Archive for 2012年3月31日

チェスのようなカーチェイス:ドライヴ

ドライヴ

俺はこの映画を観たときファーストカットで「あ、この映画ダメだな」と思ってしまった。ファーストカットはホテルの一室を写し出していて、サソリ柄のジャケットを着た主人公の背中が出てくる。カメラはそのままホテルの一室を舐めまわし、窓に向かうと夜の都会の光景が………って古すぎるんだよ!80年代の映画か?と思った。黒地に紫の筆記体フォントもこれまた古い。

けれど次に出てくる車の修理工場内のシーンで、逃し屋の主人公が仕事用の車を調達するので緊張が貼りつめてくる。そして強盗を乗せた主人公が警察から逃れるために車を発進させるんだけど、いやもう凄まじい緊張感のカーチェイスを堪能した。派手なぶつけ合いは一切なしで、車を何度も停止させながらゆっくり冷静に警察の包囲から逃れていく。『ワイルドスピード』や『トランスポーター』のような手に汗を握ることがまったく無いストレス解消用のカーチェイスとは全く違った、制限速度内のカーチェイスだ。いや、もちろん要所ではスピード上げまくるけど。

『ドライヴ』の監督はオープニングのカーチェイス(のBGM)にチェスをイメージしていたらしいけど、相手(警察)の出方を伺いながら車の停止と加速を繰り返していく様子はまさにチェスの駒のよう。

しかし映画の本筋も古臭かった。昼は映画のカースタントマンで夜は逃し屋の主人公は、無口で感情を表に出さない。そんな彼が子持ちの人妻に惚れる。そして人妻の夫が犯罪計画に巻き込まれたと知ったとき………って時代設定は一応現在だけどストーリーには現代らしさをまるで感じない。

でもこの映画は全体を古臭い演出で統一しておきながら、要所で斬新な演出を挿入してくる。特にヴァイオレンスシーンの直接的な表現はまさに現代映画。俺が観た時は観客から悲鳴が上がってた。中盤のカーチェイスも緩急のつけ方がうまい。

『ドライヴ』は演技陣に存在感ありすぎでそこも大きな見どころ。ここ数年絶好調のライアン・ゴズリングの無口演技が一番凄い。ライアン・ゴズリングは人妻とその子供に対しては優しい表情を見せるんだけど、ひとたびブチ切れると女の顔に正拳突きを打ちこみかねない殺気を出し始める。幼い人妻を演じるキャリー・マリガンと、強盗仲間となるクリスティナ・ヘンドリックスも魅力的。犯罪者のボスのロン・パールマンは似合いすぎていて怖い。

そういえばスットコ部長ことakiraさんがこの映画の主人公を

(タクシー・ドライバーの)トラヴィス・ビックルの草食系みたいなピュアで胡散臭い純愛野郎

って評していて爆笑した。

だいぶ変わった作品でもあるので、観た人によって評価が大きく割れそうな作品でもある。あとこの映画の監督が運転免許を持っていないというのは驚いた。そういえばバイク映画『トルク』の監督もバイクの免許持っていなかったな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - チェスのようなカーチェイス:ドライヴ
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

破壊屋花見オフ会、7日、上野公園、篤姫

篤姫ナンバー1

篤姫やJINのブームに便乗しようとしたけど公開が遅れたためにブームは完全終了。おまけにドリームモーニング娘のツアーも終了しているという、アイドル戦国時代における落ち武者状態の『篤姫ナンバー1』。 篤姫が過去に戻るかどうかがポイントになるらしいけど、一番過去に戻りたいのはこの映画の関係者だろうな。篤姫よりも平家物語にしたほうが良かったかも。

春っぽい映画の画像探していたら『桜蘭高校ホスト部』よりも『篤姫ナンバー1』を選んでしまいました。えーと破壊屋花見オフやります。篤姫は関係ないです。

日時4月7日 土曜日 朝っぱから初めて夕方前には撤収。みなさんは好きな時間に来て好きな時間にあがってください。
場所上野公園
参加条件特に無しだけど、俺の友達の友達まで来るからカオスなことになります。あとゴミをきちんと持ち帰れる人。
参加費特に無いけど、俺と距離が近い友人には買出しをお願いすることになります。持ち込みは大歓迎。

参加したい方はツイッターのDMやリプライ、メールフォーム、メール(movie@hakaiya.com)をください。あと俺からの返信メールが迷惑メール扱いになって連絡取れない人は毎回必ずいます。

注意事項:上野公園のメインストリートが取れなかった場合ちょっと離れた場所になります。そこで参加者の皆さんに注意して頂きたいのですが、メインストリートから離れた場所でテレビ局の取材を受けた場合、その映像は「花見を楽しむ人たち」として使われます。しかしメインストリートにやってくるテレビ局は半数が「花見の迷惑客特集」です。ですからメインストリートでテレビ局を見かけたら、桜の木の枝を折ったり、他人に暴行を加えたり、前田敦子に注ぎ込んだ情熱と金額を泣き叫んだり、カメラに向かってローラのモノマネをしながら政権批判を語るなどすれば、取材班は大喜びでしょうがやめてください。迷惑客にはならないように!もしテレビ局の取材を受けた場合は「桜がきれいで良い気分です」みたいなつまんない答えを返しましょう。

(でもスパイダーマンのマスクをした状態でローラのモノマネはウケるかな?と考えてしまった、やらないけど)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 破壊屋花見オフ会、7日、上野公園、篤姫
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

バトルフィールド3のストーリーに感動した

バトルフィールド3

ゲームの演出に映画の影響が見られたのも昔の話で、ここ数年は映画の演出にゲームの影響がかなり大きくなっていて、FPS(一人称視点シューティング)っぽい演出の銃撃戦もよく見られる。

バトルフィールド3

『キックアス』のクライマックスはそのまんまFPSだ。

去年は3つのFPSが話題になった。

  • 北朝鮮が日本と韓国を降伏させアメリカに侵略するHOMEFRONT
  • アメリカとロシアの全面戦争が始まるコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3(以下MW3)
  • ↑に似ているバトルフィールド3(以下BF3)

全部プレイしてみたけど、俺が一番好きなのは一番地味なバトルフィールド3だ(マルチ、シングル共に)。

これがバトルフィールド3のプレイ画面。点の攻撃してくるスナイパーにブラックバーン軍曹が面の攻撃で反撃する。

HOMEFRONTの脚本にはジョン・ミリアス(地獄の黙示録)、MW3の脚本にはポール・ハギス(クラッシュ)と大物を起用しているのに対してBF3の脚本家は無名っぽい。でも大風呂敷すぎてごちゃごちゃしているHOMEFRONTやMW3に比べて地味なBF3の脚本はかなり気に入った。以下全部ネタバレ


【アメリカ側】主人公であるブラックバーン軍曹は何故かFBIとNSAから容疑者扱いで取り調べを受けている。ブラックバーン軍曹には取り調べを受ける心当たりがあるらしく、「俺じゃなくてソロモンが真犯人だ!」と言い張っているが、FBIもNSAも信じていないしプレイヤーもワケわからない。そして彼の回想が始まる。このゲームはブラックバーン軍曹の回想形式という形を取っている。

【アメリカ側】プレイヤーはブラックバーン軍曹を操作することになる。ブラックバーン軍曹はイラクで中東のテロ組織PLO(アルカイダがモデル)と戦うが、イラクで大地震が発生。仲間たちと共に崩壊したイラクから無事脱出する。その後ブラックバーン軍曹たちはテロ組織のアジトとされる銀行を襲撃する。制圧した金庫室の中で見つけたのは…核爆弾の空ケース二つとニューヨークの地下鉄の時刻表だった

【アメリカ側】ブラックバーン軍曹がこの話を取り調べ官に話しても彼らは信じない。むしろロシアの特殊部隊スペツナズと接点のあるブラックバーン軍曹を疑っている。プレイヤーはここで「ブラックバーン軍曹ってロシアとつながりがあるの?」と驚かされる。

