Archive for ネタ文章

情報に強い人

『マイマイ新子と千年の魔法』という質の高いアニメ映画がある。去年の映画だ。公開当時はまったくの不入りだったのですぐに打ち切られる予定だったが、公開終了直前に質の高さがネット上の話題になった。しかしネットで話題になったから公開を拡大しようとしても、上映作品のスケジュールはビッチリ決められているので急に拡大公開することはできない。そのため『マイマイ新子と千年の魔法』はレイトショーやモーニングショーで上映を続けた。

去年『マイマイ新子と千年の魔法』のモーニングショーを観たんだけど、その客層に驚いた。アラサー&アラフォーのオッサンたちだらけなのだ!もちろん俺もその中の一人だ。『マイマイ新子と千年の魔法』は客層をオタクに絞ったアニメではないので、かなり異様な光景だった。2人ほどいた女性客が客層にドン引きしていたのも印象的だった。しかもオッサンたちはみんな単独客らしく、上映終了後には満席なのに会話が一切発生していなかった。そりゃそうだ、土日の朝9時から一緒にアニメを観に行く友達なんてそうそういない。もちろん俺も独りだった。

観客たちはネット上で「打ち切り寸前の面白い映画がある!」という情報を見つけて『マイマイ新子と千年の魔法』を観に来たのだろう。ネット上では情報に疎い人たちを「情弱」とバカにする傾向がある。「情弱」は本来の情報弱者とは違う意味で使われており、蔑称として定着している。『マイマイ新子と千年の魔法』の観客たちがアニメ、映画、ネット全般、どれの情報に強かったかは分からない。でも映画の情報に強い俺は土日の朝9時から一人でアニメ映画の『マイマイ新子と千年の魔法』を観ていたのである。『マイマイ新子と千年の魔法』を観て以来、俺は「情弱」という単語をネット上で見かけるたんびにあの映画館の異様な客層&自分が思い浮かんでくる。いかにも情報に強そうなオッサンたちの光景。蔑称として「情弱」を使っている人って、現実だとどうなんだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 情報に強い人
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

破壊屋の超映画瓦版は見ちゃいけない

id:tada-woさんが飲み会で言った名言。

ギッチョくんの破壊屋は個人映画サイトとして間違いなく5本の指に入るよ。
でもその残りの指は超映画批評や映画瓦版だからね。

俺は爆笑しながら「その指は手首ごと切り落としたほうがスッキリしますねー」と答えた。この2サイトは俺の周囲では嫌われているサイトだし、もちろん俺も嫌っている。しかしこの2サイトにはもの凄くシンパシーを感じることがあって、それは「サイト形式を守り続けている」という点だ。こう書くと「え?旧破壊屋ってブログじゃなかったの?」と思われるかもしれないが、これは自分でもわからないほど微妙な問題だったりする。自分では「サイト」だと思っていたんだけど、Web上にログを書き残していたという点では間違いなくブログだ。それは映画瓦版も超映画批評も同じなんだけど。

というか破壊屋はブログか?サイトか?という疑問は新破壊屋でも続いている。hakaiya.comはトップページをブログにしているだけであって、全体から見れば独自ドメインのサイトとも言える。ただ新破壊屋は今までと比べると格段にブログ色が強くなった。というわけで俺が嫌いながらも勝手にシンパシーを抱いていた映画瓦版の服部弘一郎氏と超映画批評の前田有一氏には申し訳ないが、彼らを裏切って破壊屋はブログになってしまった。これからの破壊屋はブログもサイトも両方活用する福本次郎スタイルでいきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 破壊屋の超映画瓦版は見ちゃいけない
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

誰かが私にディスをした

半年に1回くらいの割合だけど、破壊屋のことを「誰かを攻撃するサイト」だと勘違いした人がでてくる。自分が攻撃したい人のプロフを雑談掲示板に晒したりするのだ。最近だと心が体調不良っぽい方が、有名ダンサーを雑談掲示板上で猛攻撃していたんだけど、余波で俺まで攻撃を受ける羽目になった。

その手口はなかなか陰湿で、ある掲示板で色んな人たちが俺のことを話題しているんだけど、掲示板のソースを見ると全部同一人物のIPアドレス。もちろんそのIPアドレスは雑談掲示板のIPアドレスと一致している。あと俺のメアドを使って「メールください!」とか貼ったりもしている。心が体調不良な方を敵に回すとけっこう面倒で、過去にも「破壊屋管理人に集団ストーカーされた!」とネット上で訴えまくる人がいた。ネット上でそんなこと書かれたらたまったもんじゃない、俺は完全に犬に噛まれとる。

(その人たちが統合失調症だとは限らないが)統合失調症の人に加害者扱いされるのは、テレビに出ている芸能人が多かった。「テレビを観ていたら私と目があった!アイツが私を監視している!」って感じで。でも今はブロガーやサイト管理人が加害者扱いされるパターンも多いんじゃないかな。「コイツの書いていることは私の頭の中にあったことだ!コイツが私を盗聴している!」って感じで。

ネット上で「西村博之が私の視覚を盗聴している!」と訴えている女性がいた。確実に統合失調症の症状なんだが、その女性は本気で「私が見ていることは西村博之も見ている!許せない!」と思っていた。そこで、その女性が考えた嫌がらせが「汚物を見続る」ということだった。つまり自分の便や使用済み生理ナプキンを見続ければ、自分の視覚を盗聴している西村博之がダメージを受けるだろうと考えたのだ。その女性は、数年間その嫌がらせを続けたらしいが、とうぜんの如く西村博之氏は一切のダメージを受けることなく平然と活動している。そこで女性はある結論を出してネット上に書いた。↓

西村博之はスカトロに強い

ネット上でそんなこと書かれたらたまったもんじゃないよな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 誰かが私にディスをした
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング