6位 天使にアイム・ファイン 229票

幸福の科学

幸福の科学が製作した映画。幸福実現党から出馬して落選した候補者の元に天使がやって来る物語で、俺は映画館でその天使役の少女のDVDを買った。

みなさんのコメント

こてんぱん さん

落選した金子昇が幸福実現党の支持者に罵られる光景を見るための映画

やじろべえ さん

金子昇がこんな映画に出ていることに軽くショックを覚えました。

NO NAME さん

東京テアトルが配給協力に入ったせいで、馴染みの某ミニシアターでこの予告を散々見せつけられたのが苦痛だった。通うのをやめようとさえ思った。

ジェイソン さん

予告がクソ過ぎる

フラーンク さん

幸福の科学の映画は冷やかし半分でけっこう観るしそれなりに楽しいのだが、さすがにこの映画には全く食指が動かなかった。

NO NAME さん

心なしか主役の天使の目がずっと死んでるように見える

4K さん

率直に言って意味不明

NO NAME さん

映画を作るお金は信者からとり、映画は信者だけが見に行くという、そのうち信者の金なくなるんじゃね?

破壊屋ギッチョ さん

大川隆法親子が芸能事務所のニュースター・プロダクションを設立、その事務所の映画第一弾。今年はSMAP解散、能年玲奈の粛清、レコード大賞の賄賂など芸能事務所の極悪行為が目立ったので、正直ニュースター・プロダクションは健全に見える。

NO NAME さん

次回作は年末突如シンガーソングライターデビューを果たした大川宏洋社長に楽曲提供いただきたく存じます。

NO NAME さん

先日、遂に大川隆法の元に星野源の守護霊が降臨したらしいですね

ヒナタカ さん

「いじめの章」の話が杜撰すぎて真面目にムカついた。「いじめから子供を守ろうネットワーク」の代表にアドバイスをもらっていてこれかよ!

お好み演芸会 さん

選挙のたびに誰一人通らない候補者をたてたり、毎年、興行収入を見込めない映画を公開したり、宗教家として苦しい修行に耐える大川先生はステキです。

映画通 さん

管理人さんの紹介文エピソードの方が面白い。

NO NAME さん

今年も破壊屋さんのために映画公開してくれましたね!

変微分 さん

信者よりも、破壊屋さんの方が集客力があるのでは・・・

NO NAME さん

これやっても余計に疎まれることを知ろうよ、悟りを開こうよ

NO NAME さん

仮に幸福実現党からの候補者が当選したらどんな映画作るのか気になる
まあ無いでしょうが

NO NAME さん

最近アスカが薬でラリってるというか狂ってる報道を見るが、この映画をこっそりと放映している邦画界の方がラリってる気がする

NO NAME さん

もはや誰映画のマスコットキャラクター

NO NAME さん

テレンスリーと一緒にこれを作ろうとしたやつも逮捕されればよかったのに

DECOすけ野郎 さん

「ファイナル・ジャッジメント」以来の実写映画。

ガオレッドとゴーカイグリーンが出演(主演は「ウルトラマンギンガ」の人)。誰が観に行くかはっきりしているが、多分製作者の趣味がかなりはいっていると思う。

マリオン さん

悟りにチャレンジ、天使にアイム・ファイン

…ちょっと言ってみただけです。

ダーク・ディグラー さん

幸福の科学がマトモに見える芸能界って凄いな~(遠い目

NO NAME さん

全く関係ないが、見ている時にずっと脳内で麻原彰晃の歌が繰り返されそう

NO NAME さん

この企画に幸福の科学関連の映画があるとなぜか安心します

NO NAME さん

こういうカルト宗教団体の映画を作り続けるスタッフ達の頭がいつまでファイン(正常)のままでいられるのか、私はそっちの方が気になります。

lp さん

「誰が観に行くか?」って、信者と冷やかし以外にいる訳ないじゃん!

七資産 さん

最近この団体の映画は失速気味なのですが
いよいよ持って支持者が離れてきたのでしょうか?

そうなったら本当に「この映画は(略」になってしまいますよ!

ホルマン さん

てっきり「天使にラブソングを」が何かの間違いで墓穴から這い出してきたのかと思いましたが、幸福の科学さんって極右政党の癖に近隣国の文化や容姿や、近隣国の労働力に頼らざるをえない手段で無茶を言うのが不思議です。本当は平和主義者なんじゃ無いの?そいか日本人が侵略先の劣等民族の文化をホイホイ取り入れる新しもん好き思想?

たかまさ さん

毎年、誰映で幸福の科学が映画を作っていたことを知るのは、多分私だけじゃないでしょう。

TAC さん

 この映画の公開時期に、JRの駅頭で大川氏の書籍を無料配布している信者のみなさんに出くわしました。しかし、その配り方というのが、この手の街頭行動でありがちの「昇り旗」も一切出さず、当然、団体名も告げず(しかし、着ていたジャンパーは「彼らの色」だったので、私は一目見て分かったが)、そのを書店のカバー用の包装紙で厳重に包み、かつ、それを「コンビニ袋」に入れて(=その場で、中身が分からない)、おまけに「ベストセラーの小説です」と言いながら渡していた、という。
 そのことを知り合いに「自分らが正しいと思っているのなら、堂々と団体名を名乗って渡せばいいのに」と話したら、「だから、その本は小説、フィクションなんだろ。正直に言っているじゃないか」と。なるほど。

NO NAME さん

大晦日これで笑ってはいけない特番作れそう

ズッキー さん

幸福実現党が、衆参で議席を取る日はくるのでしょうか?

NO NAME さん

次回作は「君のまなざし」という青春作品だそうで、なんか某大ヒット作品のパクリ臭が既にするのですが、総裁の息子が出るそうなので大注目です

NO NAME さん

修道院の聖歌隊を歌手が鍛える話ですか?

TAKAKO★マッドネス さん

天使「いや急に何言うねん」

yama さん

こんな心無い天使が近くにいたら全力でブン殴りたくなるわ。

Moljiana さん

宗教団体が製作ってだけでも気色悪いのに、真面目な感じで社会問題を取り上げようとする姿も不快。
あんたらが消えてくれれば、この世の社会問題が1つ減るのにさ。

5位 『真田十勇士』 | 7位 『劇場版 艦これ』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。