38位 ポッピンQ 97票

みなさんのコメント

ヒナタカ さん

原作のないオリジナル作品ながら公開劇場は199館。『この世界の片隅に』の大ヒットによりテアトルの株価が急上昇したことが話題になりましたが、『ポッピンQ』で東映がどうなるのかが気がかりです。

ぱたた さん

“子供に付添われて”観に行きますけど、何か?

EL さん

これが東映アニメーション創立60周年記念作品か・・・と何とも言えない気持ちのまま帰路につき調べてみたところ、デジモンとタイガーマスクも60周年記念作品でした。
~周年記念作品とは一体・・・・

NO NAME さん

落ちモノゲーム(パズドラみたいなやつ)とリズムゲーム(ラブライブとかアイマスみたいなもの)と内容上複数のスマホゲームが展開できる優秀なIP。でもこんなものを1800円払って見に行く意味はあるのだろうか。基本無料だろう。

フシン さん

正直、パンフにあった監督のイメージボードの方が面白く、物語の中で本来なら必要だったドラマが描かれているため、プロデューサー陣にはまず、13話のTVシリーズとして最初から作り直すことをオススメしたい。

NO NAME さん

どの年齢層をターゲットにしたのかわからん

NO NAME さん

プリキュアを卒業した女の子向けという狭いターゲットに向けて作った映画なのでヒットは困難だが、これを年末番組に持ってくる東映の番組編成能力のなさが凄い

窓の外 さん

東映の旗艦劇場の丸の内東映で正月映画として掛かっているのが、これと「疾風ロンド」な時点で、東映は勝負を投げている。せめて同じ土俵に上がらないと、東宝の一人勝ち状態は止まらない。

アッシュ さん

プリキュアの手法で、プリキュアを見るよりも少し上の年代を狙った東映アニメーションの新機軸……のはずなのに、観客の大半は30過ぎたおっさんだった。

せぜあき さん

ダンスパートだけ3DCGになるんだけど他の場面と浮きまくりで気持ち悪かった。一番大事なクライマックスでそれがモロに来たからしんどかった。
あと一言。これシリーズ化する気なの!?

お好み演芸会 さん

「ポッビンQ」って何のことか全く知らないが、ググるのも無駄な気がする。
謎は墓場まで持っていく。

川崎ムーンライトボーイズ さん

何度も何度も予告を見せられた上に、
「思春期のモヤモヤを叫んだら異世界に行ってダンスさせられた」的な内容に
まったく興味が沸かなかったのでひたすら苦痛だった。

NO NAME さん

昔はアニメで女の子が異世界っつったら局所だけ隠した衣裳でひとり大立ち回りだったのに
今じゃ顔以外肌色が見当たらないフワフワした格好で5人仲良く踊って解説付きのパワーアップとか
妖魔なめてんのか!

NO NAME さん

このあと、「ポッピンマン」「ポッピンセブン」と続くのか。

ダーク・ディグラー さん

虚淵脚本の『楽園追放』が『仮面ライダー鎧武』で大コケして中規模公開のを分析しないでヲタクアニメ作らないでください!

NO NAME さん

CMで抜粋されているダンスのシーンを見たときに瞬間的に「誰が観に行くんだ?」と思い、「いや、内容の概要も知らないのにそういうこと思うのはよくないな」と思い直したのですが、公開後のネタバレレビューをいくつか読んでいよいよ「誰が観に行くんだ?」と思ってしまいました…

NO NAME さん

「この世界の片隅に」や「艦これ」以上に公開館数が多いのに、この爆死っぷりはヤバい

chopin さん

ポッピンと聞いて思い浮かぶものが喜多川歌麿の浮世絵しかない。
アイドルアニメだったのか、これ。

NO NAME さん

ジャンプ漫画って看板か玩具の販促って縛りがなければ東映動画が三流スタジオだと自ら示した記念碑的な映画

怪人バルバリ博士 さん

続編があるのなら先に言ってよ!!

NO NAME さん

ラノベ界隈ではやたら長いタイトルが流行っている中、タイトルを見ても(それどころか予告編を見ても)どういう内容なのかよくわからないオリジナルアニメとは思い切ったなあ

ゲリラライブ会長 さん

特典付き前売りやコミケ91の企業ブースでグッズ見て大人向けかと思ったらランダムコメント見て子供向けだった事に驚いた。

縛りやトーマス さん

「様々な事情で前に進むことができない中学3年生の少女たちが時の止まった世界を救うためにダンスを踊る」という話で、進路に悩む同年代の少女をターゲットにしたものの、その客層に宣伝が行き届いておらず、劇場には中学3年生で時が止まったような大きなお友達しかいないという結果に・・・

ロロ・トマシ さん

情報番組で本編中のダンス練習シーンが流れてたけど、不愉快というか生理的に無理だった。

NO NAME さん

公開を年末に前倒ししてみたものの上映回数が(『君の名は。』『この世界の片隅で』と比べても)どんどん減らされてゆく虚しさ

NO NAME さん

アニメ映画ブームの波に乗ろうとして、公開館数を大幅増加した結果大爆死してしまった
今後こういった勘違いがたくさん起こりそうで、ある意味怖い

エーガクラブ さん

「誰が観に行くんだ」と言うよりも「誰が知ってるんだ」大賞な映画。
映画館の上映予定で一月前にこの映画の存在をしったくらいなので、上映当日まで話題にならず空気な映画だったと思います。2016年はやくから宣伝してるけど、全然知らなかったです。

NO NAME さん

色んな意味で話題なので観てやろうかと思ったら既に行きづらい時間帯のみでの上映になってしまっていた
やっぱり映画は初日に観に行くほうがいいですね

NO NAME さん

オバQかと思った。

川本毒取 さん

声優陣は非常に豪華なのに、中身が無い奇跡の様な作品。もしも続編が世に出るなら、『処刑教室』とか、『マッドマックス』や『ザ・レイド』等の続編群みたく、全く方向性の違う作品にしてください。オナシャス!

NO NAME さん

予告編でなんか違和感のある壮大な音楽がかかり、なんか違うと思った

やずみ さん

2016年のアニメ映画は大きなうねりを作ったが
そんな流れの中でも全て上手くいくとは限らないと
この作品は教えてくれた。

いやホント、何故これで勝算アリと見たのかサッパリ分からん……。

七資産 さん

映画というのは宣伝しすぎるとウザがられるものだけど
この映画に関して言うともっと宣伝しとけよと言いたくなる。

ジャバウォック さん

旦那がポスター見ただけで地雷映画だと当てた。

yama さん

監督が「199館で公開されて世間が困惑していることに『ざまあみろ』と思った」などと松本人志みたいなことをインタビューで答えていると知り、この映画は本格的にダメだと悟った。

リーネ さん

あのRANMARU、テラフォーマーズと肩を並べることができる2016年の大爆死映画の一角

NO NAME さん

ポスターや予告編でどんな内容なのかさっぱりわからないのが…
全体的に漂うサブカル臭さも相まって食指が動きづらい作品かと

NO NAME さん

他人様の感想を読めば読むほど、この賞のためにあるような映画なんだろうなぁという印象が強くなってきてます。

また さん

そもそも「ポッピンQ」という何のこっちゃいなタイトルがダメじゃないか

NO NAME さん

映画館でこの世界の片隅に見たとき、これの予告編を見た
周りが高齢者ばっかなので居心地が悪かった

mohno さん

“東映アニメーション60周年記念映画”なのに大爆死と聞いて怖いもの見たさで見てみようと思っていたが、YouTube で公開された本編冒頭映像を見て、おなかいっぱいになってしまった。あとタイトルのセンスが酷い。

NO NAME さん

東映アニメーション60「周年」企画という事らしいが、ついこの間も東映Vシネ25「周年」企画とやらで「25」とかR‐15「指定」以外の特徴を何も持たない映画をやっていたような、なかったようなw

ホルマン さん

[お菓子の街ならぬシネコンの街]
ヘリ部隊長「(無線声)ホールディングエリア2に前進、別命あるまで待機、送れ」
隊長機「(無線声)アタッカー1、目標視認した。対象アニメドラマ、方言重視、青春期に襲来した挫折へ挑む模様、対象を敵と継続して識別、送れ」
[官邸地下危機管理会議室]
ホルマン総理「ぶっ殺して」
顔をあたふたと合わせ困惑する危機管理監・統幕議長・防衛大臣。
即座に立場上総理へ進言する防衛大臣「いやあの、作戦展開区域の…」
面倒くさそうに手を払うホルマン総理「ちゃっちゃっと唱える!念仏なんだから、ほら急いで」
鬼瓦な顔を益々渋らせ「住民避難完了」「分かりました、何時でもいけます」「良いんですね?」と危機管理監・統幕議長・防衛大臣。

[お菓子の街ならぬシネコンの街]
対峙する対戦車ヘリ群と作品。
ヘリ部隊長「(無線声)アタッカー1、CP、作品名『ポッピンQ』への射撃を開始せよ。射撃開始、繰り返す、射撃開始、送れ」
隊長機「(無線声)CP、アタッカー1、了解、射撃する」
射撃手が引き金カバーを開いて銀色の引き金に手をかける。
隊長機「(無線声)目標正面、『ポッピンQ』上映機器、距離2、発車用意…」
観測ヘリ「(無線声)射撃待て!射撃待て!」

[官邸地下会議室]防災担当大臣「あれ、撃たないぞ?」

[お菓子の街ならぬシネコンの街]観測ヘリ「(無線声)目標と連動する公式HPムービーコーナーに見覚えある人影を確認!射線上にマフィア梶田がいる!」

[地下GHQ]
ヘリ部隊長「マフィア梶田が居る!射撃の可否を問う!」
東武方面総監「マフィア梶田が居る!射撃の可否を問う!」
統合幕僚副長「マフィア梶田が居る!射撃の可否を問う!」

[官邸地下危機管理会議室]
統合幕僚長「…撃ちます?」
ぷるぷる震えながらメガネを掛ける総理。
防衛大臣「…総理…?」
ホルマン「撃てる訳無ェだろヴァーカッ!俺が杉田智和とか昔の銀魂とか好きなん知ってる癖にお前ら!」
文科大臣「総理、ポッピンQへのツッコミを…!」
ホルマン総理「マフィア梶田居る言われとんだぞ⁈マフィア梶田あれ知ってるんだろが!」
財務大臣「AT-Xには契約していますが忙しくて…!」
ホルマン総理「ゴジラのカヨパタのお付きのおっさんだろが!大体お前ら毎度毎度石原さとみの英語ネタで盛り上がるだろ?飽きないのかよ!」
危機管理監「総理、ちと論点が狂ってますよ!」
ホルマン総理「(ペンを地図に叩き付けて)畜生めぇーッ!オッパイぷるんぷるんッ向けに作った服を兵馬俑みたいな庶民派美女が着込んで、渋々日本に来て、東洋人が過ごしやすい国は守らないとって、日系子孫キャリアが背伸びを止めるキャラかと思っていたが、そこんとこ突っ込めよ誰か!スターリンとかそういうのじゃなくて!アンポンタン!」

総員「総理、まずはお前がポッピンQ語れよ!」

NO NAME さん

やたらと映画館での推しがきつかったのを覚えてます。
大山鳴動して鼠一匹。
「まずTVでやれ」という意見に同意。

37位 『インフェルノ』 | 39位 『バイオハザード:ザ・ファイナル』

告知

現在投票中です。締切は2017年1月中旬予定。

投票作品一覧はコチラです

この企画について

「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞(誰映画)」とは、その年に公開された映画から存在に疑問を感じるような映画に投票するイベントです。

過去の結果レポート

この企画は移転を繰り返したため、結果レポートは各サイトに置いてあります。