1位 RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編

破壊屋ギッチョ さん

映画のオープニングで「誰も観ていないドラマの映画化」と説明があった。だから俺は
「架空のテレビドラマを映画化したのか!何て斬新な企画なんだ!」
と思った。爆死低視聴率の自虐ネタだったのね。

こてんぱん さん

地盤沈下という事件内容が偶然にも時事ネタになったのに全く話題にならない辺り、この映画のどうでもよさがうかがえる。

管理人コメント

これは俺も思いました!地盤沈下を題材にした映画の公開直前に、本当に福岡で大規模地盤沈下があったのに、まったく話題にならなかったですね。

うにこ さん

別にファンでも何でもないけど、向井理が可哀そうになった

ダーク・ディグラー さん

予告編で見る気が失せる

怪人バルバリ博士 さん

「堤幸彦シリーズ最高傑作」 いや、そんなシリーズあったの知らないんですけど。

映画太郎 さん

スシ王子の惨劇を忘れたか

NO NAME さん

投票ページをみてタイトルが無駄に長いことを知った。

やじろべえ さん

関係者に送られた手紙が寒い。

管理人コメント

あの手紙は怖かった…。

djclover さん

あんなクソふざけた宣伝かましておいて、
「これで大ヒット間違いなしだ!!」と考えられる思考が恐ろしいよ!!

ヒナタカ さん

堤幸彦、向井理、ドラマ版が爆死したのに作られた、タイトルに漢字もひらがなもアルファベットも数字も入っている。誰映のロイヤルストレートフラッシュですね。

もりもり さん

「マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺」を堤監督が知っているのか知らないのか、そこで勝ってもだからどうしたという気分に。

名もなきすあま さん

向井理に対して「キモい」という評がたつとは思わなかった。しかしこのタイトルプロレスとAVを足して割ったみたいである。

たかまさ さん

ギネスに登録されてる「マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺」の124文字を余裕で超えてしまったんだけど、日本の恥だからギネスの人はこの映画のことは無視してください。

どうせ「落語の寿限無みたいで面白くね?」的なノリで付けたんでしょ。

NO NAME さん

映画館のポスターを見ただけで、爆死と誰映上位入りを確信しました。

NO NAME さん

このタイトルを全部窓口で言えた人っているんですかね

また さん

タイトルを読む行為が、もう地獄。
よってタイトル読む時間より遥かに長い、そんな映画を観る行為は
緩やかな自殺に等しいのではないだろうか。

lp さん

受けを狙ったであろうタイトルが思いっきり滑ってて痛々しい。

NO NAME さん

「スシ王子」「こち亀(捕鯨のほう)」の悪夢再び

NO NAME さん

「企画段階で映画化も予定に入れとくのは危険」なんだけど、テレビ屋さん達は何故かみんな自分だけは大丈夫と思い込むフシがある。いい加減にしてほしい。

yama さん

「RANMARU 神の舌を持つ男」までがタイトルだと思っていたので、正式タイトルをここで初めて知って眩暈がした。面白いとでも思ってんのか。

NO NAME さん

予告も見たことないですが、ポスターの画面密集度が気持ち悪かったのは覚えています。

NO NAME さん

予告からしてつまらなそう

NO NAME さん

予告からしてつまらなそう

NO NAME さん

え?これドラマの映画版なの???

うなぎいぬ さん

タイトルがすでにすんげーつまらなさそう。身内だけで盛り上がっている寒々しい感じがした。

川崎ムーンライトボーイズ さん

制作者の頭脳が、中学生で成長をやめたとしか思えない酷いセンス。

このタイトルにアリアリと表れる薄ら寒いノリで何回も何回もくだらない内輪ウケの予告編を見せられた時点で、誰も観に行きやしないとわかるわかり易い映画なので、被害者は少ないであろう。

とおりすがり さん

ぶっちゃけ『RANMARU 神の舌を持つ男』というタイトルだったとしても滑ってる件

変微分 さん

スシ王子!の轍を何故今更また踏んだのか

窓の外 さん

そもそもテレビシリーズが「2時間サスペンスドラマ」のパロディがテーマで、この副題もその流れなんだから、2時間サスペンスドラマとして放映すりゃ万事丸く収まったのに。

人間怖い さん

今年度のひどいタイトル大賞枠

NO NAME さん

木村さんの結婚祝いの方が世間の関心を集めちゃった作品
ドンマイ

NO NAME さん

タイトルが長くてウザイという理由で高得票
「ヘイジャパ」を思い出すなあ

七資産 さん

本編と無関係のギャグが面白いんだそうですが
それに何の価値があるんでしょうか?

鹿吾郎 さん

破壊屋さん、このタイトル打ち込んでて頭痛くなりませんでしたか!?

NO NAME さん

木村文乃があああああああ・・・・・

マリオン さん

今年一番予告編が苦痛だった。自ら「スベッてますよ~」って開き直っていることが面白いとか思っているようだけど、つまらないことへの言い訳をしてるだけにしか見えないことに気づいてなさそうなあたりさすが堤幸彦。

とうとうドラマでもオワコンになったようなので嬉しい限りです。

NO NAME さん

タイトルが長いということだけ覚えていればいいというかそれすらも記憶容量の無駄なので忘れて良いです

おたふく手袋 さん

今年の銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜 枠はこれですか

スコット さん

はい、次の被害者は松坂さんね。わかった、わかった。

超お茶漬け さん

タイトルの「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!」を略しても「蘭丸は二度死ぬ」にならないんですが・・・。

NO NAME さん

b'zは「愛のままにわがままに〜」という曲は、曲名が長くても人気があるから大衆に受け入れられた。
堤さんはブランドがないのに、この題名の長さで気を引こうとしても大衆はついていけないと思う

291 さん

平均視聴率5.6%が低いかどうかはさておき、そんなドラマの映画化に「最高傑作」と銘打つあたり、TBSも堤幸彦にはウンザリしてるのかな~と思わざるをえなかった。

NO NAME さん

木村多江は『ぐるりのこと。』の貯金を使い果たす気なのでしょうか?
『金メダル男』にも出てるし。

NO NAME さん

そもそもTBSでやってたのかこれ

NO NAME さん

テレビ版は最近の堤監督の直ぐシリアス方向に持って行きたがる悪い癖が最小限に抑えられていて、バカコメディに徹したドラマとして個人的には割と面白かったと思うので、映画化がこういう形で成されたのは素直に残念でしたし、作品の性質的にもその予算をTVスペシャル等に回した方が良かったんじゃないかと…

エーガクラブ さん

予告がすごく滑ってて、どんな客を呼びたいのかマジでわからなかった。
これとか、東映の『少女』とか『バースデーカード』とか見ると、今年は、東宝以外の配給会社にホントにろくな弾がなかった。
松竹は『聲の形』があるだけましだったけども。

monmon さん

TV放映時には視聴率が最悪で全然話題にもならなかったのに、どうして映画化されたのか全くわからない。もしかして最初から映画化が決まっていたのか?と思ったが、「数回オンエアした後に映画化の話が出てきた」と堤幸彦監督がコメントしていたのでビックリ。誰か止めろよ!

NO NAME さん

どういう人たちがどういうつもりでこのような映画を作るのでしょう

NO NAME さん

向井理といえど、舌を出すという行為はやっぱり下品。いっそ逆に振り切って、イジリー岡田主演だったら観に行って……なかっただろうな。

NO NAME さん

あえて「クソ映画」として話題になる様、監督が仕込んでいるのではないかと考えるのは、うがち過ぎだろうか。

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。