Tag Archive for 写真

格闘技最強はチビ!ザ・レイド

プンチャック・シラット

『ザ・レイド』はすごいアクション映画だった。20人のSWAT隊員たちが、麻薬王が支配する高層マンションに強制捜査(レイド)に入る。彼らは誰にも気づかれないように麻薬王の部下たちを一人一人確保or殺害していく。だがその時、マンション中にあるスピーカーから麻薬王の声が聞こえてくる。

「住人諸君、お気づきのとおり今日は客人が廊下をうろついている、すぐに駆除にしろ。そして楽しむことを忘れるな」

そう、マンション住人全員が敵となったのだ!凄まじい銃撃戦と爆発が始まる。そして敵も味方も弾丸が尽きてくるとき、最強格闘術のシラットが炸裂する!


全編に渡って暴力的なアクションが展開する。設定もストーリーもシンプルでセリフもほとんど無いけど、ネタバレ要素はたくさんあって、観客がアクションに飽きてくるとネタが明らかになっていくタイミングが絶妙だった。この手の設定ではやらざるを得ない「敵の中に潜入捜査官がいた!」をあえてやらなかったのも偉い。

どうしてもシラットに注目がされるけど、音楽や銃撃戦もカッコいい。銃撃戦すら始まっていない序盤のストイックな演出もいい。久々に良い気分になれるアクション映画だった。


2012年は『バキ』と『タフ』という俺がガキの頃から大好きだった二大格闘漫画が終わってしまった。この二つの格闘漫画に限らないけど格闘漫画には「勝つ側の法則」がある、料理マンガの対決は後出しのほうが勝つみたいなやつ。格闘マンガの法則は「身長が低いほうが勝つ」というものだ。例えば『バキ』では32人トーナメントが行われるんだけど、背が低いキャラのほうが勝率高いのでベスト4に残るキャラのうち3人が低身長キャラだったりする。

格闘技はもちろん身長が高いほうが有利なので、格闘マンガの主人公は背が低いことをあえて強調されている。背が高いキャラと対峙するときの「デカい相手にはかなわんわ」という雰囲気を煽るためだ。格闘マンガなら「身長差のハンデキャップをどうやって乗り越えるか」がきちんと描かれるけど、映画の場合はもっと単純。主人公が戦う相手はプロレスラーみたいにデカい男、そんな男と面白おかしく戦うだけで主人公が身長差を乗り越えていることに説得力はない。

で、『ザ・レイド』の場合なんだけど低身長キャラは主人公ではない、敵キャラのマッドドッグという男だ。映画の序盤でSWATの隊長が「強制捜査に入るビルはとにかくヤバいビルだけど、マッドドッグはさらにヤバい」と説明されるほど高い危険度を持つ敵キャラクターだ。このマッドドッグが身長差をものともせずシラットを駆使してSWAT隊員と戦っていく。身長差があるからこそ観客にはマッドドッグの格闘術の凄まじさが余計に印象付けられる。その凄まじさ格闘マンガを実写映画で観ているかの如くだ。『ザ・レイド』は『バキ』と『タフ』の二大格闘マンガの喪失を埋めてくれる作品だ。


オマケ

川崎タカオ(漫画家)、古泉智浩(漫画家)、笹原和也(CGアニメーター/監督)、ジャンクハンター吉田(映画ライター)、早田恭子(日本プンチャック・シラット協会会長)、高橋ターヤン(格闘ライター)、中田圭(映画監督)、わたなべりんたろう(ライター、監督)という豪華なメンバーが参加した『ザ・レイド』の応援ユーストに俺も参加させてもらいました。

立場的に俺が一番下っ端なので「俺がシラットの実験台になったほうがいいんスかねぇ」と言ったところその通りになりました。気分は危険なロケをやらされるお笑い芸人。圧倒的身長差を乗り越えられて女性に倒される破壊屋管理人を紹介します。

プンチャック・シラット

『ザ・レイド』の応援ユーストに集った各界の男たち。唯一の女性は日本プンチャック・シラット協会会長の早田恭子さん。

プンチャック・シラット

見よ、この身長差!早田さんはかなり小柄な女性なのに対して、俺は身長179センチ。

プンチャック・シラット

「グヘヘヘヘ、ちいさい女が好きなんだよぉ」とスパイダーマンの格好には似合わないけど、顔には似合っているセリフと共に襲い掛かる。しかし早田さんの右腕は既に俺に狙いを定めている。

プンチャック・シラット

0.3秒後。

プンチャック・シラット

身長差も性別による筋力差もあっさりと乗り越えられた。このまま右ひじの関節を逆側から押されて無理やりしゃがまされる。

プンチャック・シラット

「こうすれば左手で反撃したくても届かないんですね」と早田さんが解説しているのを聞いて、自分が詰んでいることに気が付いた。

プンチャック・シラット

顔に寸止めで蹴りを入れられる俺。これ実戦で食らったら体のダメージもすごいけど、それ以前に心が折れるよね。

プンチャック・シラット

俺を取り押さえながらシラットを解説する早田さん。スパイダーマンパーカーを着ていなくて会社スーツのままだったら「駅員さん、この痴漢をお願いします」って感じだろう。

プンチャック・シラット

早田さんは暴力嫌いらしいんだけど、ナイフの使い方について説明しはじめた…俺はこのとき「え?ナイフ?どういうこと?」と思ってました。シラットの型にはナイフもあるらしいですね。早田さんは対ナイフの戦い方として「間合いから逃げる」と説明する。ソレ、マジで実戦じゃねえか。

プンチャック・シラット

「グヘヘヘヘ、女の肌切り裂くのが趣味なんだ」とテレビのリモコンをナイフ代わりに襲いかかろうとする。さあ間合いに入るぞ!

プンチャック・シラット

まあ結果は同じで一瞬で右手首を取られました。この日一番歓声があがった瞬間でした。

チビの格闘の達人が出てくる映画といえばジャッキー・チェンの『ゴージャス』 ゴージャス [Blu-ray]

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 格闘技最強はチビ!ザ・レイド
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

スパイダーマンのパーカー

スパイダーマンのパーカー

スパイダーマンのパーカーを以前から集めていたんだけど、円高をきっかけに海外のスパイダーマンパーカーも輸入してみた。せっかくなので紹介します。ちなみに以前も破壊屋に書いたけれど、アメリカ映画においてパーカーは「いじめられっ子」「オタク」「他者と距離がある人」を表現しています。日本におけるケミカルウォッシュのジーンズみたいなものか?

スパイダーマンのパーカー

パーカーを着ていじめられるスパイダーマンのピーター・パーカー。

スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー

デフォルメ化されたスパイダーマンが肩から垂れているパーカー。バックプリントにはドゥームと戦うスパイダーマン、フードの中にはアベンジャーズの面々が揃っている。


スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー

スパイダーマンがいっぱいプリントされていてかわいい。フードの中にはマンガまである。楽天ショップにあるので輸入しなくても買える。


スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー

カタカナで「スパイダーマン」って書いてあるけど、これはカタカナをデザインとして捉えられる外国だからこその話であって、日本国内でこれを着るのはさすがに恥ずかしい…。これ着て外出したことは一度もない。ニット帽子はスパイダーマンマスクになっていて、俺的には便利である。背中にはtokidokiって書いてあるけど、これは親日家のイタリア人がやっているブランドでブランド名は「時々」という意味。キティちゃんとコラボしたり、最近はタトゥー入りバービーで物議を醸したので知っている人も多いだろう。 今紹介した3つのパーカーはマーヴェルとのコラボ商品だ。


スパイダーマンのパーカー

このパーカーは完璧にスパイダーマン!先ほどのニット帽子を深く被ればほとんどコスプレ状態。これを着て外出はさすがにできない。


スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー

「DANGER!」って吹き出ししかないけど、バックプリントでスパイダーマンが。俺が持っているスパイダーマンパーカーの中では一番地味である。


スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー スパイダーマンのパーカー

ブラック・スパイダーマンのパーカー。フードに目があるのが嬉しいけど、後ろからみると魚の干物みたいだ。


スパイダーマンのパーカー

オマケ:スパイダーマンバスローブ。俺はスパイダーマンブリーフも持っている。俺の家に招待された女性は、俺がこのバスローブを着たら身の危険を感じてください。


俺の友達は、俺の友達の友達に対して「アイツってスパイダーマンなんだぜ!」と説明している場合が多く、実際に俺がその友達の友達に会うと「スパイダーマンじゃないじゃん」と言われ続けてきた。でもこれらのパーカーがあれば少しは納得してもらえるだろう。

tokidokiは女性向けが多い。青のスパイダーマンパーカーも実はレディースだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スパイダーマンのパーカー
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

川崎ハロウィンでヴェノム

円高だということで、海外通販に手を出してヴェノムマスクを購入しました。マスク内のスポンジが顔の皮膚に当たって痛いです。あと今までのスパイダーマンマスクの中でもぶっちぎりの暑さでした。夏は無理。

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 川崎ハロウィンでヴェノム
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

夏フェスに来ていたJSたちを写真に撮ったよ

夏フェスに来ていたJS(女子スイサイダル・テンデンシーズ)の写真を撮ったので載せます。釣りタイトルでゴメンなさい。


スイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズ


別に女性を狙っていたわけじゃなくて「スイサイダル・テンデンシーズのキャップを被った人の写真を集めよう!」と思っていたので男性の写真も撮っている。


スイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズスイサイダル・テンデンシーズ


でも女性のほうが多かった。これはおかしい。だってスイサイダル・テンデンシーズは男性ファンがほとんどで、女性ファンなんて少数だからだ。

スイサイダル・テンデンシーズはカリフォルニア出身のハードコア・パンクだ。 彼らの代表曲である『You Can’t Bring Me Down(オマエはオレを倒せやしない!)』のPVを貼っておく。男性ファンしかいない理由は見てもらえればよくわかると思う。バンダナ&へそ出しタンクトップ&白のハイソックスというファッションも強烈だ。



写真を撮るときに俺は「スイサイダル・テンデンシーズの帽子の写真撮っても良いでしょうか?写真集めてブログに載せるつもりなんですが…」って言うんだけど、「何のこと?」って感じの表情でキョトンとしている女性が一人だけいた。「その帽子のことなんですけど」って言うと「どうぞどうぞ」ってなった。その女性にちょっと話を聞いてみるとスイサイダル・テンデンシーズのことは知らなくて、キャップはヴィレッジ・バンガードで買ったとのこと。

ネットで検索してみると「スイサイダル・テンデンシーズのキャップを24色入荷!」って書いているショップもあった。ピンクまである。

ちなみにスイサイダル・テンデンシーズは80年代ギャングファッションの象徴的な存在だったんだけど…

こんな風にバンダナの上にキャップを被ったり

シャツの第一ボタンだけ閉めるのがカッコよかったらしい。

まあギャングファッション的な使い方は滅んだけれど、スイサイダル・テンデンシーズのキャップは日本でもパンク系のアイテムとして完全に定着している。渋谷を歩くと一人くらいは女子スイサイダル・テンデンシーズを見かける。しかもカッコいいし、かわいい。

ところで「スイサイダル・テンデンシーズのこと知らないのにファッションだけ真似るとは何事だ!」とか言い出す頭の固いオッサンはスイサイダル・テンデンシーズのファンにはいないのでJSのみなさんは安心してください。たぶんみんな「いやぁ女性がスイサイダル・テンデンシーズのキャップだなんて何か嬉しいなぁ!」と思っているはず。ただしスイサイダル・テンデンシーズの意味は「自殺傾向」です。

Wikipediaに貼ってあるスイサイダル・テンデンシーズの最近の写真。単なるデブ白人になってしまった。

プライム・カッツ彼らのベストアルバム

スーサイダルテンデンシーズ メッシュキャップ Suicidal Tendenciesアマゾンだと定価が6000円以上するんだけど、別のショップだと定価でも3000円いかない。怪しい価格表示だなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夏フェスに来ていたJSたちを写真に撮ったよ
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

花見二連発

二週間前のイベントのレポートだけど、ここ二週間かなり忙しかったので勘弁してください。

スパイダーマンとピザ

最近、大怪獣サロンというカフェバーを始めた中野貴雄監督と俺と怪獣。友人に「花見で炎上したら真っ先にこの二人(怪獣とスパイダーマン)が叩かれるな」とツッコミくらった。

「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマタイムブルースを歌う会」(命名:町山智浩さん)に行ってきました。豊崎由美さんの花見アイデアを町山智浩さんが呼び掛け、有志スタッフたちが実現してくれました。

都庁前の花見で300人が反原発ソングを歌った夜(とみさわ昭仁氏のレビュー)(実際は500人くらいいたと思われる)

事前に参加表明した人数だけでも既に200人を超えていて、俺や上記のレポート記事を書いたとみさわさんは「この花見はちょっと収拾がつかなくなるのでは?」と不安になっていた。場合によっては警察から解散を要求されることもあるのでは?とまで考えてた。

が、実際はそんなことはなかった。警察官が来たときはだいぶヒヤヒヤしたけど、お巡りさんはアンプ禁止を伝えに来ただけで、すぐ指示に従ってアンプはやめたので問題無かった。ギターパンダさんのギター演奏に乗って、歌える人は合唱、歌えない人は手拍子。それが終わると知り合いがいる人は歓談会、知り合いがいない人は有名人に挨拶したり、その場の雰囲気を楽しんだりしていました。とても楽しかった。

俺はマンガ『ゾンビの森』(主人公のダメ浪人生が、ゾンビになったダメ人間のおじさんと再会しようとする味わい深い物語)を最近発売した古泉智浩さんや、中野貴雄監督と同じシートになれて光栄でした。

俺はというと、スパイダーマンの恰好すると炎上した際に叩かれやすくなるので、都知事の指示に従って自粛しようと思っていたんだけど、どうしてもやりたいネタがあった。それはスパイダーマンの恰好でピザを配ること!

スパイダーマンとピザ

『スパイダーマン2』の壮大なバイトシーン。

で、ピザを配り終わったらすぐに脱ごうと思ったけれど、町山さんに「破壊屋のギッチョくんだ!」されたので、脱ぐタイミングを逃してしまった。結局、上から普通の服を羽織る形で逃げました。

スパイダーマンとピザ

掟ポルシェさん。歯が見えるスパイダーマンってグロいな。

スパイダーマンとピザ

悪魔主義者による義援金活動というとんでもないアイデアを始めたところ、現時点で280万円も集めてしまった高橋ヨシキさん。

そしてこの一週間後には破壊屋花見オフが行われた。でも自分のオフ会レポート書くのは苦手なんで勘弁してください。でも色々オフやっているけど、花見オフ会が一番楽しいなぁ。

冷酷処刑人 ~父なる証明~ [DVD] 花見オフで存在を知った謎の映画

BIN×BIN 忍者ハメ撮りくん [DVD] 中野貴雄監督作品、本家よりも面白そうなのがポイント。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 花見二連発
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング