48位 仮面ライダー1号 52票

みなさんのコメント

ダーク・ディグラー さん

藤岡弘、のアイドル映画としか形容出来ませんね

ぱたた さん

マッチョになった1号は今の藤岡さんの体型に配慮したのだろうか?

怪人バルバリ博士 さん

新しい1号のデザインを見て、観に行く気を無くしました。あれじゃ力の1号だよ。

NO NAME さん

藤岡弘、とJKがゲーセンでデートするシーンが印象的
逆に言うとそこしか覚えてない

ジェイソン さん

仮面ライダー大好きな無邪気なうちの子供が
「1号(過去作)」と「太っちょ1号(今作)」
と言い分けててとても切なくなった。

KU-PA- さん

本郷猛ではなく藤岡弘、が説教をする映画。

鰯の肝 さん

誰も「監督:金田治」、「脚本:井上敏樹」の時点で、嫌な予感がしなかったのでしょうか?私にはゲロ以下の臭いがぷんぷんしていたのですが。

goetaro さん

「生命の授業」は2016年邦画を代表するシーンだと思うのでみんな見てください。

NO NAME さん

こんなの映画に金を落とすんだったら同じ時期に公開されたウルトラマンの映画に金を落としてください

ジュネス中延店 さん

藤岡弘、の「、」には『我未だ完成せず』の意味が込められている……というのはテレビでも紹介された有名な話ですが、こんな映画作ってるようではそりゃいつまでたっても完成せんわなー、と思った。

七資産 さん

今まで以上に藤岡弘、が本郷猛という名前で出演しているという印象を抱いた作品

死にかけの地獄大使をほっぽって
去っていく本郷猛がなかなかゲスく見えてしまった

縛りやトーマス さん

おやっさんの孫娘が帰国した本郷をいきなり平手打ちしてたが、藤岡さんもう70だから老人虐待になりかねない

NO NAME さん

パワーアップした1号ライダーとネオサイクロンはかっこよかったのに
出来はいつもの仮面ライダー映画……
流石にジジィと高校生の恋愛とかキモいよ

ホルマン さん

仮面ライダーに自前の衣装で挑み、着ぐるみ着込んで戦い事故って後遺症の危険を乗り越えるも仮面ライダーという着ぐるみに束縛され四苦八苦。「ごっつええ感じ」で快演しせがた三四郎の給料一部未払いを復帰税のごとく笑って誤魔化す藤岡弘、が仮面ライダーを逆に飲み込んで我が物にしたかの様なデザインのライダー1号。
復讐編でしょうか?

諸葛 均 さん

映画を見ている観客が主演に気を遣う、非常に気まずい感じ。

NO NAME さん

更なる改造で「黒力士」となった1号。あんまりだ。

お好み演芸会 さん

「テラフォーマーズ」は昆虫等の能力を組み込まれた人間が次々と、進化したゴキブリに向かっていく話。
「仮面ライダー」は昆虫等の能力を組み込まれた人間が次々と、バッタの能力を組み込まれた人間に向かっていく話。

ありゃ馬こりゃ馬 さん

変身する前の本郷を見て「ライダーにならなくても強いのでは?」と予告で感じた。
それだけ藤岡弘さんの体格がいい。

バスクリンダー さん

「途中までしかない格闘アクション」と言い、
「JKお散歩を楽しむ本郷猛」と言い、
観る者の判断に丸投げする製作者側のだらしない態度は一体なんなんだ。

NO NAME さん

エンディングテーマが野口五郎とSKE48って凄い組み合わせだと思うんだけど、以前の吉川晃司&大黒摩季の時以上に話題にならなかった&宣伝もしていなかったのは何故だ?

NO NAME さん

違ぇ!

パルシオン さん

そもそも藤岡弘、って我こそはtheサムライ日本代表って顔しすぎて一周回って逆にうざく感じるようになってきた
それならばハヤタ隊員もモロボシダンももっとデカイ顔しててもいいと思うけど

ひよこ さん

息子と見に行って途中寝ちゃったけど
命が尽き即、火葬された藤岡弘、が炎の中蘇った事にド肝抜かれ目が覚めた
やはり藤岡弘、は不死身

NO NAME さん

藤岡さんがどんどんネタキャラに、…………

NO NAME さん

純粋に1号だけが観たかった。

TAKAKO★マッドネス さん

何て言えば良いんだろう、若手時代ジュニアヘビー級でシュッとしてたレスラーがベテランになってヘビー級になってるこの感じ。

フルスガシ さん

「若者は我欲を押さえ公のために働くべき(意訳)」ですか。さすがNHKの大河出演で揉めて撮影を放り出して二週間失踪したお方が言うと重みが違いますなー。

林田相丘 さん

新1号とゲルショッカーの…明日はどっちだ?

47位 『映画「聲の形」』 | 50位 『あいつだ』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。