ビビる大木の火曜Wanted!!に出演します

大変急な告知になりますが、11月13日の本日火曜日にビビる大木さんのラジオ生放送「TBS RADIO 954 kHz │ ビビる大木の火曜Wanted!!」に出演させて頂くことになりました。テレビはニュースとお笑い番組とトリビアの泉とタモリ倶楽部しか見ない俺にとっては、ビビる大木さんは超有名人なのでお会いできるだけでも大変光栄です。ラジオ番組のテーマは以下のとおりです。

次回、11月13日の『大木ちゃんに教えてあげて』のテーマは、
『絶対に観なくていい映画教えて!!』
「時間を返せ!」と言いたくなったあの映画。
「後味悪すぎ・・・」観なきゃよかったあの映画。
そんなみなさんの観て思わず後悔した映画!
あなたの『絶対に観なくていい映画』を教えてください。
bibiru-w@tbs.co.jpまでお待ちしております!!

そういえば『新しい靴を買わなくちゃ』もコケたことだし、ラジオでは同じ北川悦吏子&岩井俊二の『ハルフウェイ』にでもついて触れるかとDVDをレンタルしてきたのですが、TKOこそがTBSの立役者だということを思い出しました。もうちょっとテレビも見たほうがいいかもしれませんね。

先方のTBS様にご迷惑をおかけすることのないように『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』とかは王様の耳はロバの耳の要領で、今つぶやいたので満足しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ビビる大木の火曜Wanted!!に出演します
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

格闘技最強はチビ!ザ・レイド

プンチャック・シラット

『ザ・レイド』はすごいアクション映画だった。20人のSWAT隊員たちが、麻薬王が支配する高層マンションに強制捜査(レイド)に入る。彼らは誰にも気づかれないように麻薬王の部下たちを一人一人確保or殺害していく。だがその時、マンション中にあるスピーカーから麻薬王の声が聞こえてくる。

「住人諸君、お気づきのとおり今日は客人が廊下をうろついている、すぐに駆除にしろ。そして楽しむことを忘れるな」

そう、マンション住人全員が敵となったのだ!凄まじい銃撃戦と爆発が始まる。そして敵も味方も弾丸が尽きてくるとき、最強格闘術のシラットが炸裂する!


全編に渡って暴力的なアクションが展開する。設定もストーリーもシンプルでセリフもほとんど無いけど、ネタバレ要素はたくさんあって、観客がアクションに飽きてくるとネタが明らかになっていくタイミングが絶妙だった。この手の設定ではやらざるを得ない「敵の中に潜入捜査官がいた!」をあえてやらなかったのも偉い。

どうしてもシラットに注目がされるけど、音楽や銃撃戦もカッコいい。銃撃戦すら始まっていない序盤のストイックな演出もいい。久々に良い気分になれるアクション映画だった。


2012年は『バキ』と『タフ』という俺がガキの頃から大好きだった二大格闘漫画が終わってしまった。この二つの格闘漫画に限らないけど格闘漫画には「勝つ側の法則」がある、料理マンガの対決は後出しのほうが勝つみたいなやつ。格闘マンガの法則は「身長が低いほうが勝つ」というものだ。例えば『バキ』では32人トーナメントが行われるんだけど、背が低いキャラのほうが勝率高いのでベスト4に残るキャラのうち3人が低身長キャラだったりする。

格闘技はもちろん身長が高いほうが有利なので、格闘マンガの主人公は背が低いことをあえて強調されている。背が高いキャラと対峙するときの「デカい相手にはかなわんわ」という雰囲気を煽るためだ。格闘マンガなら「身長差のハンデキャップをどうやって乗り越えるか」がきちんと描かれるけど、映画の場合はもっと単純。主人公が戦う相手はプロレスラーみたいにデカい男、そんな男と面白おかしく戦うだけで主人公が身長差を乗り越えていることに説得力はない。

で、『ザ・レイド』の場合なんだけど低身長キャラは主人公ではない、敵キャラのマッドドッグという男だ。映画の序盤でSWATの隊長が「強制捜査に入るビルはとにかくヤバいビルだけど、マッドドッグはさらにヤバい」と説明されるほど高い危険度を持つ敵キャラクターだ。このマッドドッグが身長差をものともせずシラットを駆使してSWAT隊員と戦っていく。身長差があるからこそ観客にはマッドドッグの格闘術の凄まじさが余計に印象付けられる。その凄まじさ格闘マンガを実写映画で観ているかの如くだ。『ザ・レイド』は『バキ』と『タフ』の二大格闘マンガの喪失を埋めてくれる作品だ。


オマケ

川崎タカオ(漫画家)、古泉智浩(漫画家)、笹原和也(CGアニメーター/監督)、ジャンクハンター吉田(映画ライター)、早田恭子(日本プンチャック・シラット協会会長)、高橋ターヤン(格闘ライター)、中田圭(映画監督)、わたなべりんたろう(ライター、監督)という豪華なメンバーが参加した『ザ・レイド』の応援ユーストに俺も参加させてもらいました。

立場的に俺が一番下っ端なので「俺がシラットの実験台になったほうがいいんスかねぇ」と言ったところその通りになりました。気分は危険なロケをやらされるお笑い芸人。圧倒的身長差を乗り越えられて女性に倒される破壊屋管理人を紹介します。

プンチャック・シラット

『ザ・レイド』の応援ユーストに集った各界の男たち。唯一の女性は日本プンチャック・シラット協会会長の早田恭子さん。

プンチャック・シラット

見よ、この身長差!早田さんはかなり小柄な女性なのに対して、俺は身長179センチ。

プンチャック・シラット

「グヘヘヘヘ、ちいさい女が好きなんだよぉ」とスパイダーマンの格好には似合わないけど、顔には似合っているセリフと共に襲い掛かる。しかし早田さんの右腕は既に俺に狙いを定めている。

プンチャック・シラット

0.3秒後。

プンチャック・シラット

身長差も性別による筋力差もあっさりと乗り越えられた。このまま右ひじの関節を逆側から押されて無理やりしゃがまされる。

プンチャック・シラット

「こうすれば左手で反撃したくても届かないんですね」と早田さんが解説しているのを聞いて、自分が詰んでいることに気が付いた。

プンチャック・シラット

顔に寸止めで蹴りを入れられる俺。これ実戦で食らったら体のダメージもすごいけど、それ以前に心が折れるよね。

プンチャック・シラット

俺を取り押さえながらシラットを解説する早田さん。スパイダーマンパーカーを着ていなくて会社スーツのままだったら「駅員さん、この痴漢をお願いします」って感じだろう。

プンチャック・シラット

早田さんは暴力嫌いらしいんだけど、ナイフの使い方について説明しはじめた…俺はこのとき「え?ナイフ?どういうこと?」と思ってました。シラットの型にはナイフもあるらしいですね。早田さんは対ナイフの戦い方として「間合いから逃げる」と説明する。ソレ、マジで実戦じゃねえか。

プンチャック・シラット

「グヘヘヘヘ、女の肌切り裂くのが趣味なんだ」とテレビのリモコンをナイフ代わりに襲いかかろうとする。さあ間合いに入るぞ!

プンチャック・シラット

まあ結果は同じで一瞬で右手首を取られました。この日一番歓声があがった瞬間でした。

チビの格闘の達人が出てくる映画といえばジャッキー・チェンの『ゴージャス』 ゴージャス [Blu-ray]

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 格闘技最強はチビ!ザ・レイド
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

『神秘の法』は観るだけでリューマチが治る奇跡の映画

神秘の法

宇宙人たちがUFOに乗って地球にやってきて、日本や中国の保守派と手を組むという内容。コメディ映画の『アイアン・スカイ』と同じ設定だけど『神秘の法』はコメディじゃないよ。左からタターガタ・キラー、張麗華(チャン・レイカ)、獅子丸翔、シータ。

神秘の法

大川隆法、人間やめるってよ

幸福実現党はボロ負けするわ、教祖の愛人問題で教団が内部分裂するわ、信者数が増えないので教義本の購入ノルマがキツくるなるわと、信じる者が救われない状態となっている幸福の科学だけど、彼らの最新アニメ『神秘の法』が公開された。俺が劇場に行った際には、映画が始まった瞬間に隣の席の人が「あ、間違えた」と退出した。きっと『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』と間違えたのだろう

比較的常識人である大川隆法の息子が製作した『ファイナル・ジャッジメント』に比べて、『神秘の法』は大川隆法本人の意見が強く反映されているため、大変クレイジーな映画となっている。なぜならここ数年の大川隆法は宇宙人と交信しているからだ

幸福の科学の教義内容には2年ほど前から「宇宙人」ネタが多く登場するようになった。詳しくは「幸福の科学を暴走させたハリウッド映画」を読んでもらうとして、その教義内容はというと「宇宙人が地球人として暮らしている」「中国人はレプタリアン星人に乗っ取られている人が多い」というもの。『神秘の法』はそんな教義内容をアニメ化したものだ。

警告

これより完全ネタバレのストーリー解説になります。

映画を観るだけでリューマチが治るそうですが、あなたはそれでもネタバレを読みますか?

神秘の法

『神秘の法』の公式サイトでは車イスから立ち上がれるようになる人も⇒奇跡を呼ぶ映画「神秘の法」 ――試写会で奇跡が続出!

地球破壊爆弾
  • 舞台は202X年の日本:出雲の沖から帝国ゴドム(以降:中国と表記します)のステルス潜水艦が次々に浮上してくる。自衛隊は何をやっていたのか!実は中国のステルス潜水艦は宇宙人の技術を応用しており、超音波を吸収するから見えないのだ!って解説がつくけど、レーダー対策できてもソナー対策はできないよなぁ。
  • 浮上した潜水艦を目撃した日本人たちは潜水艦を写真に撮ってネット上にアップするが、中国は日本のネット環境も支配していたので画像を次々に削除していく。そのせいで自衛隊も米軍も事態に気が付かない。
  • 中国に宇宙の技術を提供しているのは、張麗華(チャン・レイカ)という美貌の貿易商だ。また中国は仮面をかぶった皇帝:タターガタ・キラーの元に世界統一を目指していた。張麗華が提供する宇宙の最新技術はその野望の役に立った。
  • タターガタ・キラーはさらにとんでもない技術を持っていた、それは最終破壊兵器だ。最終破壊兵器とは6兆度の爆弾のことだ。6兆度とは太陽の40万倍の熱さで、ウルトラマンを倒した宇宙恐竜ゼットンよりも6倍も凄いのだ!
  • 張麗華はタターガタ・キラーが最終破壊兵器を持っていたことに動揺する。なぜなら地球上で6兆度の炎が生まれれば地殻まで影響を受けて地球は崩壊するからだ。でもタターガタ・キラーは「それでもOK」って感じ。

『アウトレイジ』みたいにイイ顔している中国の幹部たち
神秘の法

幸福の科学のクリスタルスカル
  • 中国は南台(間違いなく台湾のこと)を侵攻しようとしていた。アメリカ軍は南台を守ろうとしていたが、オバマ大統領が軍事費削減を行ったせいでアメリカ軍は弱体化、アメリカ軍空母はステルス潜水艦によって日本の領海内で撃沈される。
  • 日本は憲法9条のせいで中国軍の侵略を防衛できない状態であった。さすがにそれは無いと言いたいけれど、この映画は「何もかも憲法9条が悪い!」というスタンスです。
  • その頃、ペルーのチチカカ湖からクリスタルの杖が見つかる。これは大川隆法が語っているけど『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの魔宮』を観て思いついたプロットだそうです。『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの魔宮』も宇宙人ネタだしね。

無能な日本の政治家たち。民主党批判をしているんだろうけど、さすがに民主党議員そっくりに描くまではやらなかった。でも女性議員が日本を見捨てるシーンはネトウヨ的見地の蓮舫議員を思わせる。

神秘の法

ヘルメス・ウィング
  • 映画の主人公:獅子丸翔はヘルメス・ウィングという世界200々国に展開する秘密結社のメンバーだった。ヘルメス・ウィングは反中の言論人を中国から守る活動を行っている。
  • 翔は日本の保守派の政治家を守るために今日も活躍する。翔には予知能力があるので、どこに中国側の工作員が待ち伏せしているのか読めるのだ。しかし予知能力が役に立つのはこのシーンくらいで、その後の翔は全編に渡って敵の罠にハマりまくる。
  • ヘルメス・ウィングのリーダーはジェネラル(総督)と呼ばれる。ジェネラルは翔と見つめあい「いい目をしているから」という理由で、次のジェネラルに翔を指名する。
  • 翔の親友が裏切ったためヘルメス・ウィングの秘密基地の場所がばれてしまい、ヘルメス・ウィングは壊滅状態になる。さらにジェネラルも殺され翔も襲われる。翔の窮地を救ったのは催涙ガスで武装した仏僧たちだった。
  • 仏僧たちのリーダーはダラニという間違いなくダライ・ラマをモデルにした老僧だ。ダラニは翔のことを再誕の仏陀であると伝える。その根拠は2500年前の壺の中に、そう書かれた預言書が入っていたから。「その壺、金属製ッスよね?2500年前なのに」とツッコミ入れる翔だが、この壺はオーパーツとのこと。

この人が主人公。

神秘の法

日中開戦&日本敗北
  • ジェネラルの座を継いだ翔は八正道を読んで禅定する。八正道ってのは釈迦の教えで、禅定っていうのは瞑想だと思ってください。
  • 禅定する翔は霊的存在である木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ、日本神話に出てくる女神)と出会う。木花咲耶姫は翔に霊界の存在を伝える。また翔は中国軍の侵略を予知する。
  • 出雲の海にいた中国軍がついに上陸作戦を開始しよう進軍開始する。中国軍の動きを予知している翔は出雲の人々を救うために一軒一軒家をピンポンして中国軍の侵攻を知らせるが、大体3,4軒くらい回ったところで中国軍の上陸が成功し出雲は占領される。
  • タターガタ・キラーはさらに悪竜を召喚する。こいつは悪竜と悪魔に憑依されたタターガタ・キラーが合体したので「悪竜キラー悪魔」という超カッコいい名前がついています。
  • 悪竜キラー悪魔に対抗して木花咲耶姫はヤマタノオロチを召喚し撃退する。ヤマタノオロチは雲型なので、でどことなく『天空の城 ラピュタ』の竜の巣っぽくてけっこうカッコいい。
  • しかし首相が無能なせいで日本全土は占領され、日本は中国の自治区となる。
  • 中国に占領された日本では、宗教の本を持っていただけで死刑(捨て忘れでも死刑)、小学校では反日教育をするようになった。「俺って日本人じゃないのか?」と呟いただけでも逮捕される。

最近はこのくらいやらないとDQNネームとはいえない。でも悪竜キラー悪魔ってことは悪竜を倒す側じゃないの?

神秘の法

王女シータ
  • 再び禅定する翔はリエント・アール・クラウドと出会う。リエント・アール・クラウドは翔の前世だったのだ。
  • ここでちょっとリエント・アール・クラウドについて解説します。幸福の科学の教義ではリエント・アール・クラウドとは大川隆法の前世の一人で、幸福の科学の教義の中でも最高クラスの神です。ちなみに『太陽の法(2000)』ではリエント・アール・クラウド=7000年前の古代インカ帝国の王という設定だったのですが、「インカ帝国って15世紀だろ!」というツッコミが入り、『神秘の法』では「7000年前の古代アンデス文明の王」ということになっています。
  • 翔はリエント・アール・クラウドからUFOを呼ぶ力を授かる
  • 翔はUFOを呼び、金星人のユチカと会う。翔の前世はユチカの上司だったらしい。ユチカは張麗華と翔を会わせようとする。
  • 張麗華の家に忍び込む翔、張麗華は宇宙超能力によって翔を拘束するが、翔はそれに対抗して天使たちを召喚して張麗華を空中に拘束する。天使たちが女性を拘束するという結構スゴいビジュアル
  • 天使たちが張麗華を解放したので、張麗華は空中から地上に落下していく。それを『天空の城 ラピュタ』方式で受け止める翔。そして観念した張麗華は語り始める。「私の本当の名前はシータです」

金星人のユチカ。幸福の科学における人型宇宙人はたいてい白人。

神秘の法

妊娠上書き中出し
  • アジア人風の張麗華が変装を説くと白人風のシータが出てくる。シータは琴座のベガからやってきたのだ。ベガには高度な宇宙文明がありシータはそこの王女だった。あのーベガって太陽よりも熱いんですけど
  • ベガ人たちは他の国と戦争した結果、最終破壊兵器を使われてしまい滅んでしまったのだ。生き残ったベガ人たちは地球に移住する許可をリエント・アール・クラウドから貰って地球に移住した。
  • 移住の方法は妊娠中の地球人女性たちの胎内に入ったり戸籍がしっかり管理されていない中国人の体を乗っ取たりすることだ。
  • シータはさらに多くのベガ人たちを地球に移住させるべく、移住用の土地としてアフリカ大陸を貰おうとした。そのためには地球を一つの勢力で統一する必要があるのでタターガタ・キラー&中国と協定を結んだのだ。
  • ひどい発想だけど、この協定は現実の話なのでみなさん信じるように!ソースは大川隆法です。大川隆法がアメリカのエリア51やゴビ砂漠の中国軍事基地を遠視して宇宙人と政府の協定を確認しました。

エリア51に霊体を潜入させる大川隆法、オマエは秘密をバラしたけど絶対消されないから安心しろ。

神秘の法

悪の宇宙&中国 VS 地球
  • この秘密協定は3年前の話、その後タターガタ・キラーは悪魔に取りつかれて暴走した上に、何故か地球破壊爆弾までを手に入れてしまった。
  • 翔は予知能力でタターガタ・キラーの陰謀を暴こうとする。予知能力によればこうだ。
    1. ケンタウルス座からやってきた宇宙人(幸福の科学の教義によればレプタリアンと呼ばれる)たちは、地球人を食糧にしようとした。
    2. しかし宇宙条約があるので地球には侵略できない。
    3. だが宇宙条約は「地球人が自分で滅びの道を選んだときは軍事介入OK」ということになっている。
    4. そこで中国に最終破壊兵器を使わせることで、軍事介入して地球を支配しようとしたのだ。
  • 世界の人々が勇気を持って中国に反旗を翻し始めた。アメリカ、日本、ロシア、ウガンダ、そして中国国内でも次々に反中運動が起きる。ウガンダが含まれているのは、幸福の科学が2012年にウガンダ進出したからです。

神秘の法のガイドブックのキャプチャ画像。ゴジラがいるのはさておき、右から二番目ってそれアバターだよね?幸福の科学の教義によると映画『アバター』は現実の宇宙人像からインスパイアされたそうです。

神秘の法

釈迦+キリスト=翔
  • 翔は最終破壊兵器を破壊するために中国の軍事基地に侵入するので、まさに飛んで火に入る夏の虫。
  • 翔を補佐するのは中国人に成りすましたベガ人たちだ。ベガ人と中国人の戦いは『スターウォーズ エピソード1』の「ナブーの戦い」にソックリだが、ベガ人が二人戦死しただけで翔は戦意喪失してしまう。翔とベガ人は投降する。
  • タターガタ・キラーは翔の処刑を全世界生中継する。観ない地球人は逮捕される、時差とか関係なし。十字架に磔にされた翔は明らかにイエス・キリスト。
  • 翔は処刑されるが、まあキリストなので復活する。復活のシーンは説明が無いので俺が解説しましょう。魂となった翔が手に入れるのが「十三次元宇宙ボール」で、これは宇宙そのもの。翔や大川隆法は全宇宙の神なので、宇宙そのものをボールように入手することができるのだ。
  • 全宇宙の神となった翔は自分の前世たちと出会う。翔(大川隆法)の前世とはラ・ムー(ムー大陸の王)、トス(アトランティス大陸の偉い人)、リエント・アール・クラウド(アステカの王)、オフェリアス(エジプト神話の神)、ヘルメス(ギリシアの神)、ゴーダマ・シッダールタ(釈迦)という幸福の科学アベンジャーズたち。そして光輝くエル・カンターレが…。

劇中では十三次元宇宙ボールが翔の目に入るシーンの解説が無いけど、十三次元宇宙ボールは神の右目の眼球を意味するので翔の右目に入るのだ。俺はどんどん幸福の科学の教義に詳しくなっていくな…。

神秘の法

召喚対決
  • 復活した翔に何の伏線も貼っていなかった新キャラが登場して、クリスタルの杖を翔に渡して息絶える
  • タターガタ・キラーは翔を殺すために古代中国軍風の悪魔の軍団を呼び出すが、翔は弥生人(神道の神々)を呼び出す。フルプレステCG(フルCGだけどプレステ1レベルの映像)で悪魔と弥生人たちの戦いが描かれる。
  • 翔はさらに仏教の金剛力士たちも召喚する。ってことは神道と仏教両方から召喚したのか。世界よ、これが日本人の宗教観だ。
  • タターガタ・キラーも悪竜を召喚する。激化する神と悪魔の戦いだが、そのとき富士山が噴火する
  • 富士山の神でもある木花咲耶姫が富士山を噴火させて真ヤマタノオロチを召喚したのだ。でもそれって日本が東日本大震災以上のダメージうけてね?

フルプレステCGな弥生人たち。この辺りの有名神の出演シーンはみすず学苑のポスターみたい。

神秘の法

地球は自壊を選んだ
  • 真ヤマタノオロチは天使の羽が生えていてカッコわるいデザインだが、それでも悪竜を倒す。悪竜を滅ぼされたタターガタ・キラーはシータを人質にして最終破壊兵器を起動してしまう。こうして地球を狙うレプタリアンたちの計画は成功してしまった。
  • 地球自身が人類は悪魔たちに負けたと判断してしまった。地球自身は悪魔から浄化するために自壊を始める。台風や地震や津波は、実は地球が悪魔を滅ぼそうとする自壊なのだ(東日本大震災のあとだというのに…)
  • 地球が壊滅する中、翔がクリスタルの杖を振りかざし「愛と、知と、反省と、発展の光よ!」と叫ぶと仏教、キリスト教、イスラム教、世界中の人々のありとあらゆるミラクルパワーが翔に集まり…、まあ3文字で表現すると「元気玉」です

真ヤマタノオロチ。日本を守ってくれるけど富士山を噴火させるというオスプレイの墜落よりもハタ迷惑な存在。

神秘の法

ラスト
  • 翔が元気玉を発射して悪魔を滅ぼすと、地球の自壊も収まった。翔勝利。翔は全世界に向けて説法を行う。

    「あらゆる人間は等しい、なぜなら人間は全て神の子だから、これが民主主義の原点だ。」

    それは民主主義じゃない!
  • 敗北したタターガタ・キラーは仮面を外す、その素顔は18歳のイケメンだった。え?ってことは秘密協定の時は15歳?
  • タターガタ・キラーは中国の遺伝子操作で生まれた天才児だが、両親がいないので孤独を感じていたのだ。翔はタターガタ・キラーを赦し、シータとキスをする。でもタターガタ・キラーとシータのせいで日本人たっぷり死んでいるよね?
  • ラストシーンには2年前に開校した幸福の科学学園もちょっと映ります。
  • エンドクレジット。「何だろう この胸のときめきは 悪は善となり 善は悪となる」という意味不明の主題歌が流れるけど歌詞書いているのはリエント・アール・クラウド。

神から伝わりしクリスタルの杖を持って神の説法をする翔なので「マジカルステッキじゃん!」とか言ってはいけない。

神秘の法

感想

最初に述べたように、本作は幸福の科学の宇宙人路線の集大成だ。原作の内容も『神秘の法』よりも『宇宙人との対話』『宇宙の法入門』『宇宙からのメッセージ』といった大川隆法の妄想論が元になっている。宇宙人以外の思想については『ファイナル・ジャッジメント』とまったく一緒で、展開もほとんど似ている。

残念ながら本作はかなりつまらない。観ていて退屈で仕方なかった。ストーリー自体は派手だけど『仏陀再誕』のような豪快な楽しさは無い。翔が瞑想する⇒翔が中国の危険性を訴える予知を見る⇒宗教的な会話をする、の繰り返しだった。宇宙人ネタなんだからもっと遊んでもいいと思うんだけどな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『神秘の法』は観るだけでリューマチが治る奇跡の映画
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

政治風刺コメディ『アイアン・スカイ』

アイアン・スカイ

ナチスがUFOに乗ってやってくる!といネタを映画化した『アイアン・スカイ』。フィンランドの人たちがこのアイデアの映画化を思いついて「製作資金募集」の動画を作って話題になったのも、確か5年くらい前の話。その映画が遂に完成して日本で公開された。設定がアレすぎるんだけど映画本編を観るとまっとうな政治風刺コメディになっているんだよね。映画のストーリーはこんな感じ↓ややネタバレありです。

第二次世界大戦以降、ずっと月面に隠れていたナチスたちが宇宙船に乗って地球に戻ってくる。なぜなら月面ナチスの最終兵器「神々の黄昏」は地球の高性能小型電子端末で動かすことができるのだ、そうiPhoneならね(劇中では特定の機種を使っていないけど)。アメリカにやって来た月面ナチスたちは時代遅れのナチス思想を振りまくが、それを聞いた保守派のアメリカ合衆国大統領が「良い思想ね!」と感銘を受けて、さっそく選挙キャンペーンにナチスを取り入れる。こうして映画は月面ナチスと現代社会のカルチャーギャップコメディになると思いきや、ナチスとアメリカ現代社会のギャップが意外と少ないという皮肉を描く。

アイアン・スカイ

『アイアン・スカイ』に出てくるアメリカ大統領。銃と剥製は保守派の記号。

アメリカ合衆国大統領のモデルになっているのは明らかにアメリカ保守派のヒロイン:サラ・ペイリンで、劇中では彼女のキャッチコピーが「Yes She Can !」になっているのが笑える。アメリカ保守派とナチスが意外とマッチするという展開は笑ってみられるけど、日本でも軍国主義時代っぽい思想が人気を呼ぶことはしょっちゅうあるので、そんな状況を考えると笑ってられない問題でもある。

超保守派の幼稚園で、園児たちが教育勅語と五箇条の御誓文を絶叫(1:35あたりから)。これ映画じゃなくて現代の日本の動画だからね。リンク先のコメントもステキ。

映画の後半では世界の主流国たち(アメリカ、ロシア、ドイツ、中国、日本、インド)の滑稽な姿も描くんだけど、その世界各国からはじかれているフィンランドがかわいい。クライマックスではスター・ウォーズやスター・トレックのパロディネタたっぷりのSF戦闘シーンもあってかなり面白い。映画史上に残る大傑作『チャップリンの独裁者』を、逆にナチスがプロパガンダに使ってしまうというアイデアもうまい。北朝鮮ギャグは俺が観たときは場内大爆笑に包まれたし、ネット動画で話題となった「相当閣下はお怒りです」のパロディもちゃんとやる。とにかくネタ満載で楽しい風刺コメディ映画だった。

オマケ:でも劇中でユダヤ人ネタとアウシュビッツネタだけは触れることが無かった。やはりナチスをパロディにする時はそこだけは絶対タブーなんだな。そういえばユダヤ人の強制収容所を舞台にした名作『ライフ・イズ・ビューティフル』でも「お友達がセッケンやボタンになっちゃった!(ユダヤ人の死体からセッケンを製造していた)」っていうセリフが物議を醸したので、本当に難しいのだろう。

アウシュビッツのギャグがある『ハングオーバー!』だけど、この映画の主役級俳優二人がユダヤ人だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 政治風刺コメディ『アイアン・スカイ』
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

『夢売るふたり』のラストシーンについて

夢売るふたり

『夢売るふたり』を観たけど、すごく良かった。阿部サダヲと松たか子演じる夫婦が結婚詐欺(実際はちょっと違う)に手を染めるというストーリー。脚本・監督である西川美和が初の女性映画を撮ったんだけど、西川美和の女性の人生を見つめる視点が怖すぎるよ。特に巨漢の女性:ひとみ(江原由夏という女優が好演!)のエピソードが素晴らしく、彼女に関するセリフ全部に体中がゾワゾワする感覚を味わった。

さて、この映画のラストシーンはちょっとわかりにくい終わり方なんだけど、俺なりの解釈を書きます。ネットをちょっと調べた感じでは俺と同じ解釈の人がいないので、あまり本気にせず読んでください。以下ネタバレ。


注:完全なネタバレです!


映画のラストシーンには伏線があって、それは松たか子がドブネズミを凝視するシーンだ。詐欺に手を染めてお金を稼いだ阿部サダヲと松たか子は、念願のスカイツリーが見える店舗の購入と改築にこぎつける。二人の夢が叶いそうになる一方で、松たか子はその状況に不安を感じている。そんな時に松たか子がドブネズミを見つけてじーっと見つめるのだ。このドブネズミは松たか子の状況のメタファーだと思う。松たか子は不衛生でコソコソ生きるドブネズミが自分の姿であることに気が付いたのかもしれない。

そしてラストシーン、刑務所に入った阿部サダヲは見えるはずの無いカモメを見る(感じる)。空を飛ぶカモメは希望のメタファーなのかな、阿部サダヲにはまだ希望が残っているのかもしれない。そして同じく港でカモメを見る松たか子、つまりこの夫婦にはまだ通じ合う部分が………と言いたいところだけど、映画のファイナルカットで松たか子が見るのはカモメじゃあない。観客と目が合うんだよ。

『夢売るふたり』は全編に渡って松たか子の視線がポイントになるんだけど、最後に松たか子が観るのが観客なんだよね。登場人物の謎の視線で終わるという点では同じ西川美和作品の『ゆれる』と似ているんだけど、『ゆれる』と違って物語的な深い意味は無いと思う。劇中で松たか子はずっと他人の人生を見続けてきた。ラストシーンで観客はそんな松たか子に自分も見られるという不思議な感覚を味わせられるのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『夢売るふたり』のラストシーンについて
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

関連するエントリ

  • 破壊屋人気記事ランキング