Archive for 2010年5月30日

Bootleg DYNAMITE! トークショー!

文学フリマにお越しの皆様ありがとうございました!売り切れで買えなかった方、申し訳ございませんでした!

「第10回文学フリマ」約3000人来場で大盛況

文芸・評論といったジャンルを中心とした同人誌即売会「第10回文学フリマ」が、5月23日に大田区産業プラザPiOで開催され、約420のブースが参加、約3000人が来場した。
朝11時の開会と同時に、前回と同様、映画評同人誌『Bootleg』のブースに長蛇の列ができ250冊を完売した。

それと行列の整列にみなさんがあっさり協力してくれたおかげで、他のブースを塞ぐことなく行列が作れました。購入後の人たちも壁際に寄ってくださってありがとうございます。

文学フリマ

これが長蛇の列、左奥にBootlegブース。

Bootleg vol.1 DYNAMITE!に収録されているBootleg執筆陣による座談会(自分のDVDコレクション棚の写真を見せ合う)では、俺のDVDコレクション棚が結構衝撃的だった模様ですね。会う人みんなに言われます。あと俺のDVDコレクション棚をよく見ると『ROOKIES 卒業』もありまっせ。


また6/9の水曜日にBootleg執筆陣でトークショーをやります。もちろん俺も参加します。みなさんも、是非いらしてください。Bootlegが手に入ってない方もご安心ください、再販もありますよ。当日の俺はフォーマルな黒スーツを着ていますが、別にスパイダーマンスーツじゃなくて、会社から直接駆けつけただけなので注意。

Bootleg

6月9日(水)阿佐ヶ谷Loft A
18:30開場/19:30開演
前売り¥1,500円/当日¥1,800円(共に飲食代別)
ウェブ&電話にで予約受付中!
阿佐ヶ谷Loft A:03-5929-3445
ウェブ予約はこちらから


それと文学フリマでは、会場がコスプレ禁止(会場で着替えの場所が確保できない)だとは知らずにスパイダーマンの格好をしていて申し訳ございませんでした。文学フリマの事務局側は「格好が微妙」「スパイダーマンが混雑整理に役立っている」ということで「ギリギリOK」と判断して、何も言わなかったらしいです。スパイダーマンを見て疑問を思った方たちに申し訳ないし、事務局側にもいろいろ気苦労かけて申し訳ない。今後の混乱を避けるため、次回以降文学フリマでスパイダーマンの格好はしませんし、今回はスパイダーマンの写真を載せません。

ところでツイッター上で寄せられた文学フリマのスパイダーマンに対する意見の中で

コスプレって文章を書くことに何か役立つの?

という一文がありました。コスプレすることで文章書くのに役立つ人はいるかもしれませんが、今回の当事者の俺に言わせれば全く役に立ちませんし、スパイダーマンの格好しながら文章書いたこともありません。でもすき家で強盗するときには役立つかもしれません。

スパイダーマン強盗

仲間だと思っていたブロガーたちが、俺のことを犯人扱いしてコメントしている。

会場には俺以外にもスパイダーマンマスクを被った人がいて、その人は自分がツイッター上の議論を引き起こしたと思っているようで、その人にも申し訳ない。というか俺も色々なイベントに行きましたが、俺以外にもスパイダーマンの格好をしている人はいっぱいいました。俺が行ったことのないイベントがあると、「スパイダーマンの格好をしている人見かけました!ギッチョさんですよね?」といったメールを受けとったことは今まで10回以上あります。世の中にはたくさんのスパイダーメンがいるのです。そんなスパイダーメン全員に告ぐ!文学フリマの会場ではスパイダーマンの格好をするなよ!大変なことになるからな!

スパイダーマン 子供用傘(かさ) ブルー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Bootleg DYNAMITE! トークショー!
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

Bootleg vol.1 DYNAMITE!は明日発売

というわけで明日は文学フリマです。映画評論同人誌のBootlegが発売されますので、買いに来てくれたら嬉しいな。会場の最寄駅は京急蒲田。Bootlegの通販や文学フリマ以外の販売方法をよく尋ねられますが、それは明日の売り上げで決まるので現段階では何とも言えません。

そして、文学フリマ当日には衝撃のプレゼントが!■「第10回文学フリマ」で「Bootleg vol.1 DYNAMITE!」購入される方へオマケニュースからの抜粋。

くわしくは書けないのですが、とある事情でボクの手元に残ることとなった“ある方”の短い映画紹介原稿と、その経緯です。当日「Bootleg vol.1 DYNAMITE!」を購入した方にとってはかなり嬉しいサプライズになると思います。

噂によると配られるのは………ここには書けないけど、明日の文学フリマ系のTwitter実況で、誰かが書いてくれると思う。

会場の地図文学フリマ

会場内の地図Bootleg

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Bootleg vol.1 DYNAMITE!は明日発売
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

こんな映画のエンドクレジットは嫌だ!

懐かしの鉄拳風にいろんな映画の珍エンド・クレジットを紹介します。

よく読むと他の映画のネタバレが書いてある

エンド・クレジット

『ホット・ショット2』

思い出の写真がレイプ

エンド・クレジット

『Deep Love アユの物語』

映画のラストシーンを批判する

エンド・クレジット

『ドッジボール』

映画に投資した人たちの名前が出てくる(DVDのみ)

エンド・クレジット
(匿名組合とは投資の用語なので、実名が出ているのはおかしくない)

『忍 SHINOBI』

グッズの通販先のURLが出てくる

エンド・クレジット
(この映画が製作されたときのアンヴィルはまだ貧乏だった)

『アンヴィル 夢を諦めきれない男たち』

文字が出てこないので、ずっと真っ黒

エンド・クレジット

『リボルバー』

エキストラの名前まで出てくる

エンド・クレジット

『ふたりの男とひとりの女』

エキストラの名前まで出てくる上に、エキストラがめっちゃ多い

エンド・クレジット

『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』

映画の宣伝を頼まれる

エンド・クレジット

『不都合な真実』


これは映画評論同人誌「Bootleg Vol.0」で俺が書いた『エンド・クレジットの世界』からの抜粋&追加ネタです。「Bootleg Vol.0」では他にも色々な映画のエンド・クレジットを取り上げてます。「Bootleg Vol.0」は5/23の文学フリマで何冊か販売するそうなので、まだ入手していない方は是非!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - こんな映画のエンドクレジットは嫌だ!
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

映画サイトで有名になる46のルール

あなたの人生に絶対役立つ6670のテクニックを紹介した115冊の本に対するid:tada-woさんの嘘ネタのコメント

破壊屋著「映画サイトで有名になる46のルール」って無かったっけ?

ええ、そんな自己啓発本を書こうとしていました!目次はこんな感じです。

  1. おもしろい映画を観るな!つまらない映画こそ積極的に観よう
  2. 映画キャラクターのコスプレをして外出しよう
  3. CGIを使って投票企画をやってみよう
  4. 掲示板が荒れたら管理人が真っ先に逃げるべし
  5. フジテレビの映画を批判してアクセスアップ!
  6. 映画批評家を批判しろ
  7. カルト映画よりもカルト団体映画のほうが大人気!

と充実した内容になっております。あぁ、またタイトルに数字を入れてしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画サイトで有名になる46のルール
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

数字の1から50までを映画で数える

算数のお時間ですよー、1から50まで映画のタイトルで数えてみましょう。

32は欠番

35は欠番


はい、終了です!でもいくつか欠番がある。検索すると出てくるんだけど、あまりにもマイナーすぎる。このラインナップでも「原爆投下機B-29エノラ・ゲイ」と「31km」がマイナーすぎるんだけどね。それと意外と50番台も充実しているんだよな。『ケミカル51』『ロシア52人虐殺犯 チカチーロ』『54 フィフティ★フォー』『北京の55日』『パッセンジャー57』がある。それと「センチ」「ミリ」「キロ」って言葉がつくと数字の値が変わるんだけど、そこは勘弁してください。

これ以降の数字を取り挙げるとなると、単に「タイトルに数字が含まれている映画」になってしまうが、いつくか挙げておこう。



前回「記事のタイトルに数字があるとウザい」なんて書いたけれど、さっそく俺もやってしまった。というか、実はこのエントリを作っている間に前回のエントリを思いついた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 数字の1から50までを映画で数える
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング