新宿ピカデリーのポイント制度が改悪

新宿ピカデリーのポイント制度が改悪される。映画を1本観ると1ポイント溜まる制度なんだけど、今までは6ポイントで映画が1本タダになっていたのが11月から8ポイントになる。3D映画だと12ポイント必要になる。うーん12ポイントも貯めるのはキツいだろ。納得したくないけど、色々と事情があるのだろう。個人で観るときは新宿ピカデリー以外のシネコンを使えばいいので、まあいいや。

ちょっと笑えるのは

お客様のアツいご要望にお応えしてポイント交換アイテムを増やしました!

ということで始まった新サービス。その新サービスは50ポイントを貯めるとプラチナシート(5000円)で、200ポイント貯めるとプラチナルーム(30000円)が1回使えるんだけど、200ポイントってどうやって貯めるんだよ。
映画の入場料金を1800円として計算してみると、1800円*200ポイント/8ポイント=45000円だ。プラチナルームは30000円なので、わざわざポイント使ってプラチナルームに入る人はいないと思うぞ。ちなみにプラチナシートで同様の計算すると1800円*50ポイント/8ポイント=11250円なので、溜まったポイントをプラチナシートに使ってしまうと、最大で6250円損する計算になる。

今まで無かったポイントの有効期限が6か月になるということも辛い。いや、それってどういうこと?最終利用日から6か月って意味だよね?そうじゃなきゃ50ポイントとか、200ポイントって貯まらないよね。12ポイントでも難しいよね。っつーか俺30ポイント以上貯めているんだけど、これってどういう扱いになるの?振興銀の利用者みたいにはならないよね?
「元のポイント制度に戻せ!」というご要望のほうが絶対にアツいぞ。


新宿ピカデリーはこの新制度を説明している文章が画像だけというのもうさん臭い…。


追記:新宿ピカデリーに電話して確認したところ、「最終利用日から6か月」でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新宿ピカデリーのポイント制度が改悪
Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

Comments are closed.

  • 破壊屋人気記事ランキング