Description

前売り券にランダム特典を付けるなどして、何枚もチケットを買わせたりする映画。または意味不明の特別料金の映画。


映画とは何か?それはパーティーチケット的な集金システムである。という間違っている答えが近年まかりとおっている。観客動員数を増やすよりも、一人の人間に複数のチケットを売ったほうが手っ取り早いのだ。


一番あくどいのはもちろんAKB48で、前売り券にメンバーの生写真がランダムでつく。メンバーは40人以上いる上に生写真も数種類あるので、大量買いしないと好きなメンバーの写真が手に入らない。



2014年で印象に残ったボッタクリ



  • 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は7回劇場公開されたが、それぞれの作品のブルーレイを劇場限定(半券引き換え)で売りだした。値段はなんと7000円。



2013年で印象に残ったボッタクリ



  • 『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』が、セブンイレブン限定で大島優子のメッセージ付き前売り券を2100円で売っていた。通常の前売り券よりも600円も高い!しかもメッセージは2タイプのランダム。

  • 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』の週替わりの来場者特典。劇場には特典目当てのまどマギファンたちが並び、彼らは映画を観ずに帰ることもある。

  • 『映画 謎解きはディナーのあとで』が、サプライズ舞台挨拶キャンペーンを実施した。つまり舞台挨拶で嵐の櫻井くんが来るかもしれいし、来ないかもしれないのだ。ファンとしてはとりあえず全国の映画館の座席を予約せざるを得ない。

  • 『NMB48 げいにん! THE MOVIE お笑い青春ガールズ!』がランダム12種類の生写真付き前売り券を発売。


2011年で印象に残ったボッタクリ



  • 『けいおん!』の前売り券商法&リピーター商法は映画史に名を残すレベル。

  • 『けいおん!』のトースター付き前売り券6550円は、作ったトースターメーカーも泣いて喜んだろう。今どき食パン専用のトースターなんて誰も買わん。



告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。