こんな映画のエンドクレジットは嫌だ!

懐かしの鉄拳風にいろんな映画の珍エンド・クレジットを紹介します。

よく読むと他の映画のネタバレが書いてある

エンド・クレジット

『ホット・ショット2』

思い出の写真がレイプ

エンド・クレジット

『Deep Love アユの物語』

映画のラストシーンを批判する

エンド・クレジット

『ドッジボール』

映画に投資した人たちの名前が出てくる(DVDのみ)

エンド・クレジット
(匿名組合とは投資の用語なので、実名が出ているのはおかしくない)

『忍 SHINOBI』

グッズの通販先のURLが出てくる

エンド・クレジット
(この映画が製作されたときのアンヴィルはまだ貧乏だった)

『アンヴィル 夢を諦めきれない男たち』

文字が出てこないので、ずっと真っ黒

エンド・クレジット

『リボルバー』

エキストラの名前まで出てくる

エンド・クレジット

『ふたりの男とひとりの女』

エキストラの名前まで出てくる上に、エキストラがめっちゃ多い

エンド・クレジット

『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』

映画の宣伝を頼まれる

エンド・クレジット

『不都合な真実』


これは映画評論同人誌「Bootleg Vol.0」で俺が書いた『エンド・クレジットの世界』からの抜粋&追加ネタです。「Bootleg Vol.0」では他にも色々な映画のエンド・クレジットを取り上げてます。「Bootleg Vol.0」は5/23の文学フリマで何冊か販売するそうなので、まだ入手していない方は是非!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - こんな映画のエンドクレジットは嫌だ!
Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

Comments are closed.

  • 破壊屋人気記事ランキング