Archive for 破壊屋ギッチョ

アイドル映画

ももクロはサマソニ東京で生で観たときにイマイチだったこともあって興味がなかった。そんな俺でも紅白歌合戦のももクロは感動した。最初観たときは「あれ?今6人の名前を呼んだよな、ああ脱退したメンバーの名前も含んだのか」程度だったけど、ももクロ好きたちの感動のツイートを呼んでいると俺にもその感動が感染してきた。

参考:【あかりん】紅白に出場したももクロが感動したまとめ #momoclo

映画『ドリーム・ガールズ』のクライマックスも脱退者ネタでライブをやっていたことだし、ももクロを映画化するときは是非この紅白歌合戦をクライマックスにしてほしい。

アイドルブームなんだから、アイドルの立身出世モノ映画があったら面白いのに。それはアイドルブームが終わらないと無理か。以前も書いたけどダンスグループの顛末を描いた『バック・ダンサーズ』は大好きな映画だし、AKB48のライブの舞台裏ドキュメンタリー映画は話題を呼んだ(俺は大嫌いな映画だけど)。

俺が好きなPefumeだったら、ロマンポルシェと対バンやっていたエピソードを映画化してほしい。こんな感じでできるよな。↓

東京ドームでライブをやるSPEEDに憧れた広島の3人の少女。彼女たちはPerfumeを結成したが、長らく売れない時期が続く。ようやく東京進出を果たしたものの、今度はご当地アイドルですらなくなったためにさらに仕事が無い日が続く。そんな彼女たちは芸人ミュージシャン(ロマンポルシェ)の対バンばっかりやっていた。彼女たちは何年もその状態に耐えて遂にファーストアルバムとポリリズムの大ヒットでブレイクする。映画の感動のクライマックスは大舞台ではなく、かつて自分を支えてくれたロマンポルシェへの恩返しに再び対バンを務めるシーン。そして同年に紅白歌合戦に出演し、ラストシーンで東京ドームをソールドアウトしてSPEEDと肩を並べる。エンドクレジットでは海外進出まで描く。

映画化すべきアイドルと言ったら後藤真希もすごい人生を送っている。国民的アイドルグループでセンターに上り詰め、ゴマキ御殿を立てるが、弟と彼氏が強盗をやらかしてしまい、移籍。その後も波瀾万丈。とてもじゃないけど2時間じゃ足りない。三部作、いや連続ドラマにできるんじゃないだろうか。

無印の頃のももクロが出演している映画。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アイドル映画
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

破壊屋オフ/12月24日/新宿/フランケンウィニー字幕

日時12月24日 祝日
集合時間未定(15:00かな)
場所新宿
募集締切土曜日昼過ぎ

参加したい方はメールフォームか、Twitterか、何でもいいので俺に連絡ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 破壊屋オフ/12月24日/新宿/フランケンウィニー字幕
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

ホラー映画ベストテン

ホラー映画

↑これは全部アイドルホラー映画をメインに撮っているジョリー・ロジャーって会社のラインナップ。


ワッシュさんがホラー映画ベストテンをやってますが、うーむ悩むなぁ。俺はホラー映画というジャンルにそこまで思い入れが無い。子供の頃はホラー映画が怖くて見れなかったし、大学生になったら今度はホラー映画に耐性がついてしまい怖さを感じなくなった。映画を観ていて恐怖することもほとんどない。でもホラー映画を「怖さ」だけで判断するのが間違いで、ホラー映画ファンたちはもっと複雑な感情や思想でホラー映画に接しているんだよな…。よし、じゃあ俺は単純に「大人になっても怖かった映画」を選ぶことによう。以下の5本はホラー映画じゃない作品も含まれているけど、そんな作品たちです。というわけで、ワッシュさんこの5本を集計に足しておいてください。10本も思いつかなかった…。

以下は解説。

  1. 隠された記憶
  2. 遊星からの物体X
  3. 回路
  4. リング
  5. そして、ひと粒のひかり
隠された記憶

裕福なフランス人が奇妙なストーカー被害に遭う。彼は子ども時代の友人マジッドが犯人ではないかと疑うが…っていうストーリー。

主人公はフランス人でマジッドはアルジェリア人。フランスは1962年までアルジェリアを植民地にしていた。政治的人種的な側面もある映画だけど、例えば日本人の主人公が犯罪被害に遭ったら「俺の知り合いの朝鮮人が犯人に違いない!だってあいつは子どもの頃…」っていう風に、日本に置き換えてみると理解の助けになるかもしれない。

ミヒャエル・ハネケ監督作品はどれも怖いんだけど、これは格別。首を切られても生きている鶏(実在する)も怖いけど、クライマックスのエレベーターのシーンが特に怖い。他人と一緒にエレベーターに乗るという日常描写だけでも、ここまで恐怖を引き出すのが凄い。

遊星からの物体X

俺が通っていたキャンパスでは映画を借りて構内で観れることができた。そこで初めて観た『遊星からの物体X』はすげー怖かった。当時盛り上げっていた映画は『マトリックス』や『ファントム・メナス』で大学の友人たちと「映像がすげえ!」って毎日会話していた。でも1982年の『遊星からの物体X』の古臭い特撮のほうが、CGが進歩したハリウッド映画よりもずっと新鮮で印象的で効果的だった。

あまりの怖さに、それを共有したくなって友達を呼んで二度目の鑑賞。コードが繋がっているヘッドホンで鑑賞するんだけど、友人は例の心臓マッサージのシーンで恐怖のあまりに飛び上がった。コードでつながっている俺は自分のヘッドホンが突然動き出すことにビックリした。心臓マッサージのシーンとのダブルパンチ。あれを超える恐怖はないだろうなぁ。

回路

黒沢清の最恐ホラーはダントツで『CURE』だけど、あれは高校生の頃に観たのでまだかろうじて映画に怖がっていたころ。でも大学生になってホラー映画が怖くなったときに観た『回路』はすげー怖かった。

『回路』の「幽霊がいるというよりも死者が生者に近づいてくる」「幽霊を素手で捕まえようと思えば捕まえられる」といった概念には心底恐怖した。そんな発想自分の中にはまったく無かった。でも、その後日本映画は死者が復活する作品を連発。幽霊とコミュニケーション取るのが当たり前になった。

リング

これを観たのはレンタルだった。もう十分にホラー映画に耐性がついているときだった。だから「井戸調べるシーンが怖いなー」と思いつつも強い恐怖を感じるほどではなかった。

ところが映画観終わったあとに、自分の頭の中に「呪いのビデオ」の映像がべったり刷り込まれているのに気が付いた。俺は映画観た後はあまり引きずられないタチなので、映画で恐怖が刷り込まれる感覚が自分でも斬新だった。

そして、ひと粒のひかり

世界中で映画賞を取りまくったアメリカ・コロンビアの合作映画。少女が胃の中に麻薬を入れる運び屋の仕事に手を出す映画。俺は観ながら「どうせ運び屋シーンはこの少女がドキドキしているところを描くだけなんだろうなぁ」と思っていたら、運び屋シーンがホラー映画よりも超怖え!映画館で観たときは運び屋シーンが終わったときに観客から一斉に溜息が漏れたのが印象的だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ホラー映画ベストテン
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

『人生の特等席』のラストシーンの補足説明 公立と私立

『人生の特等席』を観た。俳優引退宣言したクリント・イーストウッドがなぜか主演している作品で、彼の引退宣言は宮崎駿の引退宣言同様「死なない限り現役」だと思っておいたほうが良さそうだ。

人生の特等席

『人生の特等席』はガンコもの同士の父娘を描いた平凡極まりない良作だった。平凡極まりないかと思ったら、「父娘が仲悪くなった理由」が思わず声を漏らしそうになったほど特異な理由だった。

原題の『Trouble With the Curve(カーブ絡みの問題)』の通り「カーブ」がポイントになっていて野球のバッターがカーブに対応できるかというのがポイントになっている。年老いたクリント・イーストウッドが道路のカーブに対応できるかというのも。でも『人生の特等席』という邦題も映画のテーマに即していて上手いと思った。


