サマーソニック2011

サマソニスパイダーマン サマソニスパイダーマン

サマソニ行ってきたんで、主に音楽以外で面白かったこと書きます。

サマソニ

午前中はまだまだ客がいない。アリーナ後方が珍しく空だったので記念写真。

サマソニ

だいぶ人が増えてきた。

サマソニ

SONICARTでMCをしている歴史アイドルの美甘子さん。

サマソニ

2ショットもお願いしてしまった。

サマソニ

「今年のサマソニはデカいオブジェがあるんだなぁ」と思ったけど地面をよく見たら液状化で穴が開いているわ、水が噴き出ているわ。あ、このために置いたのか。

サマソニ

レッチリ登場前になると、スタジアムは人がぎっしり。通路にも人が溢れているのでトイレにも行けない。

サマソニ

レッチリ待ち。

サマソニ

サマソニを締めるのは花火。

トイレでひと悶着

トイレに行って大きい用を足そうとしたんだけど、個室から人が出てこない。俺は並んでいる列の先頭で後ろにはだいぶ人が並んできた。っつーか俺の真後ろは刺青入れたゴツイ白人だ。

5分以上は待ったと思う。俺がトイレのドアをノックすると返事が返ってくるんだけど、一向に出てこない。苛立っている白人とも仲良くなってしまった。彼は俺のスパイダーマンTシャツを見て、俺のことをスパイダーマンって呼んでいた。

さらに待っても出てこないので、白人ブチ切れ。ドアにガンガン蹴り入れた。勘弁してくれよ俺が先頭なんだから。中からもっとゴツイのが出てきたらどうするんだよ。その白人も「お前がやったことにするからな」みたいなこと言って笑っていた。

しかしそれでも出てこない。白人は「Motherfucker!」「Hurry up!」と叫びながらさらにドアを叩いたり蹴ったりした。良かった、これで俺じゃなくて白人が叩いていることがわかるだろう。

ようやく出てきた人は無表情なおっさんで、白人に文句つけられていた。俺は「暴力ってこういうときに役に立つんだなぁ」と思いながら個室に駆け込んだ。 と思ったら今度はその白人が「Spiderman!hurry up!」と叫びながら俺の個室のドアをガンガン叩くのであった。やっぱり暴力よくないよ。生まれて初めて「ジャスト・ア・モーメント・プリーズ」って言いいました。

二人の男と一人の女

前夜祭を抜け出して深夜三時に友人たちと合流。男二人と女一人という旧ドリカム編成というかブレア・ウィッチ・プロジェクト編成になった。で、「とりあえずシャワーを浴びよう」ということになったんだけど、周辺の施設はどこに電話かけても満席状態。女友達から「いっそのことラブホテルは?一人での入室もできるんじゃない?」という提案があった。ラブホテルに電話かけてみると空いているし、一人での入室も可とのこと。前から思っていたんだけど、ビジネスホテルよりもラブホテルのほうが広いし、お風呂でゆっくりできるし、快適じゃない?ラブホテルで領収書切るのは恥ずかしいけどさ。

で、問題は入室する人数。一人ずつ入室するとお金がちょっともったいない。三人いっぺんに入室すると女友達が豪快なビッチに思われてしまう。女性の名誉を守るためには女一人で入室、男二人で入室がベストだけど、俺たちの名誉が守られない上に友情が著しくハッテンする怖れもある(ないよ)。しかしツイッター上で見知らぬ方から「舞浜ユーラシアのスパがいいですよ!」と情報を貰った。で、タクシー代が結構かかるけど舞浜行ってみたらこれがかなり快適!朝5時~8時だけ1000円でリゾートホテルのスパが使えるの。もちろん仮眠もOK。サマソニ客にもオススメできます。ツイッターって便利だなぁ。

ロックよりPerfume
今年のサマソニはソニックマニアという前夜祭があって、ブンブン・サテライツ、プライマル・スクリーム、アンダーワールドが出てきた。彼らは俺が学生時代に聞きまくったロック・アーティストたちだ。しかもプライマル・スクリームとアンダーワールドはトリクラスの大物アーティストなんで前夜祭なんて勿体ない!興奮に震えながらソニックマニアに参戦したんだけど…。意外とダレた。いや、彼らの曲って1曲につき7分くらいあってさー、ダレちゃうのよ。

で、サマソニ一日目にPerfumeを見たんだけど、これがもう感動しまくりだった。青春時代のロックよりもPerfumeに感動してしまう自分に危機感を覚えた。Perfumeのライブはマイナー曲の部類に入るはずの『FAKE IT』でも、将棋倒し寸前の大混乱が起きるほど激しかった。うん、これがロックだよ。と言い訳。

X Japan

俺はX Japanの胡散臭さが好きじゃなかった。もちろん楽曲は好きだけど。ToshiやYoshikiみたいな胡散臭さの塊のような奴らが大物扱いされることに納得してなかったし、悪口も言った。

だけどX Japanのライブを見て考え方が完全に変わった。あの胡散臭さに感動しまくり!Xジャンプを決めるのはもちろん、何度も何度も「エーックス!」って絶叫して、『紅』の大合唱にも参加した。ToshiやYoshikiの煽りには全部従った。騙されているとわかっても感動させてくれる感覚はどことなくプロレスを連想させる。火柱、スモーク、舞台装置、キャノン紙吹雪と、このあとレッチリが控えているのを忘れさせてくれるぐらいの大物感もすごかった。

ところでX Japanが出るサマソニ二日目、物販コーナーはX Japanのグッズを買おうとするX Japanのファンで長蛇の列ができていた。「こんなにグッズが売れているなら、Toshiの会社にマインドコントロールされていた女性への弁償もすぐにできるじゃん」と思った。

サマソニ

X Japanのファンを見かけるだけでテンションがあがってくる。

少女時代と遠藤時代

俺はK-POPに全く興味がなく、少女時代が何なのかもよくわからないまま、少女時代を観に行くという韓流サクラ動員みたいなことやった。わりと面白かった。途中で音楽が止まるトラブルが起きたので、少女時代がダンスをやめてイクパフォーマンスで盛り上げるのも仕込み臭さがプロレス的で楽しかった。

友人から「サマソニに遠藤時代が来ている!」とメールが来て「なんじゃそりゃ」と思ったけど、あとで少女時代のコピーアイドルである遠藤時代のyoutubeを見せてもらって衝撃を受けた。黒人男性遠藤くんのダンスのキレが良すぎる!それに遠藤くんは本家少女時代と違ってフォトショップいらずの美脚の持ち主だ。

サマソニ

スパイダーチェンジ

サマソニ

まだ途中

サマソニ

スタジアムでもパチリ

サマソニ

ライブが終わると汗でTシャツに色移りしてしまうのだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サマーソニック2011
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

Comments are closed.

  • 破壊屋人気記事ランキング