26位 シン・ゴジラ 127票

みなさんのコメント

NO NAME さん

おそらく自分がやりたかったであろうことをこれ以上ない完璧な形で庵野に実現されてしまった押井守の明日はどっちだ!

人間怖い さん

単純に最初の予告編で作品がつまんなく見えた。

NO NAME さん

同じ主演で怪獣映画をとった(興行的に失敗)園子温監督がこの映画をTwitterでdisてるのをみると笑えてくる

スコット さん

大ヒットおめでとう。次にやるべきことはわかってるね? 声優ではありませんよ?

NO NAME さん

それなりに良くできた映画だと思うんだけど
内に内にと小さい世界に籠る感じがちょっと気持ち悪かった
日本人はそれなりにリアルな描写をするのに
アメリカ人は異常にフィクショナルで画一的な描写にされたりとか

なぎ さん

ゴジラに政治的リアリティを持たせると、一気に白けると証明してくれました。

NO NAME さん

全体の構成は非常に良く出来ていたしゴジラが出ている場面もすべて面白かった

が、人間の芝居はまったく一切金輪際隅から隅まで最悪に酷い

天邪鬼でもなんでもなく、ゴジラのシーンはすべて良かったと認めながら
それでも今年映画館で一番苦痛を感じる時間の長い映画だった

NO NAME さん

内容的には良かったが、これを超える続編が作るのは不可能に近いため国産コジラというコンテンツを終演させたかもしれない映画。

ホルマン さん

…もう誰映画中の誰映画に思っていました。
首脳陣営にこそ当たり外れ大きい分当たった時が楽しみだけど、本来は次世代工場整備までの間繋ぎと、既存スタッフへ引導を渡すべくして作られた捨て駒で、首脳陣営は人寄せパンダじゃないか?という非常に怪しい噂を本気にしていました。
ですが蒲田駅前の大規模撮影でスタッフも参加者も、なんてかっこいいい奴らなんだ!なんでいつもいつもあいつらかっこいいいんだ!と嫉妬の炎でメルトダウンしかかったので、とうとう支援出演者としてやりたい事を吟味して首都侵攻。「明日6時に新宿来れるか?」とか手配師さんのメールに肝を冷やした物です。
まさか生きて会う事は無いと思っていたチャラ男軍団や庵野秀明や樋口真嗣と半径30センチ圏内で遭遇し、作品の憶測を立てようにも、今日自分や同志が本職者とトンテンカンと物語を録画しない事には憶測が立たない訳です。
現場にて気前良く私の小芝居に応じてくれた1日仲間さんと劇場でお会いしましょうと別れ、劇場を梯子して劇場で待つ自分が映ったチラシを探し回り、内容が良くても客は来ないだろう、劇場のロビーで子供がゴジラ予告編を見とれているのを見て「ああ、この子虐められて気が触れてるんだな」と本気で思っており、コラボグッズが街に潜伏し、皆目CMが流れない。
予告編にて当たり所が良かったので、在京早朝番組全部に私が映り、東京おもちゃショー等に私の姿が奔走中。ですが封切り日までのハネムーン期間を大事に出来ず、とうとう公開初日、成田離婚のつもりで挑むやNHKの「シブ5時」に2回も映り、ピーコのワイプに私の肖像が並び、香川県宇多津町の広報CMにまで私が映る凄まじい未来。
成田離婚が大転覆してひ孫に玄孫が皆優等生で「サマーウォーズのフィクサーか!」な幸福の大規模決壊。
お陰で20キロも落ちました。本編チラシパンフ、全部載りました!でも現場にて特異衣装の人は影も形も無く、あっても調度品との色彩で隠れてしまう。ポルポトのピクニックで同志の皆様の返り血や腸で染まり抜いて独りだけ帰って来たみたいで、封切り日は立ち直れませんでした。

トウカツ さん

ドラマ部分が、自分には「NHK特集の再現ドラマ」レベルにしか見えなかったのですが、ものすごい大絶賛されていて、一時、自分の映画理解力に自信をなくしかけました。みんな、本当にそんなに面白かったのかよ~。

NO NAME さん

面白いんだけど、さとみの英会話は一カ月留学して勉強しましたレベル。

NO NAME さん

信者がこれは海外で通用するとか言っていたが、海外で爆死していると聞くとこれは日本人のゴジラだとか開き直っていたのが嫌でした

NO NAME さん

この作品は断じて誰映ではないと思うけど、ヒロインの座を助演のはずの市川実日子に奪われてしまった石原さとみはやはり誰映女優なのでは…。

鰯の肝 さん

次に出会う時はアニメだというのが哀しい。と思ったけど、そう言えばアメリカだってゴジラをアニメ化していましたね。

大ヒットしたんだから、儲けたお金で正統派な続編作ってよ! 北村龍平みたいな奴が監督でもそこそこの映画に仕上がる奇跡の映画なんだから!

lp さん

個人的には今年のベスト級に好きな映画だったけど、紅白でのタイアップ企画が酷すぎたので1票。

KAZ さん

面白かったけど結局「災害シュミレーション映画」だなーとしか
感じられなかった自分はおかしいでしょうか?
怪獣プロレスの方がずっと好みなので…

七資産 さん

いい映画なのですけど
エヴァQをあんなオチにしたまま続編作る気配もなく
エヴァイヤーにも何もせずに
声優だのした後にこれだったので
正直心中は穏やかではありませんでした

yama さん

これが大ヒットしたおかげで「進撃の巨人」のことが世間からすっかり忘れられて良かったですね樋口監督。

マヌルねこ さん

東京破壊シーンが凄かった割にその後の東京があまり壊れていないのが不満。あれだけ熱線で焼き払ったらもっと焼け野原になっていると思うのだが。死体もないし。スピルバーグやバーホーベンだったら死屍累々だろうに。
あと一般人の被災者の描写も物足りない。「300万人が関西に避難して、地価が上昇して失業者が溢れている」って台詞の中だけじゃん。

NO NAME さん

結局、映画本編より塚本監督の紅白出演にやられた。

penny さん

作品自体は良いと思うけど、興奮し過ぎたファンがネタバレ2次創作をTwitterに投稿しまくったせいで観に行くのやめた人が結構いたのが印象的だった。
私はお寒い紅白シンゴジ観たからもういいや。

NO NAME さん

紅白で、君の名は。は無難に背景画像とともにRADが歌ったが、
シンゴジラはなんか訳わからん構成だった

ヒロ筋肉痛 さん

見に行く前は「こんなの作る暇があるならエヴァ作れ!」と思っていた。
見終わった後は「庵野はこれを作るために存在していたのだ!」と思った。

川本毒取 さん

この調子で庵野秀明監督には、『愛國戰隊大日本』のリブート版を岡田斗司夫辺りと組んで、今回儲かったお金で制作してもいいんじゃないかと思います。日本がこんな時代だから尚のこと。企画も内容も面白そうです。

NO NAME さん

紅白でppap対ゴジラってやってたけど、なんじゃそりゃと思ったので一票

NO NAME さん

作品そのものや監督以下制作スタッフがどうとかではなく、一部ファンの行為のせいで観る気がなくなりました。
ネットで批判的なコメントをした人を変にぶっ叩いていた連中は正直怖かった。
それと島本和彦のやたらエキサイトした一連の評価がどうにも受け付けませんでした。
なんというか、庵野秀明とその才能を持ち上げることによって、それを理解し評価できる俺凄い、
と暗に主張しているような印象を受けました。
あの人、未だにアオイホノオなんだなあ・・・と。

ぶらっどすわん さん

「誰が観るんだ?」-作品のことじゃないです、紅白のコラボ企画です。

はぬま さん

間違いなく、続編が作られて、間違いなく、ダメ映画になる。ガメラ3部作の悲劇が繰り返される。

NO NAME さん

作品は良かったけど別に3DでもないのにMX4Dが公開されてる仕様だけはよく分からなかった。ここだけは千原ジュニアの気持ちがよく分かる。

怪人バルバリ博士 さん

第2形態(いわゆる蒲田くん)や熱戦発射時にアゴが2つに割れるところがグロくて気持ち悪い。あれでは怪獣ではなくて化け物だ。

TAKAKO★マッドネス さん

白米は静かに食べなさい!余所様に迷惑かけるんじゃありません!

フルスガシ さん

人当たりのいい善人たちばかりが登場し、説明台詞を並べ、特に危機的状況に陥ることも無く粛々と終わる……。
庵野監督、使徒ヘタになったなぁ…。

ねこのこ さん

モーラー [早口] 自衛隊 [早口] 巨神兵 [早口] プラレール [早口]

ちなみに世界興行収入は、韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の$87,543,536より低い、$77,947,607。

mohno さん

怪獣映画とは“そんなもの”なのかもしれないが、そこに思い入れがないので、“フィクションだからってそんなそんな設定アリかよ」と思ってしまう(なお、「君の名は。」は“フィクションだからそんな設定もアリだよな”と受け入れられるレベル)。とくに会議で次々に異なる人が発言するシーンは“セリフをしゃべってる感”がハンパない。別に駄作と思っているわけではないけれど、そこまで絶賛されるようなものかと思うので一票。

ダーク・ディグラー さん

この作品の性で虚淵脚本のアニメ版『ゴジラ』がハードル高くなった!

『仮面ライダー鎧武』で『魔法少女まどか☆マギカ』の焼き直ししか出来ないのを証明されたのに大丈夫か!?

虚淵玄!

ヒナタカ さん

紅白とのコラボより、前日に放送されたペナルティのワッキーによる『シン・オジサン』のほうが500億倍はおもしろかったです。

林田相丘 さん

庵野秀明と、それを支えた樋口真嗣がいかに凄かったか?は
どうしようもなくスベりまくってた年末の紅白歌合戦で誰の目にもあきらかだった

…いや、分からない人がいる(いると考えられてる)からこそ紅白歌合戦のネタにされちゃったのか。

24位 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 | 28位 『ROAD TO HiGH&LOW』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。