Description

自治体側にとっては地域活性になるし、映画製作側にとっては製作費が浮くのでWin-Winの関係となるはずである。しかし駄作が多いのも事実である。


本来は首都圏以外の映画を「ご当地映画」と呼ぶが、破壊屋では地方自治体が関わっている映画全てを「ご当地映画」と呼ぶ。

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。