3位 HiGH&LOW THE MOVIE

NO NAME さん

おそらく韓流アイドルとかをねじ込んでいることによって海外展開を狙っているようですが、失敗すると思います。あとこれと別のエグザイル映画が変なインド映画祭で賞とったと聞いて買収したのではないかと疑ってます

管理人コメント

「directors' fortnight kolkata golden durga」で検索しても日本のEXILE系の宣伝ニュースしか出てこない…。

NO NAME さん

もしかしたらハイテンションで楽しいのかもしれないけれど、エグザエルのこれまでを考えると、どーでもいい感動を狙ってきそうで、絶対寒いだろと思ってしまう…

djclover さん

所詮「ウォーボーイズ」同士が派手に殴り合ったところで、
俺の愛するもの(例・マッドマックス・ハンコックetc)を奪われ、
極限まで凍てついた俺の心は簡単には揺り動かせねえよ

kazuoba さん

不良・チンピラ風の人たちが、楽しげに歌い踊ってみせるというキャップ的なものこそが、EXILE系が幅広く受けている部分だと思う。
見たまんまじゃーん、ではそうはいかないかと。

まあ、映画としての出来さえよければそんなこと気づきもしないはずなんだけどね。

KAZ さん

ド田舎のうちのシネコンにまでドサ回り、いやいや挨拶にまで
来てくれてEXILEって大変なんだなぁと思いました。
サイン入りのポスターが貼り出されましたが誰も気に求めて
いなかったのが印象深かったです。

ゲリラライブ会長 さん

ローソンでの猛プッシュがすごかった

亜姫篤 さん

「ウラァ!」「オラァ!」「ブッ殺す!」を一生分ぐらい聞いた。

TARA さん

EXILE一族が苦手な人も楽しめる
なかなか男臭い映画
ただ、殴り合うだけじゃなく
奥に隠された友情や絆は最高です

たかまさ さん

ヤンキーのヤンキーによるヤンキーのための映画。

NO NAME さん

ついでだしエグザイルのメンバー同士で戦う
対戦格闘ゲームを作ればいいのに

殴って蹴って投げて謎の光る何かを飛ばして
最後には勝った方が敗者の脊髄を引っこ抜いて
勝ち誇る系のヤツ

川本毒取 さん

こんなのが面白いとか何とかのたまう人間には、一度も会った試しがありません。

NO NAME さん

エグザイル物件

七資産 さん

これはどれでしょうか?

4K さん

わかってたけどチンピラ映画って需要あるんだなーやっぱ

リーネ さん

来場者特典商法なんてかわいいもんです、舞台挨拶商法に比べれば

NO NAME さん

金かけてるものほど質が悪い邦画の典型例

ねぎとろ さん

EXILEのプロモーションムービーでCDのおまけでいいんじゃないだろか。世の中の役に立ちそうな登場人物が全くいない映画。

Moljiana さん

従姉妹3人が挙って観に行き、一方で『君の名は。』や『この世界の片隅に』をdisっていたのに腹が立ったので投票。

4位 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE

こてんぱん さん

4Kでの撮影を売りにしながら収録当日は台風接近によりろくに風景を撮れず。
それでも公開に踏み切った度胸は買いたい。

came さん

テレ東は『ゴットタン』とか、子供番組の『ピラメキーノ』内の企画の映画化の『ピラメキ子役恋ものがたり ~子役に憧れるすべての親子のために~』とか
今までもちんぷんかんぷんな映画化があったけど

まさか土曜スペシャルまで映画化する時代がこようとは…

個人的には"誰映大賞"のチャンピオンなんですが、ネームバリューがちょっと弱いか

ダーク・ディグラー さん

映画にする意味あんのかい!?

やじろべえ さん

次は正直さんぽか徳光のやつですかね。

NO NAME さん

この映画の予告で恵比寿さんがコケて膝を痛める!みたいなシーンがあるんですけど、もしかしてその程度の事がこの映画で1番ハラハラするポイントなんだろうか…?

また さん

いつものローカル路線の旅がただ単にスクリーンでかかっただけ!
これに1800円払うのは納得いかなかった!
でも特にファンじゃないのに観に行った俺が悪いという結論!

NO NAME さん

もしこれをテレビでやってたら、確実に見る。でも映画館に観に行く気は1mmも起きなかった。まさに誰が観に行くんだ!状態。
売上の一部をロケ地台湾で起きた地震の義援金にあてていたけど、それならこの映画を観ずに直接1000円寄付した方が良いと思う。

鰯の肝 さん

「まさかの映画化!」と言うキャッチコピーはもはや陳腐です。

NO NAME さん

日本でやれ!作品のひとつ。
予告版見てポカーンだったのはかなりの客いたぞー

とおりすがり さん

うちの近所のレンタルショップでこれが5本も置いてあったことに驚き
珍遊記とテラフォーマーズに至っては10本も置いてた
何かおかしい

マリオン さん

なぜわざわざお金を払ってまで映画館でおじさんのバス旅行を見なくちゃならんのだ…!

人間怖い さん

お決まりのセリフ「TVでやれ!」の言葉に送ろう。

NO NAME さん

テレ東はテレビドラマを映画にすることはないが、キス選手権にしろ、どうして番組の企画を映画にするんだろう

七資産 さん

映画で見る暇があるんなら
実際に路線バス乗り継ぎ旅したほうがずっといい

鹿吾郎 さん

今年のラインナップざっと眺めて、シンプルに「誰が観に行くんだこれ!?」と思った作品はこれです

NO NAME さん

週末の穴埋め番組だと思っていたらまさか映画になるとは。

スコット さん

今年の「ふざけんなテレ東」枠。これ楽しみにシニアが?何の冗談だよ。

291 さん

テレ東は、映画の事を「ハイビジョンテレビのもっとでっかくなったヤツ」くらいに認識してるんだと思います。

NO NAME さん

蛭子さんて普通に見てて不愉快なだけだと思うんだけどなぁ……

NO NAME さん

結果的に2016年は蛭子能収主演作が二本も公開されたことに…

NO NAME さん

こんなの映画にしなくてもいいだろうという最たるもの

NO NAME さん

「THE MOVIE」と付ければ何だって(以下略)

NO NAME さん

テレビと映画のギャップをクロスオーバーさせて、
既存の映画化や劇場公開といったレガシーな構造設計をパラダイムシフトし
ネクストステージにグローアップさせるまさにマイルストーン的な作品。

yama さん

蛭子能収主演映画が今年2本も公開されたという事実が心底恐ろしい…。

ミハイル暁 さん

何でも「THE MOVIE」をつければ映画になると思ったら大間違いだ。
こんなのはテレビの特番でやって下さい。

お好み演芸会 さん

逆に見たい気も。

映画通 さん

蛭子さんを大画面で見たいか?

サクラバ さん

テレビ番組は本当に楽しめた。実際、視聴率も高くて、単発の予定がこんな長きに渡って制作された。視聴率が爆死なのに作られてしまった謎映画が多いなか、この点はおかしくない。テレビ番組が好評だから、映画化。良いじゃないか。ただし、この映画はダメだ。

NO NAME さん

テレビ局は、テレビ局映画専用のシアターを作って欲しい
僕は当然行かないが

NO NAME さん

蛭子さんと太川陽介が遂に殴り合いの大ゲンカ!っていうアオリ文句だったら観に行ってしまったかもしれない。

foobar さん

「世界の車窓から THE MOVIE」なんてのも作れるんじゃないか。「くいしん坊!万才 THE MOVIE」とか。

ホルマン さん

邦画は看板だけは興味や期待を抱かせ続けてくれますが、ふたを開けるとハイ1800円のお葬式!な映画が多いと思います。
レビューサイトでも、好きだから苦は無いけど勧めはしない、いつもマップルに時刻表で追体験してみているが劇場じゃそれが全部できないので楽しめなかった、課題クリアが順調で絶望的状況から奇跡的なゴール前例の多い作品だから悪戦苦闘という見所が死んでいた、などなど誰映網に引っかかりまくりで投げました。
因みに、関東の人と会話できた時、ロカバスは近畿でも模型が売っているし大人気ですよ、と言うや「やってんのかよ!」と驚かれました。

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。