299位 《ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015》 1票

みなさんのコメント

ホルマン さん

メンツがメンツだけに、応援したいけど報われない様にしか思えません。
公式HPには、「◆脚本指導講師・富山 省吾氏(プロデューサー)
・柏原 寛司氏(脚本家・監督)・三村 渉氏(脚本家)」とあり、怪獣映画に対して夢も希望もなかった頃を彷彿とさせられます(優秀な人達でしょうけど)。
「ゴジラ2016(仮)」の成功と同じ、卒業生の成功例を突き付けられないと興味が湧きません。

富山省吾さんは見てて楽しいんですが。東宝ゴジラ公式HPの「俺とゴジラ」を読んで相変わらず驚かされました。
99年から04年までのゴジラ製作で、社長総出でスタジオ近隣に折り詰めのお菓子持って「今日の20:00頃に横浜港の冷凍倉庫を爆破しますが…」と頭下げて回ったり、道路の封鎖を知らない運送業者に社長総出で謝って回り汗だくで迂回路誘導したり、トークイベントを繰り返し生の声を拾って回ったり。
「VSシリーズ」では技術の限界で、毎年ゴジラを作る体制の維持が破綻しつつあり、毎年撮影しながら諦めるシーン会議していたとか。他にも公の場では眠そうな声をしていて、疲労困憊ながらも「(シンゴジの)アドバイスくれって台本が届いて、一読して文句たくさん入れて今は何も知らないふりをしている」というほど良いあやふやさは好きなんですが。
「とやましょうご」が「とみやましょうご」とアナウンスされ、ああいよいよ昔の人になるんだなぁと胸中複雑です。

236位 『マシュー・ボーン「ザ・カーマン」』 | 464位 『鬼はさまよう』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。