Tag Archive for 音楽

一発で元気になろう

大きな被害の無い横浜に住んでいる俺だが、それでも大地震の被害の大きさにちょっと茫然としているし、不安でネットをやる気力すら無い日もあった。まだまだ不安は続いているし。そんな状況で聞いている音楽はなぜか一発屋の曲が多い。洋楽の一発屋の曲は元気になれる。せっかくなんで紹介します。

ミー&マイ/ドゥビ・ドゥビ

デンマークのコスプレ姉妹歌手。ナース姿で歌ったこの曲は世界中で大ヒットした。サビ以外の部分も聞きごたえがある名曲だ。

ステップス/5,6,7,8

イギリスの男女混合ユニット。日本ではこの曲しかヒットしなかった。

リール・ビッグ・フィッシュ/テイク・オン・ミー

一発屋でどころか来年で活動歴が20年になるというベテランバンドで、俺も何度かライブを見ている。しかし曲が有名なのは「a-ha」の超名曲をスカパンク風にカバーしたこれだけだろう。

スキャットマン・ジョン/スキャットマン

日本で人気が爆発したため、バラエティやCMの「ネタ」として扱われることになった。

ジュニアシニア/ムーブ・ユア・フィート

この曲が収録されているデビューアルバムはダンスミュージックの傑作アルバムで世界中でヒットした。しかし彼らの活動は急激に停滞し、セカンドアルバムのリリースは各国で見送り。セカンドアルバムは日本でしか発売されなかった…。

シャンプー/トラブル

日本で根強い人気を誇っているアイドルユニット。コンセプトが「不良娘がダルそうにしている」なので、インタビューなどでもふくれっつらしているだけだった。

サード・アイ・ブラインド/セミ・チャームド・ライフ

アメリカのロックバンド。デビュー当時は好調だったが、曲作っていたギタリストが解雇となり失速する。ジム・キャリーの映画『イエスマン』ではサード・アイ・ブラインドの曲を合唱するシーンがある。

ロス・デル・リオ/恋のマカレナ

今回取り上げたアーティストたちは一発屋じゃないのも含まれているけど、これは真の一発屋!

なおブルへリアというドラッグ大好き過激バンドが『恋のマカレナ』をカバーした『マリファナ』という珍曲も発表している。アッー!マリファナ!

クレイジータウン/バタフライ
埋め込み無効なのでリンク先をご覧ください

アメリカのロックファンたちに思いっきり嫌われているバンドで、彼らがフェスに出るとブーイングの嵐というのは有名なエピソード。俺は好きなんだけどなー。しかしPVはカッコ悪い…。

スマイル.dk/バタフライ

ダンス・ダンス・レボリューションに使われて有名、「侍探して日本に来ました」という意味不明な歌詞も印象的。映画『モンスターVSエイリアン』のクライマックスでも使われている。ポップ色の強いダンスミュージックは一発屋の宝庫である。

シックス・ペンス・ノン・ザ・リッチャー/キス・ミー

ラブソングの名曲。映画『シーズ・オール・ザット』の主題歌でもある。

チャンバワンバ/タブサンピン

イギリスのアナーキストバンド。パブでビール飲みながらサッカー観戦するのに相応しい曲だ。

エイリアン・アント・ファーム/スムース・クリミナル

マイケル・ジャクソンの『スムース・クリミナル』のカバーでデビューを飾りその後の活動もまあまあだったが、いかんせん『スムース・クリミナル』の衝撃が強すぎてパッとしないイメージがある。

タトゥー/オール・ザ・シングス・シー・セッド

日本でも社会現象となったロシアの二人組。俺は東京ドーム公演に行きました。

ざっとこんなところ、状況が落ち着いたら映画ネタで破壊屋を更新できるかな。これから被災地の悲劇がどんどん明らかになっていくと思うと気分が落ち込むけど、被災しなかった人間が今できるのは元気を出して日本を停滞させないことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 一発で元気になろう
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

COUNTDOWN JAPAN 1011

カウントダウンジャパン

カウントダウンジャパン28、30に行ってきた。今までのスパイダーマンスーツがだいぶボロボロになってきたので、新しいスパイダーマンスーツをアメリカから輸入したんだけど、ひどい粗悪品!あっという間にボロボロになった。しかしさすがアメリカンサイズ。太った人でも着られるように腰の部分がガバガバ。

PUFFY
Perfume、K-POPなどダンス系の影響を受けているのか、ダンサーたちと一緒にアミとユミが踊ってた。
筋肉少女帯
一発目から名曲『イワンのばか』で感動。オーケンの病気の告白「ペインウインド(痛風)」で大笑い。
FACT
このバンドは2010年にかなり聞き込んだので、サマソニの時のイマイチっぷりがショックだったが、今回は大分良かった。デス声担当のヒゲ面がかっこいい。
奥田民生
う、彼の曲が全然わからない自分に気がついた。
Perfume
ライブ会場の平均身長が一気に高くなる。80年代アイドルみたいなヒラヒラドレスがかわいい。
Superfly
好き嫌い以前に全く興味がなかったんだけど、予想外に良かった。
avengers in sci-fi
けっこうベテランらしいけど、今までこのバンド知らなかった。
10-FEET
この時にスパイダーマンになった。連れて行った友人がパンクのライブ初めてなので、モッシュピットにかなり驚いていた。

このまま30日の感想も書こうとしたけど、年越しソバを食べに行くのであとは写真でお楽しみください。
カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパンカウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン カウントダウンジャパン

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - COUNTDOWN JAPAN 1011
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

サマソニ2010

サマソニ行ってきました。楽しかった今年もダイノジDJを観に行って、スパイダーマンの格好で最初から最後までいました!かなりバテましたが。他にはニッケルバック、矢沢永吉がかなり良かった。サイドショーで見かけた三国志テクノ?のおもしろ三国志も笑えました。

サマソニ

HATTALLICAのみなさんと。

サマソニ

ダイノジの大地さんと。

サマソニ

いつもの俺。

サマソニ

女子高生にもモテる!正確には女子高生の格好をした男性だが、いま流行の男の娘(おとこのこ)だと思えばよろし。

サマソニ

ごまだしうどんが上手かった。

サマソニ

また来年!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サマソニ2010
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

サマソニ宗教戦争

今年のサマソニは確実な集客を狙ってか、かなりバラエティに富んだラインナップになっていて、戸惑っている洋楽ファンも多いと思う。俺は幅のあるラインナップが好きだから楽しんでいるけど、それでも加護亜依や韓流アイドルのBIGBANGの参戦はかなり衝撃的だった。例えAKB48やV6が出てきても、もう驚かないぜ!と思っていたけど、そんな俺でもTOKMAが参戦しそうという情報には凄く驚かされた。

ボディジャック

『ボディジャック』を観終わったらTOKMAのライブが始まった

知名度の低いアーティストでも実力次第でサマーソニックに出演できる企画出れんのサマソニに面白い現象が起きている。現在ネット投票一位のアーティストが、なんとロック歌手のTOKMAなのだ。TOKMAと言えば映画『ボディ・ジャック』の主題歌を歌った男だ。TOKMAは幸福の科学や幸福実現党の応援が非常に熱心で、幸福実現党の選挙カーに乗って愛国ソング『I LOVE ジパング』を熱唱していて、その動画はここで見れる。選挙カーに乗ってしまったらロックもクソも無いと思う。反体制の鑑であるアタリ・ティーンエイジ・ライオットが復活するサマソニで、選挙カーに乗るロックもやるのか。そういえば映画『サイタマノラッパー2』ではHIP-HOPグループが選挙カーに乗るエピソードが印象的だったな。

以下は『I LOVE ジパング』の狂った歌詞。

去勢された日本人、働き続けても・・・
最後は財産さえも取られちゃうよ~!相続税で・・・
WAO~!(共産国日本)

そんな彼が現在のところネット投票一位なわけである。本来の意味での信者たちが組織的に投票しているのであろう。別に不正行為をしているわけではない。ただTOKMAがサマソニに出演するとしたら、当然サマソニ会場には幸福の科学の信者たちも来る。そして俺はサマソニ会場で見つけられやすい人間である。

スパイダーマン

俺の写真です。

もしも信者たちが俺を見つけた場合、そりゃ色々と俺に文句が言いたいこともあるだろう。見つかったら一瞬にしてスパイダーマンスーツを脱いで投げ捨て、「中身はあっちに逃げたぞ!」と大声で叫ぶくらいの機転は効かせたい。もしバレて詰め寄られても「いや、フォース・カインドは真実を描いた映画ですよ!嘘映画とか言ってるヤツは情弱ッス。」と、自分の主義主張を捨てさる心構えも出来ている。


フェスには世界中の音楽が集まるので、当然ながら世界中の宗教も集まる。サマソニは過去にもクリスチャン・ロックのアーティストやユダヤ教のアーティストを出演させて話題を呼んだ。世界中の宗教が音楽を通じて一か所に集まることに魅力を感じる人もいるだろう。でも今年のサマソニってスティービー・ワンダーとコートニー・ラヴという創価学会アーティストが目玉なのよ。去年は『仏陀再誕』で幸福の科学VS創価学会の仮想バトルが展開したけど、今年は夏フェスでも宗教バトルが展開するかも?えーと「敵の敵は味方」の論理で行けば、俺はどっちの味方をすればいいのだろう?創価学会員の友達は何人かいるけれど、教義本とか買って研究しているのは幸福の科学だしなぁ。まあ俺はアタリ・ティーンエイジ・ライオットの信者です。人間レボリューション・アクション!デストロイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サマソニ宗教戦争
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング