Tag Archive for 音楽

METALTIGERにDJスパイダーマンとして出演します

意外な告知です。ダイノジの大谷さんに誘われて今月DJデビューすることになりました。

DJスパイダーマン

カウントダウンジャパンのネルフブースで撮った俺の写真。

漫才コンビ:ダイノジはDJとして有名です。どれくらい有名かというと、サマソニでは普通に出演アーティスト扱い、カウントダウンジャパンではカウントダウン担当でした。そんなダイノジの大谷さんからお誘いを受けて、俺もMETALTIGERというイベントにDJとして出させてもらうことになりました。

フェスやDJイベントに通っているとわかるんだけど、今ってマキシマム・ザ・ホルモンが過去になるくらいの勢いで、激しい系の日本のロックバンドが盛り上がっているんだよね。METALTIGERはそういう音楽を取り上げるイベントです。

日時2014年1月25日土曜日 23:30開場
当日の特集アーティストSiM
会場大塚Deepa
公式の告知ページ&チケット購入METALTIGER~Evolution is Solution~
日時2014年2月7日金曜日 23:30開場
当日の特集アーティスト9mm parabellum bullet
会場渋谷LUSH
公式の告知ページ&チケット購入METALTIGER 9999
日時2014年3月8日土曜日 23:30開場
当日の特集アーティストDIR EN GREY
会場大塚Deepa
公式の告知ページ&チケット購入METAL TIGER NAKED DIR NIGHT

当日はリンプ・ビズキットからオレンジレンジまでという狭い範囲の俺の音楽性が炸裂する予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - METALTIGERにDJスパイダーマンとして出演します
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

アイドルの自己紹介が苦手

スパイダーマン_フェス_01

去年のロキノンの俺。今年のロキノンはアイドル勢が多く参加する。

ただのグチ更新。今はアイドルブームなので、アイドルブームにうんざりしている俺でもフェスに行けばアイドルのライブを見ることになる。

意外とカッコいい曲もあるし、ファンたちの合いの手も楽しいので、俺でも十分に楽しめる………けど、どうしてもダメな瞬間がある。それがアイドルの自己紹介だ。

オズフェスでももクロを観たときは、ももクロ前のMWAMとデフトーンズが好きだったおかげで、だいぶ前でももクロを観ることになった。
「こんな前のほうでももクロを観られるチャンスは無いだろう」
とラッキーに思った。あの「人間椅子」のメンバーがバックバンドをやっていることもあってももクロのライブも最初こそは興奮したけど、自己紹介タイムになると聞くのが辛くなってしまい、ご飯を食べに行ってしまった。サマソニでBiSを観たときも同じで、「アイドルってこんなにカッコいい曲もあるんだ!」と足を止めて観たけど自己紹介タイムで恥ずかしくなって逃げ出してしまった。

METROCKでベビーメタルを観たんだけど、これは自己紹介が無くて良かった(途中で電気グルーヴを観に行ったので、あとで自己紹介したのかもしれないけど)。俺が好きなPerfumeは自己紹介が一瞬で終わるのが良い。

というわけで今後自己紹介をしないアイドルとかでないかな。あ、でも○○は自己紹介しないですよ!という情報はいらないです。ただのグチなので。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アイドルの自己紹介が苦手
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

夏フェスに来ていたJSたちを写真に撮ったよ

夏フェスに来ていたJS(女子スイサイダル・テンデンシーズ)の写真を撮ったので載せます。釣りタイトルでゴメンなさい。


スイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズ


別に女性を狙っていたわけじゃなくて「スイサイダル・テンデンシーズのキャップを被った人の写真を集めよう!」と思っていたので男性の写真も撮っている。


スイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズ


でも女性のほうが多かった。これはおかしい。だってスイサイダル・テンデンシーズは男性ファンがほとんどで、女性ファンなんて少数だからだ。

スイサイダル・テンデンシーズはカリフォルニア出身のハードコア・パンクだ。 彼らの代表曲である『You Can’t Bring Me Down(オマエはオレを倒せやしない!)』のPVを貼っておく。男性ファンしかいない理由は見てもらえればよくわかると思う。バンダナ&へそ出しタンクトップ&白のハイソックスというファッションも強烈だ。



写真を撮るときに俺は「スイサイダル・テンデンシーズの帽子の写真撮っても良いでしょうか?写真集めてブログに載せるつもりなんですが…」って言うんだけど、「何のこと?」って感じの表情でキョトンとしている女性が一人だけいた。「その帽子のことなんですけど」って言うと「どうぞどうぞ」ってなった。その女性にちょっと話を聞いてみるとスイサイダル・テンデンシーズのことは知らなくて、キャップはヴィレッジ・バンガードで買ったとのこと。

ネットで検索してみると「スイサイダル・テンデンシーズのキャップを24色入荷!」って書いているショップもあった。ピンクまである。

ちなみにスイサイダル・テンデンシーズは80年代ギャングファッションの象徴的な存在だったんだけど…

こんな風にバンダナの上にキャップを被ったり

シャツの第一ボタンだけ閉めるのがカッコよかったらしい。

まあギャングファッション的な使い方は滅んだけれど、スイサイダル・テンデンシーズのキャップは日本でもパンク系のアイテムとして完全に定着している。渋谷を歩くと一人くらいは女子スイサイダル・テンデンシーズを見かける。しかもカッコいいし、かわいい。

ところで「スイサイダル・テンデンシーズのこと知らないのにファッションだけ真似るとは何事だ!」とか言い出す頭の固いオッサンはスイサイダル・テンデンシーズのファンにはいないのでJSのみなさんは安心してください。たぶんみんな「いやぁ女性がスイサイダル・テンデンシーズのキャップだなんて何か嬉しいなぁ!」と思っているはず。ただしスイサイダル・テンデンシーズの意味は「自殺傾向」です。

Wikipediaに貼ってあるスイサイダル・テンデンシーズの最近の写真。単なるデブ白人になってしまった。

プライム・カッツ彼らのベストアルバム

スーサイダルテンデンシーズ メッシュキャップ Suicidal Tendenciesアマゾンだと定価が6000円以上するんだけど、別のショップだと定価でも3000円いかない。怪しい価格表示だなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夏フェスに来ていたJSたちを写真に撮ったよ
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

サマーソニック2011

サマソニスパイダーマン サマソニスパイダーマン

サマソニ行ってきたんで、主に音楽以外で面白かったこと書きます。

サマソニ

午前中はまだまだ客がいない。アリーナ後方が珍しく空だったので記念写真。

サマソニ

だいぶ人が増えてきた。

サマソニ

SONICARTでMCをしている歴史アイドルの美甘子さん。

サマソニ

2ショットもお願いしてしまった。

サマソニ

「今年のサマソニはデカいオブジェがあるんだなぁ」と思ったけど地面をよく見たら液状化で穴が開いているわ、水が噴き出ているわ。あ、このために置いたのか。

サマソニ

レッチリ登場前になると、スタジアムは人がぎっしり。通路にも人が溢れているのでトイレにも行けない。

サマソニ

レッチリ待ち。

サマソニ

サマソニを締めるのは花火。

トイレでひと悶着

トイレに行って大きい用を足そうとしたんだけど、個室から人が出てこない。俺は並んでいる列の先頭で後ろにはだいぶ人が並んできた。っつーか俺の真後ろは刺青入れたゴツイ白人だ。

5分以上は待ったと思う。俺がトイレのドアをノックすると返事が返ってくるんだけど、一向に出てこない。苛立っている白人とも仲良くなってしまった。彼は俺のスパイダーマンTシャツを見て、俺のことをスパイダーマンって呼んでいた。

さらに待っても出てこないので、白人ブチ切れ。ドアにガンガン蹴り入れた。勘弁してくれよ俺が先頭なんだから。中からもっとゴツイのが出てきたらどうするんだよ。その白人も「お前がやったことにするからな」みたいなこと言って笑っていた。

しかしそれでも出てこない。白人は「Motherfucker!」「Hurry up!」と叫びながらさらにドアを叩いたり蹴ったりした。良かった、これで俺じゃなくて白人が叩いていることがわかるだろう。

ようやく出てきた人は無表情なおっさんで、白人に文句つけられていた。俺は「暴力ってこういうときに役に立つんだなぁ」と思いながら個室に駆け込んだ。 と思ったら今度はその白人が「Spiderman!hurry up!」と叫びながら俺の個室のドアをガンガン叩くのであった。やっぱり暴力よくないよ。生まれて初めて「ジャスト・ア・モーメント・プリーズ」って言いいました。

二人の男と一人の女

前夜祭を抜け出して深夜三時に友人たちと合流。男二人と女一人という旧ドリカム編成というかブレア・ウィッチ・プロジェクト編成になった。で、「とりあえずシャワーを浴びよう」ということになったんだけど、周辺の施設はどこに電話かけても満席状態。女友達から「いっそのことラブホテルは?一人での入室もできるんじゃない?」という提案があった。ラブホテルに電話かけてみると空いているし、一人での入室も可とのこと。前から思っていたんだけど、ビジネスホテルよりもラブホテルのほうが広いし、お風呂でゆっくりできるし、快適じゃない?ラブホテルで領収書切るのは恥ずかしいけどさ。

で、問題は入室する人数。一人ずつ入室するとお金がちょっともったいない。三人いっぺんに入室すると女友達が豪快なビッチに思われてしまう。女性の名誉を守るためには女一人で入室、男二人で入室がベストだけど、俺たちの名誉が守られない上に友情が著しくハッテンする怖れもある(ないよ)。しかしツイッター上で見知らぬ方から「舞浜ユーラシアのスパがいいですよ!」と情報を貰った。で、タクシー代が結構かかるけど舞浜行ってみたらこれがかなり快適!朝5時~8時だけ1000円でリゾートホテルのスパが使えるの。もちろん仮眠もOK。サマソニ客にもオススメできます。ツイッターって便利だなぁ。

ロックよりPerfume
今年のサマソニはソニックマニアという前夜祭があって、ブンブン・サテライツ、プライマル・スクリーム、アンダーワールドが出てきた。彼らは俺が学生時代に聞きまくったロック・アーティストたちだ。しかもプライマル・スクリームとアンダーワールドはトリクラスの大物アーティストなんで前夜祭なんて勿体ない!興奮に震えながらソニックマニアに参戦したんだけど…。意外とダレた。いや、彼らの曲って1曲につき7分くらいあってさー、ダレちゃうのよ。

で、サマソニ一日目にPerfumeを見たんだけど、これがもう感動しまくりだった。青春時代のロックよりもPerfumeに感動してしまう自分に危機感を覚えた。Perfumeのライブはマイナー曲の部類に入るはずの『FAKE IT』でも、将棋倒し寸前の大混乱が起きるほど激しかった。うん、これがロックだよ。と言い訳。

X Japan

俺はX Japanの胡散臭さが好きじゃなかった。もちろん楽曲は好きだけど。ToshiやYoshikiみたいな胡散臭さの塊のような奴らが大物扱いされることに納得してなかったし、悪口も言った。

だけどX Japanのライブを見て考え方が完全に変わった。あの胡散臭さに感動しまくり!Xジャンプを決めるのはもちろん、何度も何度も「エーックス!」って絶叫して、『紅』の大合唱にも参加した。ToshiやYoshikiの煽りには全部従った。騙されているとわかっても感動させてくれる感覚はどことなくプロレスを連想させる。火柱、スモーク、舞台装置、キャノン紙吹雪と、このあとレッチリが控えているのを忘れさせてくれるぐらいの大物感もすごかった。

ところでX Japanが出るサマソニ二日目、物販コーナーはX Japanのグッズを買おうとするX Japanのファンで長蛇の列ができていた。「こんなにグッズが売れているなら、Toshiの会社にマインドコントロールされていた女性への弁償もすぐにできるじゃん」と思った。

サマソニ

X Japanのファンを見かけるだけでテンションがあがってくる。

少女時代と遠藤時代

俺はK-POPに全く興味がなく、少女時代が何なのかもよくわからないまま、少女時代を観に行くという韓流サクラ動員みたいなことやった。わりと面白かった。途中で音楽が止まるトラブルが起きたので、少女時代がダンスをやめてイクパフォーマンスで盛り上げるのも仕込み臭さがプロレス的で楽しかった。

友人から「サマソニに遠藤時代が来ている!」とメールが来て「なんじゃそりゃ」と思ったけど、あとで少女時代のコピーアイドルである遠藤時代のyoutubeを見せてもらって衝撃を受けた。黒人男性遠藤くんのダンスのキレが良すぎる!それに遠藤くんは本家少女時代と違ってフォトショップいらずの美脚の持ち主だ。

サマソニ

スパイダーチェンジ

サマソニ

まだ途中

サマソニ

スタジアムでもパチリ

サマソニ

ライブが終わると汗でTシャツに色移りしてしまうのだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サマーソニック2011
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

神様が祝福してくれた広島と長崎と福島

広島の司祭

以下の歌詞はロックバンド:レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの名曲『スリープ・ナウ・イン・ザ・ファイアー』のサビだ。

But I am the Nina, the Pinta, the Santa Maria
The noose and the rapist, the fields overseer
The agents of orange, the Priests of Hiroshima
The cost of my desire, sleep now in the fire
我は、ニーナ号、ピンタ号、サンタマリア号
絞首刑の縄、強姦者、奴隷監視人
エージェント・オレンジ、ヒロシマの司祭
我が欲望の代償は火の中で眠れ

「ニーナ号、ピンタ号、サンタマリア号」はコロンブスが乗っていた船で、ネイティブ・アメリカン虐殺のきっかけとなった。エージェント・オレンジはベトナムで使われた枯葉剤のことだ。「the Priests of Hiroshima」を「ヒロシマの僧侶」と訳しているサイトも多いけど、これは「司祭」が正しいと思う。日本に落とされた原爆は飛び立つ前に司祭の祝福を受けている。

この曲はキリスト教の元に行われた犯罪を意味している。うーん素晴らしい歌詞だ。アメリカのバンドがこんな歌詞の曲を作っているというのが凄い。社会問題を歌詞にする事自体をバカにしている「いきものがかり」とかいうヘタレに1万回くらい聴かせてあげたい名曲です。マイケル・ムーアが監督したゲリラライブのPVも最高にカッコいい。

長崎の鐘

戦後ベストセラーとなった『長崎の鐘』という小説がある。この小説はカトリック信徒の日本人によって書かれており「原爆は神の恵み」として表現されている。GHQにこの表現が気に入れられてGHQの検閲を通ったというエピソードもある。西日本新聞の検証記事から引用する。

「長崎の鐘」は原爆の惨状を克明に描き日本人の米国への反感をあおる恐れがあった。しかし、GHQにとって発禁にするには惜しい内容だった。なぜか。カトリック信徒永井の原爆観が対日政策上、極めて都合の良いものだったからだ。永井は「原子爆弾が浦上に落ちたのは大きな御摂理である。神の恵みである。浦上は神に感謝をささげねばならぬ」と書いている。GHQ検閲官の報告書には「長崎の鐘は原爆を地震や噴火といった天災のように描き、政治問題ととらえていない」とある。

このGHQの報告書から戦後のプロパガンダ事情がよくわかる。

福島の神

戦後から60年以上経った今、日本で同じようなことが行われている。経済財政担当相が神様を持ち出してきたのだ。時事通信の記事から引用する。

与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。

おいおいおい。人間として最高の知恵を働かせた結果が「津波の指摘を無視した」とか「非常用電源は全部海側にあった」とかになるのか。原発の事故情報を隠ぺいするのは確かに人間の知恵だけどね。

酷い事態になると神や宗教を使って正当化しようとするヤツらが出てくる。別に宗教が悪いわけじゃない。信仰心が被災者を救う場面はこれからどんどん出てくるはず。冒頭に貼った震災の地で祈る僧侶の写真は世界中で感動を呼んだ。俺が怒りたくなるのは神を利用してまで事実から目を背けさせようとするヤツらと、そこまでして隠したい事実に対してだ。福島の悲劇が神の仕業だというなら、その神をチェーンソーでぶっ殺してやる!!

レスト・ウィ・フォーゲット。マリリン・マンソンの『ファイト・ソング』も神を利用する体制との闘争を煽る名曲。

バトル・オブ・ロサンゼルス。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンはとりあえずこれがおススメです。

Sa・Ga 全曲集神をチェーンソーでぶっ殺すゲーム。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 神様が祝福してくれた広島と長崎と福島
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング