Tag Archive for 時事ネタ

清純派歌手のお泊り愛発覚!ファン発狂!1949年のスキャンダル

恋愛禁止のアイドルのお泊り愛(セックスの回りくどい表現)が発覚するとアイドルのイメージが崩れてファンが発狂する。というのはよくある話。でもそれはアイドルブームに限った話ではなくて1950年の黒澤明監督作品『醜聞(スキャンダル)』でも同じ展開があったりするのだ。その展開を紹介します。

ところで、hakaiya.comではPCから画像をクリックすると画像が拡大されます。

醜聞1
映画の舞台は敗戦から4年後の1949年。三船敏郎演じる新進気鋭の画家は、バイクを飛ばして山の絵を描きに行く。田舎の百姓たちも集まってきたが、そこへバスを逃して困っていた美女もやってくる。ちなみにこの山はPC遠隔操作事件の舞台にもなった雲取山。
醜聞2
美女の正体は人気歌手の西條だった(演じるのは国際派スター:山口淑子)。画家も西条も一人旅でたまたま同じ旅館に泊まる予定だった。旅館では西条を追っかけてきたマスコミ(正確にはカストリ雑誌と呼ばれるスキャンダル雑誌の記者)がいた。マスコミは西条の写真を撮ろうとするが、西条は女中を通じて写真を断る。
醜聞3
西条は画家に旅館まで送ってもらった。そのお礼も兼ねて同じ部屋で少しだけ話をする二人。
醜聞4
画家は西条に観光案内をしようとベランダから指を差す。だがちょうどこの瞬間を旅館の外に張っていたマスコミに撮られてしまう。これは気の毒な事故、信じてあげようよ!あ、でも俺は「朝までプレステしてました(安倍なつみ)」「玄関で水を貰っただけです(高岡蒼佑)」とかまったく信じてないな。
醜聞5 醜聞6
スキャンダル雑誌の社長は部下に命令して写真を元にした恋愛記事をでっち上げる。この恋愛記事は社会騒動となる。記事を書いた部下本人はでっちあげの件を心配しているが、社長は「抗議が来たら謝罪広告を出せばいい」と言う。黒澤明がこの映画で描こうとしたテーマの一つはマスコミの横暴だ。
醜聞7
画家はスキャンダル雑誌の編集部を訪れ社長を思わず殴ってしまう。社会騒動はますます大きくなる。画家は暴力の悪さは認める一方で、マスコミの写真撮影を「辻斬り」とも表現する。
醜聞8 醜聞9 醜聞10
で、歌手がどうなったかと言うと………スキャンダル騒動のおかげでリサイタルのチケットがめっちゃ売れていた。その一方でファンから「淫奔、不道徳、下劣」と叩かれる。さすがに「中古女!」「握手会の金返せ!」ってのは無い。
醜聞11
画家もスキャンダル騒動のおかげで売れっ子になっていた。周囲は誰も怒っていないが、画家は激怒している。

ここまでの展開で最初の30分くらい。怒った画家は出版社を訴えようとして、志村喬演じる悪徳弁護士を雇う。この映画の実質的な主人公は途中から出てくるこの悪徳弁護士で、彼が取る行動が映画のテーマになってくる。アメリカの裁判映画みたいな展開になります。まあそれは観てのお楽しみにしてください。

現代だったらマスコミと芸能事務所は持ちつ持たれつの関係になっているので、こうはならないだろう。でもスキャンダルが宣伝になったりファンが発狂する状況は敗戦直後だろうが大震災直後だろうが同じ。1949年でも2013年でも変わっていない。たぶんこれからも変わらないのだろう。
スキャンダル雑誌の社長の持論「現代は活字が偶像だ。活字になったら真実なんだ」はネット上の情報をすぐ真実だと信じる風潮にも繋がると思う。

黒澤明の映画にしては脚本が弱く、傑作だらけの黒澤明の他の作品よりはやや見劣りする『醜聞』。でも今になって観直すと現代にも通じていて面白い。

醜聞(スキャンダル) [DVD]

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 清純派歌手のお泊り愛発覚!ファン発狂!1949年のスキャンダル
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

巨人・大鵬・玉子焼き サンデー・マガジン・スピリッツ

大鵬の死去と国民栄誉賞を受けて、昔の流行語「巨人、大鵬、玉子焼き」が再び注目された。

【大鵬死去】「巨人、大鵬、玉子焼き」とはなにか – MSN産経ニュース

日本の高度経済成長真っただ中の1960年代、大鵬は61年に横綱昇進し63年と67年には全6場所で優勝するなど全盛期を迎えた。プロ野球では長嶋、王らを擁した巨人が61、63年に日本シリーズを制し、9年連続日本一のV9は65年に始まった。右肩上がりの経済の中で国民は時代を象徴するような強い存在に熱狂し、当時の子供が大好きなものとして「巨人、大鵬、玉子焼き」の言葉が生まれた。

今となっては「巨人、大鵬、玉子焼き」はギャグで使う言葉だ。以下は俺やワッシュさんのギャグツイート


話は変わるけど、1959年3月17日に週刊少年サンデーと週刊少年マガジンが創刊された。サンデーの創刊号の表紙は巨人の長嶋茂雄、マガジンの創刊号の表示は大相撲だった。


で、サンデーに巨人、マガジンに大相撲を取られてしまい、仕方なく玉子焼きを創刊号の表紙にした週刊少年マンガがあったのをご存じだろうか?

サルでも描けるまんが教室2

「実物大戦艦大和キット」!?

実はこれ、ギャグ漫画の大傑作『サルでも描けるまんが教室』のネタだ。『サルでも描けるまんが教室』では偽週刊少年雑誌を作るというギャグがあった。その雑誌の名は週刊少年ジャンプをモチーフにした『週刊少年スピリッツ』で、ちゃんと昔のジャンプ風に作家の集合写真まで用意するという念の入用だった。

サルでも描けるまんが教室1

偽週刊少年雑誌の表紙。全て相原コージの絵だ。

玉子焼きの創刊号は、偽週刊少年雑誌の創刊号を振り返るという多重偽装のギャグだった。

『サルでも描けるまんが教室』は俺のマンガ人生で一番最高のギャグ漫画です、興味がある方は是非読んでみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 巨人・大鵬・玉子焼き サンデー・マガジン・スピリッツ
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

俺の嫁が皇女なわけない

宮家

震災復興、放射能汚染、消費税増、TPP、傾きっぱなしの世界経済という大問題だらけの最中に、宮内庁長官から「女性宮家の創設を火急で検討してほしい」って要請があった。そこでマスコミが「今の日本はそれどころじゃねーよ!」」ってツッコミ入れないのが不思議だった。俺なんて「崩御(平成が終わること)してからでいいじゃん!」って思ったもん。でもこういう宮内庁長官の要請って「天皇本人の意思」って意味だったのね。陛下も体調を崩されて色々思うことがあったのだろう、そりゃ崩御前になんとかせねばならん。そして先週はマスコミ各社がこぞって現代の皇女たちの設定…じゃなくて個性を紹介したわけだけど。

  • 愛子内親王(9)
  • 眞子内親王(20)
  • 佳子内親王(16)
  • 彬子女王(29)
  • 瑶子女王(27)
  • 承子女王(25)
  • 典子女王(23)
  • 絢子女王(21)

並べてみるとスゴいな。8人の皇女たちってギャルゲーに出来るじゃん!『ヤンゴトナキ・シスターズ』とか『ときめき皇女たち』といったタイトルで。皇女の結婚って宮内庁がチョイスした男とお見合いするんだから、主人公がある日お見合い相手に選ばれたって設定にすればいい。

基本設定

主人公のゆうちゃんは就職を嫌がってずっと引きこもっていた童貞。一人っ子の主人公を甘やかす両親はけっこう立派な血筋を持っているらしい。主人公が30歳になった誕生日の朝、彼は母親にドラクエ風に起こされる。

「おきなさい おきなさい わたしのかわいい ゆうちゃん
今日は ゆうちゃんが はじめて 皇居に いく日 だったでしょ」

わけもわからず皇居に連れていかれる主人公。そこには宮内庁長官がいて、驚愕の事実を告げる。汚れの知らない童貞である主人公に皇女のお見合い相手になって欲しいというのだ!主人公は日ごろからネット右翼として活躍していたので、宮内庁長官はその保守思想も気に入っていた。問題なのは無職という点だがそこは宮内庁が適当な法人団体勤務の経歴をでっちあげてくれた。

こうして主人公は8人の皇女たちとデートを重ねて、「被災地訪問」「園遊会」「宮中晩さん会」「天皇陛下謁見」といったイベントをクリアして、最後にはもっとも好感度が高い皇女と結婚することになるのだ。エンディングはもちろんマルチエンディングだ。不敬度が低い順に書いていく。

臣籍降下エンディング(別名サーヤ・エンディング)

もっとも不敬度が低い通常のハッピーエンディング。皇女からのプロポーズを受けた主人公は、本当の自分を知ってもらおうと10年間引きこもっていた自分の部屋に連れていく。

「僕は周囲の世界が怖くてずっとここに引きこもっていた。あなたが僕を外の世界に連れ出してくれたのは嬉しいけれど、僕はあなたに相応しい人じゃないんだ。」

「私は生まれてからずっと皇室に囚われていたわ。でもあなたとなら一緒に外の世界に行けるの。私に勇気をくれたのはあなたよ。」

こうして皇女は主人公と結婚して臣籍降下(皇籍を除籍すること)で一般人となり、いつまでも二人で幸せに暮らしたのであった…。

納采エンディング(別名アイコ・エンディング)

未成年である愛子さま、佳子さまを口説いたときのハッピーエンディング。皇女と納采の儀(結納みたいなやつ)を済ませた主人公だが、皇女とはまだ結婚できないため、皇女が18歳になるまで皇居から離れることになった。引きこもりをやめた主人公は意外とモテるようになったが、主人公は女たちの誘惑をはねのける。

「あの子が18歳になるまで俺はこの童貞を守り続けるんだ!」

皇籍エンディング(別名ミヤケ・エンディング)

不敬度が高めのエンディング。皇室典範が改正されて女性宮家が創設された、血筋だけが取り柄の主人公と結婚する皇女はそのまま皇室に残ることになった。三箇夜餅の儀(初夜のこと)の時に皇女が言う。

「あなたの高貴な血筋を私の中に!」

側室エンディング(別名ハーレム・エンディング)

不敬度が2番目に高いエンディング。皇女たちの好感度を全員MAXにするのが条件。全ての皇女を自分のモノにした主人公は時の総理大臣に電話をかけるのであった。

「総理大臣、火急に側室制度を復活させたまえ」

親王エンディング(別名マサコ・エンディング)

不敬度がもっとも高い激ヤバエンディング。隠しキャラとして雅○皇太子妃が登場する。主人公は皇室&宮内庁から猛攻撃をくらい苦しめられている皇太子妃を救い、不倫関係になる。

「お妃様!」「○サコって呼んで!」

こうして皇太子妃は主人公の子供を妊娠、その子供は男子であった。何も知らない日本人たちは正統なお世継ぎのお生まれを盛大にお祝いするのであった。


というわけで野田総理、俺からも女性宮家の創設を火急でお願いするっス。

あの娘が18歳になるまで俺は童貞を守る!

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 俺の嫁が皇女なわけない
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

トランスフォーマーVS原発

トランスフォーマー

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』には原発ネタが二つ出てくる。両方とも序盤の状況説明のシーンだ。

一つはチェルノブイリで、オートボット(正義のトランスフォーマー)たちとアメリカ軍はチェルノブイリに行く。人が住めなくなった死の街の描き方はだいぶ大げさだが、彼らを案内するウクライナの役人が言うセリフ「私はここで家族を亡くした、私も被ばくしている、もう手遅れなのでマスクはしない」というセリフが重い。チェルノブイリ内で登場人物たちは事故とロボット生命体の間に隠されていた真実を知るという展開になっている。アメリカ人は「歴史的モニュメントに隠された秘密」「あの事件の真相は!」といった陰謀めいた話が大好きだけれど、チェルノブイリ原発を使うのは珍しいね。

だけどもう一つの原発の描き方は衝撃的だ。オートボットが原発をガンガン攻撃しているのだ。オートボットが攻撃する理由は「そこが違法な原子力施設(Illegal Nuclear Site)」だからだ。何だって!正義のロボットたちは違法な原子力施設を攻撃するのか!日本なんてヤバいじゃん、どこが狙われるんだ?2007年まで臨界事故を隠した志賀か?「検査のための調整運転中」と嘘つきながらちゃっかり稼働させていた泊や大飯か?立地が激ヤバの浜岡か?被ばくしやすい未成年を働かせていた高浜か?放射性物質を外部に放出しながら稼働する六ヶ所村か?住民投票を潰した柏崎か?隠ぺいやデータの改ざんや説明会のヤラセなんてどこの原発でもやってるぞ。こりゃあオートボットと日本の全面戦争だぜ!って冗談を書いたのは最後の太文字の部分だけであり、実際はオートボットが日本の原発を攻めることはない。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』でオートボットが攻撃している原発は「中東」と書いてあるけど、これがイランの原発なのは明らかだ。イランの原子力開発については国連が4回の経済制裁を行い、欧米は追加制裁も行っている。厳しい制裁を受けてまでイランや北朝鮮が原子力開発を続けるのは、以下の画像のような理由である。

原子力ポスターコンクール

ってのはもちろん嘘で、核兵器開発につなげるためだ。だからこそ国連や欧米社会が彼らの原子力開発を許さない。IAEAも全会一致でイランに対する非難決議をしている。以下はWikipediaのIAEAを説明する最初の一文だ

国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん、英: International Atomic Energy Agency:略称:IAEA)は原子力の平和利用を促進し、軍事転用されないための保障措置の実施をする国際機関である。

つまり『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で正義のトランスフォーマーたちが攻撃しているのは軍事転用が目的の原発だ。日本が攻められることはない…はずだった。しかし石破茂が核抑止力としての原発開発を支持し、読売新聞も日本の原子力技術を「潜在的な核抑止力」としているのを読んでいると、日本もオートボットに攻められるんじゃないの?と思ってしまう。俺は子供のころデストロン(オートボットの敵、ディセプティコンのこと)が好きだったので、それでもいいけどね!

ところでオートボットとディセプティコンが戦っているそもそもの理由ってエネルギー問題なんだよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トランスフォーマーVS原発
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

AKB38度線

こんなコメディ映画のプロットを思いついた。


北朝鮮のとある幹部はAKB48の大ファンで、日本国内の北朝鮮工作員にAKB48の写真集やグッズを購入させて密輸していたが、ある日それが軍部にバレてしまう。幹部は一方的な裁判で処刑となるはずだったが、彼は手元にあったAKB48グッズを見てひらめいた。

「AKB48は民衆から効率よく搾取できるシステムです!私は偉大なる祖国のためにAKB48を学んでいたのです!」

幹部のアイデアに感動した将軍様によって彼は無罪放免となり、北朝鮮にAKB48を導入する任務につくことになった。幹部は韓国から優秀な整形外科医を拉致し、喜び組のメンバーたちをAKB48風に整形させた。チマ・チョゴリを着て伝統民謡を踊っていた彼女たちも、ミニスカ制服を着てダンスするようになった。セックス専門の喜び組には枕営業の制度を導入したので、彼女たちは性の奴隷ではなくて性のサービス業として高給取りになった。将軍様の誕生日のメインイベントはマスゲームではなくて喜び組の握手会になった。幹部も喜び組の人気メンバーと恋仲になれて幸せだった。

そして国民から財産を搾取する最大の手段である、投票権付きCDを将軍様の号令で大量購入させる計画が始まった。CD収録の音楽は小室哲也(特別出演)に作らせた。しかし幹部とメンバーの恋がバレてしまう。軍部はメンバーの恋愛に激怒し、再び一方的な裁判が行われ幹部に処刑命令が下される。だがその時に将軍様が病死し、軍部は混乱に陥る。幹部は手元にあったCDの投票権を見てひらめいた。

「このCDを国民にタダで配るのです!そして次の指導者を投票で決めてもらうのです!」

こうして北朝鮮は民主主義への第一歩を踏み出すのであった。幹部は釈放されたが特権階級としての身分は失っていた。だが家に帰るとそこには恋仲のメンバーがいた。驚く幹部だがテレビを見てみると、自由報道ができるようになった朝鮮国営放送が幹部とメンバーのデート写真をスキャンダラスに伝えていた。メンバーは言う。
「卒業しちゃった」
幹部とメンバーは抱き合ってキスをする。END。


幹部は草なぎツヨポン、恋仲になるメンバーは沢尻エリカ様、監督と脚本は井筒和幸羽原大介のコンビがいいな。

ところで総選挙が終わったら、結果に納得できないファンたちによる不信任投票やったらまた盛り上がると思うよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AKB38度線
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング