48位 この世界の片隅に 52票

みなさんのコメント

NO NAME さん

内容は良かったが、これにまとわりつく人が岡田斗司夫[片渕監督の嘘情報を流す]、ヤマカン[アニメ監督をクビ、実質無職]、江川達也[漫画が超展開で打ち切り]、上西小百合[都知事に噛み付く]という最悪な人達。町山さんがいて良かった

ユウ さん

まさしく戦争の被害者として辛酸を舐めてきて、個人を戦争にかりたてる社会構造を批判するはだしのゲン、死者の回想から始まり、終戦が主人公の救済と何の関係も無く描いた火垂るの墓に比べればこの世界の片隅にはよくある反戦アニメ
悪くはないけど今までになかったアニメと言われると?となる

bigmouth88 さん

観たいのに公開館数が少なすぎ!という意味で1票。

まりんすのー さん

原作のこうの史代の絵柄が好きなんだが、その静止画を動かすとなぜか動きがジブリっぽくなるので、やはり日本のアニメ界は宮﨑駿&高畑勲&大塚康生の呪縛から永遠に逃れきれないんだねえとかぼーっと思った。あと町山智浩VS切込隊長のTwitter上のおっさんの沽券を保つだけの死闘が無駄に長くて、 のん ちゃんのイメージダウン甚だしいなあ止めてよしてと思った。あと、すずさんがたとえ2016年に存命でも、カープ応援どころか介護施設で寝たきりになってる気がするんだが。

NO NAME さん

ファンの中に「朝鮮進駐軍」なんてヨタ話を真に受けるような層を内包してるのは確かなので一票

NO NAME さん

これがリアルだという感想が多く挙がったが、それは違うなと思った。
終盤の原爆が落とされた広島をはじめて訪れる主人公の反応が、家族が壊滅していて街が死体の山とかしている状態の中にしてはあっさりとしていた。《記憶違いかもしれないが》
だからこの作品で省略している部分について議論すべきだと思った。

人間怖い さん

「君の名は」のロングラン、「聲の形」の拡大ロードショーがあったから、これもそのようにしてシネコンでも流してほしい。誰映画にしないように!という希望を込めて

NO NAME さん

戦争アニメ映画の中で最高傑作だということで話題になっているが、個人的には火垂るの墓とジョバンニの島、ピカドンが最高傑作だと考えています

川崎ムーンライトボーイズ さん

誰が観に行くんだすぐ終わっちゃう!と思って真っ先に観に行ったが、意外と皆観に行ってて一向に終わる気配がない。思いっきり読みが外れて悔しい気分と、ヒットしてくれてうれしい気分が半々である。

すずさん さん

「俺が支援しないと」という気持ちで2回も見に行ったクラウドファンディング作品。泣きすぎて一日眼が腫れて往生した。体に毒の映画なので映倫指定を検討してほしい。

むそ さん

周りに「良い映画だった」と褒めても褒めても無視されて、果ては信者のように言われ、もう誰にもすすめずマイ生涯ベスト10映画の一つとして胸にしまっておいたら、本当に映画ライターの絶賛と個人の思い出の中だけで片隅に終わってしまいそうな作品で・・・。

君の名が さん

良作なんだとは思うんだけど、流行りはしないんだろうな。入れ替わりとか歴史修正要素加えれば、、(それじゃ何も伝わらないな)

マヌルねこ さん

自分としては2016年に観た映画のベスト2位なのですが(1位は『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』)、昨今の「声高に反戦・平和を訴える事を否定する風潮」とこの映画への賞賛がリンクしているような雰囲気には不安を覚えます。

ビットリオ・ベネト  さん

私はこの映画を公開初日に観に行き、すばらしい映画だったと思いましたし、友人にもぜひ観に行くように勧めました。

ただ、一部のファンがネットで

(いや、褒めてるつもりなんだろうけれども、こんな胸糞悪くなるコメント読んで誰が観に行くんだ)

と感じるような発言をしていたもので・・・


しまねこ さん

この映画だけは見ていない人は批判して欲しくない。
ただ、あまりに絶賛されるのもなんだか不安になる。

Eveningstar さん

「正月シーズン限定」で。
良い作品でヒットも公開延長も喜ばしいことだけど、正月気分で見たいかというとちょっとなぁ、と思うので。

NO NAME さん

内容は文句なしだし色んな人に見て貰いたい
でも、こんなに高評価だと山崎貴がダッサい横文字付けて実写化しそうなのでそれを防ぐ為に一票

NO NAME さん

きね旬で1位になったからって君の名はをけなすの止めてくんないですか片隅ファンの人たちや評論家さんたち
どちらも好きな映画なのでこういうことは嫌いです

のら さん

結局4回見に行った会社の上司も予告の時点では、「また糞アニメかよ、コケるにきまってるだろ」と言っていたのが印象的。SNSがなく、予告だけだったら絶対埋もれていたであろう映画。

EL さん

テアトル新宿が過去10年で最高の週間興行収入を記録、のニュースを見て何故10年?と思ったので調べたところ2006年の「時をかける少女」の方が上だったからというオチでした。

ホルマン さん

アンチ戦争映画で未熟な精神の諸氏が口汚く論戦する様は当然の事ですし、作品に挑むのは論戦を折り込んでの行い何です。

子供自分、教壇を囲む様にコの字型配列で、4人1組の班を組み、担任教師を囲んで学習する様なクラスに通いました。
平和だったクラスですが、職員室の用事から戻るや諸班は東西に分裂し、辺境の教壇に近い班の国民たる私は既に東側陣営に組み込まれ、コの字の中央区画に隣り合う班が、東西対立のフロントミッションとなり、たちまち戦争状態になってしまいました。
「今ヤマダに貸してるファイファン(FF)を返して貰ってすぐ貸したる!ドラゴンボール23巻も付けるから!」
「いやいや、スーファミのゼルダとジャンプ3冊、俺らに付いてくれれば貸したる!」
…浅ましい外交取引は、やがて激しい交戦が展開される中央2班から遠く離れた教壇や黒板に近い辺境の我が班にまで及び、銃後の危機対応で西側から派兵された強襲揚陸部隊と下敷きや鉛筆や文房具を用いた格闘戦にまで発展。遂に腕を引っ張り合うので肩を脱臼仕掛ける負傷者が発生。遂に国連Gaki対策センター(職員室所属)よりGaki-Forceが誇る究極の対Gaki戦闘マシーン「教神兵(担任の先生)」が出撃。
「直ちに交戦を止めぬ場合、このクラスの本棚へ核攻撃を敢行し、学級文庫を消滅させる」と警告。
かくして冷戦は終結し、我がクラス、我が班に平和が戻り、「はだしのゲン4巻奪い合い戦争」は終結しました。

47位 『映画「聲の形」』 | 50位 『あいつだ』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。