以下はネタバレ


ラストシーン近くでクリント・イーストウッドと対立していた球団の幹部がクビになり、そのとき彼が「クビはやめてください!お願いします!子供を私立に入れたんです!」って嘆願するシーンがある。さすがに子供絡みとなると可哀相に感じるけど、でもここは映画の意味がわかる重要なシーンでもある。

アメリカでは私立と公立の差は日本以上に違う。極端なことを言うけど生徒の人種が違う。もちろん公立のほうが様々な人種がいて私立には白人が多い。そのため白人の家庭の親は一生懸命お金を稼いで子供を私立に入れようとする。

公立高校の実話を映画化した『フリーダム・ライターズ』が一番わかりやすい。もともとは名門校だったのが様々な人種を受け入れるようにしたところ(というか1992年まで通える高校が人種などで分けられていたのだ!)、黒人やメキシカンやカンボジア人の生徒(一部はギャングの手先)がやってきて校内は荒れ放題。そんな状況を受けて優秀な生徒たちの大半が逃げ出して転校してしまった。ヒロインが担当するクラスで白人の生徒は一人しかいない。でもヒロインは「様々な人種を受け入れるなんてアメリカの理念に即した高校です」と赴任を決意したというのが物語の出発点だ。ちなみに映画のオープニングはロサンジェルスの人種衝突暴動の実写映像だ。

フリーダム・ライターズ

フリーダム・ライターズの出発点。

ハワイを舞台にしたジョージ・クルーニーの『ファミリー・ツリー』では、ジョージ・クルーニーの長女は私立に通っているためにハワイの原住民系の住民と交流が無くなった。ハワイの原住民系の住民は公立に通っているのだ。そのことに対してジョージー・クルーニーが「ハワイ在住のアメリカ人としてそれは正しいのか?」と疑問を感じることがクライマックスの決断に繋がっていく。

またアメリカとイスラムの関係を描いた某映画ではクライマックスで主人公(アメリカ人)の子供が生まれる。そして主人公が「僕はこの子を公立に入れる!」と宣言するのがラストシーンだ。つまりアメリカとイスラムの断絶に直面したアメリカ人の主人公は、この問題を解決するためには多種多様な人種・宗教・思想を受け入れる人間を育てることだと訴える。そのために私立ではなくてあえて公立に入れると宣言するのが感動のラストシーンなわけ。(ネタバレしても構わない人向けに、その映画のタイトルはこれです

『人生の特等席』で球団幹部がスカウトする選手は白人の悪いイメージを集めたような男だ。で、トドメを刺すように彼の子供が私立に入っていることがわかる。それに対してクリント・イーストウッドはマイノリティの友人を持ち、彼がスカウトする選手もマイノリティのメキシカンだ。『人生の特等席』はアジア人にアメリカを託した『グラン・トリノ』と同じく、クリント・イーストウッドが次なるアメリカ人を発掘するという側面もある映画なのだ。実際に発掘するのはクリント・イーストウッドじゃなくて、彼の娘だというところがクリント・イーストウッドの引退寸前っぽさが出ているけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『人生の特等席』のラストシーンの補足説明 公立と私立
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞の投票を開始します

投票開始

2012年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞の投票を開始します。

じゃんじゃん投票してください!ちなみに2011年の優勝作品は『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』でした。

投票について
  • 投票ページはこちら
  • 「一つの作品に対しては一人一票」というルールさえ守って頂ければ、いくらでも投票できます。
  • 投票対象は2012年1月1日~2012年12月31日に劇場で公開された商業用長編映画832本です。
  • 投票締め切りは12月25日です。

すでに先行投票が行われているのですが、香取慎吾と幸福の科学という常連を抑えて、大コケしたあの映画が上位を狙っています。途中結果も投票ページで確認できます。映画の紹介文も可能な限り毎日追加していこうと思っています。

先行投票では既に傑作コメントが多数寄せられているので、ほんの少しだけ紹介します。

北のカナリアたち のコメント

Sammy さん
赤字続きなのになぜか途切れず作られる吉永小百合様映画を、金銭面から支えてきたプリキュア・戦隊・ライダー映画がとうとう減収と聞きました。来年はもう小百合様をスクリーンで観られないかもしれないので、サユリストの爺どもは這ってでも観に行くべきです。
NO NAME さん
もういい加減東映は、アニメや特撮で稼いだ金を吉永小百合映画で溶かすのをやめたら?

新しい靴を買わなくちゃ のコメント

あんの さん
職場の先輩(女性)が「バブルの頃でも見に行く気にならなかったと思うわ」と断言していた
NO NAME さん
これこそ今年を代表する一本でしょ。
マジで誰が観に行くのかわからない…


代理店映画にしたって企画段階でだれか止めろよ。

神秘の法 のコメント

power_medicine さん
公開日を『まどか☆マギカ』とブッキングさせたのは、やはりきょう子ちゃんに対する対抗意識なのでしょうか(注:『まどか』のメインヒロインのひとりに佐倉杏子(さくらきょうこ)というキャラクターがいます)。おまけに魔法のステッキまで出すしで……。
管理者コメント:大川隆法キャラがマジカルステッキで戦うシーンはグッときましたね。
竹の人 さん
知り合いから前売りチケットを貰ったので友達と観に行きました。
突っ込みたい場面が出ても、周りに信者たちがいるので我慢しなければならない生殺し状態が一番の苦痛でした
映画の内容も「仏陀再誕」に比べるとそんなに・・・。
Taiyaki さん
僕は破壊屋さんと違って初めての幸福の科学映画だったのでゲラゲラ笑いながら観てました。

信者がいたらどうしようと一瞬心配したけど、僕以外ほとんど観客がいなかったのでその心配すら不要でした。
意外と信仰心無えんだなぁ…。

LOVE まさお君が行く! のコメント

縛りやトーマス さん
香取くんの「絶対コケると分かっている映画に主演させられるマラソン」はいつまで続くんでしょうか?
このマラソン、リタイア不可だし。
管理者コメント:さすがにここまでコケたのでマラソンは休憩でしょう。ま、MONSTERSを映画化するでしょうけど。やっぱりリタイアできないか。

ヘルタースケルター のコメント

縛りやトーマス さん
キャッチコピー通り「見たい物を見ることができた」映画なのにどうしてあんなに退屈だったのかしら。
単に頭のおかしい連中のヤリまくり生活なのに、勿体ぶって演出してんじゃねえよと。
エリカ様&窪塚のドラッグコンビのエロシーンは真に迫っていたが
kim さん
抜けなかったのは、あっちだったと?
管理者コメント:抜かないと尿に陽性反応が出ますからね。でもエリカ様&窪塚はマリファナをキメる時にはちゃんと海外行ってキメてくるので、そこはエラいと思ってます。日本の法律は守っている!

劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール のコメント

イノシシ さん
この映画の予告編は「新しい靴を買わなくちゃ」の予告編にも負けない程破壊力があると思ったため票を投じました。

指原主演作品。だから観に行く人は指原オタが確定していて、厳密には誰映向け作品じゃないかも・・・。

でも劇場で予告編を観て、顔が引きつって見るのに耐えられなくなり、スクリーンから目を逸らしました。
絶対にクソ映画だと予告で確信できる作品も初めてでした。
管理者コメント:確かに予告編が酷すぎる!こんなの二時間も耐えられない。

きみはペット のコメント

アッシュ さん
覚えていたから投票する。
やっぱりもう忘れ去られたチャン・グンソク主演の映画。
舞台挨拶の「抽選券」が前売り特典という、AKB の CD みたいな狂った商法をしていた。アニメ映画のリピーター特典なんかかわいいもの。
抽選するだけ前売りが売れたのかが気になる。

ホタルノヒカリ のコメント

trick@とっ くり さん
予告編で「2012年女性が観たい邦画ランキング第1位 ※マイナビニュース調べ」って出てきて世の中の女性とマイナビニュースはそれ本気で言ってんのかと思った
管理者コメント:この手の映画は駄作だらけだけど、『アウトレイジ・ビヨンド』『黄金を抱いて翔べ』の劇場内が女性客が一杯だったので安心しました。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 のコメント

加齢臭 さん
前作ウンコさ加減にくらべればまだましだったが、戒名ギャグ時の劇場内の沈黙さにこのシリーズのオワコンな意味でのFINALを再認識した。
管理者コメント:捜査本部の名前付けるシーン、長い上にギャグがすべりまくりで俺が観た劇場でも寒い風が吹きまくっていました。
NO NAME さん
最後の謎解きが無理スジでした。

ファイナル・ジャッジメント のコメント

NO NAME さん
公民館みたいなしょぼい施設をアジトにして中国と戦うという、スケールが小さいんだかでかいんだかわからない映画
NO NAME さん
大川先生の世界観を表現するには、やっぱりアニメが一番だと思います。

劇場版テンペスト3D のコメント

HTL さん
この時代にテレビドラマの雑なダイジェストを映画で流して3D料金をボッタクッたという、度胸だけは認めます。が、それ以外はなにも認められない。3Dも使い回しの龍の映像以外まったく飛び出ないというびっくり仕様。誰が見るんだ!
管理者コメント:公式サイトが既にアフリエイト業者に乗っ取られています。本当に誰も見ていない。

ロボジー のコメント

power_medicine さん
コラ。いくら「主演:ミッキー・カーチス」じゃ見栄えしないからって、まるで彼を新人かのように見せかける姑息なマネはやめなさい
(チラシ曰く、「シルバー人材センターで働くリアルなおじいちゃんを含め200人を超えるオーディションで、73歳にして主役の座を射止めたシンデレラボーイ、五十嵐信次郎」とな。ミッキー・カーチスのミの字なんてどこにもありゃしない。「人材センター」を文章に付け加える意図がわからないし、この書き方は彼のキャリアを舐めているとしかおもえない。)
管理者コメント:えええ!そんな宣伝の仕方だったのか。キネ旬で演技賞も取っている名優なのに。

逆転裁判 のコメント

chusingura さん
三池監督の仕事の選ばなさはもはやハローキティレベル

バトルシップ のコメント

バトルシップ さん
わざわざ宇宙の果てから魚雷ゲームをやりにきた奇特な宇宙人とブリトーを盗みに入るコソ泥との戦いを描く底抜けスペクタクル巨編。

エイトレンジャー のコメント

樫野優希 さん
この映画とコラボしたハイチュウのCMを見る度に誰映の事を思い出した。

名探偵コナン 11人目のストライカー のコメント

chusingura さん
いくらあの日本アカデミー賞(笑)とはいえ、
毎年このシリーズがノミネートされるのはもっと問題にしていいと思う


どうでもいいけど、やけに遠藤の出番が多かったのは、
不振にあえぐチームをなんとかしたいと思ったガンバ側の意向なんでしょうか?

J・エドガー のコメント

chusingura さん
これ、腐女子向けにプロモーションかけるべきだったんじゃ?
管理者コメント:エリート同士の腐が実写で観られるなんて!

過去の投票結果です

2011年 だれ映の結果

  1. こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~
  2. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  3. 映画 怪物くん
  4. DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?
  5. はやぶさ/HAYABUSA

2010年 だれ映の結果

  1. 矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~
  2. SPACE BATTLESHIP ヤマト
  3. 座頭市 THE LAST
  4. ゴースト もういちど抱きしめたい
  5. 恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~

2009年 だれ映の結果

  1. DRAGONBALL EVOLUTION
  2. 仏陀再誕
  3. アマルフィ 女神の報酬
  4. ROOKIES -卒業-
  5. BALLAD 名もなき恋のうた

2008年 だれ映の結果

  1. 銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~
  2. 山のあなた 徳市の恋
  3. 少林少女
  4. フレフレ少女
  5. HEY JAPANESE! Do you believe PEACE,LOVE and UNDERSTANDING? 2008 2008年、イマドキジャパニーズよ。愛と平和と理解を信じるかい?

2007年 だれ映の結果

  1. 恋空
  2. ふぞろいな秘密
  3. 未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~
  4. ザ・シンプソンズ MOVIE(日本語吹替版)
  5. 西遊記
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞の投票を開始します
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング