画なの?

lp さん

続編が製作されるほど前作がヒットしたのでしょうか?少なくとも私の回りには、誰一人として前作(当然ながら今作もですが)を観に行った人はいなかったんですが・・・。

ぐうたら亭いねむり さん

イラッとさせるタイトルをこしらえる職人ってのが、日本には相当いるに違いないです。

Jむす さん

誰かがキスするのを我慢してるところを、特に面白くも無いのに我慢して観る。これを観た人は逆にこの映画に1800円払うことを我慢出来なかったのか。

アッシュ さん

前作時点で「予告編でさえ見るに耐えるレベルになかった」のに、なぜ続編?
そして本作の予告編がまた、輪をかけて見るに耐えない醜悪さで、「予告編をかけられた他の作品が哀れになる」レベル。
劇団ひとりはもっといい仕事が出来る人のはずなので、もっと自分を大切にしてほしい。

だいじろう さん

まさかの続編……いやそういうの募集してないっすよ。

イワン さん

こんなのにかつての主演俳優伊藤英明が出ます!

悲しい!

モッサス さん

もしかして『ジャッカス』とかと同じカテゴリに入ると思ってるんじゃないか、製作した人達

tomo さん

これの予告が映画館内で流れていたが、音量がデカすぎて不愉快極まりなかった。

NO NAME さん

内容知らないけどタイトルだけでイラっときた。しかも続編なのかよ

NO NAME さん

これ一本を見る値段で妄想彼女系AV何本か借りれば心身共に大満足

ろの さん

もはや不愉快

NO NAME さん

テレビ業界の金の力が、いかに映画業界に影響を及ぼしているかがよくわかる事例。

NO NAME さん

バラエティ番組はTVでやりましょうね

はぬま さん

これで2作目というのに驚愕を禁じ得ない。

告知

投票は締め切りました。結果発表までだいぶお待ちください。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。