69位 ルドルフとイッパイアッテナ 17票

みなさんのコメント

came さん

TVで特集されてる時は、まさに"誰映画大賞"候補と思ったのに、意外にまだ誰も投票してないんですね。

間違いなく『シン・ゴジラ』に飲まれた枠の作品。

管理人コメント

そういえば一年前のTOHOシネマズは『ルドルフとイッパイアッテナ』を『シン・ゴジラ』と同じ規模で宣伝していましたよね。

lp さん

この企画でタイトルを見つけるまで、夏に見たことをすっかり忘れてた!

鰯の肝 さん

毎年この手のCG映画は日本で作られているのですが、ヒットしたのは「ドラえもん」だけですね。ご愁傷様です。

NO NAME さん

同時期に「ペット」が公開されていて、完全に忘れ去られた印象

NO NAME さん

去年のガンバといいこれといい、何故いまこのタイミングで映画化されて、しかも3DCGなのでしょうか?

名もなきすあま さん

「猫さえ出しときゃなんとかなる」わけではないことを、この映画と「世界から猫が消えたなら」が実証した一年だった(「猫なんか呼んでもこない」ってのもあったっけ)。映画と猫はいうほど相性良くないんじゃないでしょうか。CMの尺ぐらいが丁度いいのかも

管理人コメント

猫映画が延々と作られ続けるのは謎です。

djclover さん

日本で作る動物系フルCGアニメって陰気臭くて見てらんないってイメージがデカいんだよなあ、やっぱ等身大の人間がフルCGで暴れまわる映画の方が性に合ってるのかも

滝川マギステル さん

TOHOシネマズで熱心に宣伝されていた
同じく犬猫CGアニメのペットも熱心に宣伝されていた
そしてどっちもほぼスルーされていた印象
時期が悪かったのかそもそも人を惹きつけるだけの魅力に乏しかったのか

NO NAME さん

井上真央に問題がイッパイアッテナ

EL さん

ごめんな、この夏はファインディング・ドリーとペットで動物ものはお腹いっぱいだったんだ

NO NAME さん

今年は地元(某聖地)が絡んだ映画が多くて、これもその一本だったんですが、「アレ」の特大ヒットの陰に見事に隠れてしまって、個人的にはスゲー残念です。とはいえ、結局観に行ってないけどな!

NO NAME さん

私の思い出の中のルドルフとイッパイアッテナはこれじゃない

ジャバウォック さん

昔に教育テレビでしてた止め絵のものの方が面白そうだと思いました。

ロロ・トマシ さん

TOHOシネマズの予告でゴジラとコラボしていたのがピーク。

NO NAME さん

仕方ない事なのだが3DCGの出来が洋画と違い過ぎて見る前からゲンナリした

68位 『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』 | 72位 『フィフス・ウェイブ』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。