【ロシア側】ここでプレイヤーはロシアのスペツナズ隊員:デュマを操作することになる。スペツナズはどうやらパリで核爆弾の爆発を止めたいらしい。デュマ(プレイヤー)はテロ組織やパリ警察を敵に回しながら核爆弾を追う。ようやく核爆弾のケースを見つけたのだが、中を開けると空だった。「おとりに引っ掛かった!」と気がついたときパリがまばゆい閃光に包まれて…。

【アメリカ側】ブラックバーン軍曹は取り調べ室でパリで核爆発が起きて死者8万人が出たことを知らされる。彼は「デュマが失敗したのか!」と愕然する。だがデュマが死亡した今、捜査官たちはブラックバーン軍曹を核テロリストだと疑っている。

【アメリカ側】ブラックバーン軍曹は再び過去のイラクの話をする。イラクにいたブラックバーン軍曹はテロ組織のボスとその腹心であるソロモンと呼ばれる男を追っていた。だが瀕死の重症を負ったボスは「ソロモンに騙された」とうわごとを言いながら死ぬ。またブラックバーン軍曹はテロ組織に核爆弾を売ったロシアの武器商人の情報を入手する。

【アメリカ側】アメリカはロシアの武器商人を追うことにした。そのときブラックバーン軍曹は謎の部隊から襲撃を受けて反撃する。彼らの死体を調べると…ロシア軍だった。そして現場にはロシア軍との交戦を許可する命令が下された。ブラックバーン軍曹の戦友は「戦争を防ぐために戦争を始めるのか!」と皮肉を叫ぶ。
しかしロシア軍の猛攻の前にブラックバーン軍曹の戦友たちは死んでいく。

【ロシア側】デュマは自国の核爆弾を流通させた武器商人を追っていたが、背後からはアメリカ軍(ブラックバーン軍曹たち)が迫ってきていた。デュマは何とか武器商人のアジトを壊滅させたのだが…

【アメリカ側】戦友を失いながらも、ブラックバーン軍曹は武器商人のアジトにたどり着く。そこは既に壊滅していた。その時、デュマという男がブラックバーン軍曹に話しかける。デュマは核爆弾がソロモンの手に渡ったことを説明した。デュマはとにかく核爆弾を止めることをブラックバーン軍曹に提案する。デュマは言う、「パリとニューヨークを救うのは俺達しかいない」
だがそこにブラックバーン軍曹の上官が乗り込んでくる。核爆発を止めるためには、デュマを生かさなくてはならない。そのためにブラックバーン軍曹(プレイヤー)は上官を撃ち殺すのだ!

上官殺し。それがブラックバーン軍曹が取調を受けている理由だった。さらに核爆弾テロを企ているソロモンが、実はアメリカの諜報員だったことが判明。もう誰もブラックバーン軍曹の言うことを信じない。その時ニューヨークの地下鉄が暴走したという情報が入る。

核爆弾がそこにあると確信したブラックバーン軍曹は脱走して地下鉄に飛び移る。そしてソロモンを取り押さえて核爆弾の起爆装置を外した!

【ロシア側】デュマは死んでいなかった。デュマは放射能に蝕まれた体を抱えながら、ニューヨークを救ったブラックバーン軍曹の経緯を手記に記すのだった………。


という実に映画的なストーリー。ブラックバーン軍曹とデュマが国家を越えて繋がりを持つクライマックスには感動した。おいしいところを全部アメリカが持って行き、おいしくないところは全部ロシアとフランスが担当しているのが気になるけど。

MW3とBF3はよく比較されるけど、どっちかというとMW3のほうが評価高い。でも世界大戦が起きてしっちゃかめっちゃかになるMW3よりも一兵士の視点を大事にしているBF3のほうが俺は好きだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バトルフィールド3のストーリーに感動した
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング